薬といっしょに、青汁を飲んでもかまわないのでしょうか?

質問


高血圧で心臓が悪く、医者から降血圧剤をもらっています。


風邪もひきやすく、市販の風邪薬も手放せません。


こうした薬といっしょに、青汁を飲んでもかまわないのでしょうか。



回答


薬同士の併用は、相互作用を引き起こす場合もあって危険です。


必ず医師の指示に従って飲むようにすべきです。


青汁は薬ではありませんので、薬と併用しても問題は起きません。


むしろ、青汁を飲んでいると、体調がよくなり、薬の作用を助けます。


ただし、血栓症などの治療で抗血栓剤(ワーファリン)を使用している人は医師に相談してください。


ケールの青汁には、ビタミンK(血液凝固因子)が含まれています。


このビタミンKは、納豆や緑黄色野菜にたくさん含まれています。


ビタミンKはし血作用やカルシウムの骨の定着作用がよく知られています。


風邪をひきやすい人は、ふだんからの食生活をより緑黄色野菜を取り入れた食事とし、さらに青汁を習慣的に飲めば、ひきにくくなると思います。


これは豊富なミネラル、ビタミンの働きで、身体の抵抗力が増すためです。


市販の風邪薬に、ビタミンが多く含まれているのもそのためです。


風邪をひいて食欲がないときなども、青汁を飲んでいれば症状は軽くなり、治りもぐんと早くなるはずです。


→青汁よくある質問 青汁Q&A TOPに戻る


青汁ランキング|青汁通販Online Shop

フジワラの青汁

青汁販売

→ご注文はこちら

青汁サンプルキャンペーン

青汁サンプル

青汁を飲んでいるお客様から頂いた感想・体験談をご紹介。
青汁口コミ(クチコミ)・お客様の声をクリック。