青汁(冷凍・粉末・フリーズドライ・粒)比較

冷凍 青汁(液体青汁)


冷凍(液体)青汁は最も一般的な製法で作られた青汁で、搾りたての液体青汁を冷凍した青汁になります。冷凍青汁を扱っている青汁メーカーとしては、フジワラ 青汁、キューサイ 青汁、ファンケル 青汁などがあげられます。冷凍青汁の飲み方としては、普段は冷凍庫で保管しておき、1パックずつパックごと水などにさらして解凍してから飲みます。

冷凍青汁には濃縮タイプもあり、濃縮タイプは青汁から水分を抜いて冷凍したもので、飲む時は解凍後、水などを加えて飲む事になります。通常の冷凍青汁より、保存場所があまり必要ないので保存場所に困るという方には濃縮タイプの青汁の方が適しています。

メリットは、多くの場合、搾りたて(作りたて)の青汁を急速冷凍して作られていますので、鮮度は抜群です。粉末青汁やフリーズドライ青汁と違って、のどごしがいいです。

デメリットは、青汁そのままの味がするため、青臭く、多少飲みにくいと感じる方もいます。冷凍青汁のパックで冷凍庫がいっぱいになる場合もあります。


粉末青汁‐フリーズドライタイプ 青汁


フリーズドライ青汁は、新鮮な搾りたての青汁を急速凍結させ、真空の釜で乾燥させることによって作られます。フリーズドライ青汁の飲み方としては水やお湯で戻して飲む事になります。

*フリーズドライ製法は、今では味噌汁やスープなどのインスタント食品などに多く利用されていますので、フリーズドライ製法で作られた食品を利用されたことがある方も多いと思います。

メリットは、フリーズドライ青汁は高熱処理をしないので、高温処理した粉末青汁に比べて、青汁に含まれているビタミン等の栄養素はほとんど壊すことはありません。粉末青汁と同じく、お手軽に青汁を飲みたい方には最適な青汁です。フリーズドライ青汁は保管も簡単で携帯できるため、旅行先や職場でも飲むことができます。

デメリットは、製法上、食物繊維が多く、のどごしが冷凍タイプよりも良くない場合があります。


粉末 青汁‐顆粒タイプ青汁


粉末青汁(顆粒タイプ)は、青汁を乾燥させたものです。成分自体は液体青汁とほぼ変わりませんが、いつでもどこでも飲めるという事や保存期間が長いということで現在、数多くの粉末青汁が販売されています。

数多くの粉末青汁が販売されているもう一つの理由として、粉末青汁の場合、製造委託が簡単にできるので、多くのメーカーが参入しやすいことも挙げられます。保管が簡単ですし、携帯したいという方やお手軽に青汁を飲みたいという方にはおすすめの青汁です。

メリットは、味に関しては飲みやすいものが多く、液体青汁が苦手な方でも比較的おいしく青汁を飲むことができます。

デメリットは、粉末青汁の場合、どうしてものどごしが粉っぽいという意見が出てきます。*粉末青汁製品の中には高温処理している青汁があるため、青汁に含まれているビタミン等の栄養が少ないものもあります。

主なメーカーは、キューサイ 青汁(キュウサイ 青汁)、緑効 青汁(アサヒ緑健)、ファンケル 青汁、遠赤青汁、毎日健康青汁(青汁ゴクゴク)、サントリー青汁、あしたば青汁(明日葉青汁)


粒状・錠剤 青汁


粒青汁・錠剤青汁は青汁を凝固させて粒状にした青汁になります。においなどが苦手で、まったく青汁を飲むことができないという人には、他のサプリメントと同じように大変お手軽に飲むことができます。

メリットは、食物繊維、ビタミン類、ミネラル類が総合的にバランス良く含まれており、食品ですので他のサプリメントや薬との併用も問題ありません。

錠剤で青汁を摂るときのデメリットは、飲む錠剤の数がどうしても多くなってしまうことです。およそコップ1杯の青汁(液体タイプ)と同じ量を粒状青汁で摂るとなると、20〜30錠は飲む必要があるでしょう。


ブックマークに追加する
青汁ランキング|青汁通販Online Shop

フジワラの青汁

青汁販売

→ご注文はこちら

青汁サンプルキャンペーン

青汁サンプル

青汁を飲んでいるお客様から頂いた感想・体験談をご紹介。
青汁口コミ(クチコミ)・お客様の声をクリック。