有機有機農産物(有機野菜)JASについて

■有機農産物(有機野菜)とは

有機農産物とは、農薬や化学肥料を使っていない事です。

その条件として多年性作物はその最初の収穫前に3年以上それ以外の作物は2年以上農薬や化学肥料を使用していないことです。さらに上空からの農薬散布等の区別をするため、範囲も決まっていて自分の畑が有機農業でもすぐ隣の畑が農薬散布などをしていればJASの認定が承認されません。

有機農産物加工食品に関しては上記の条件の有機食品を原材料の95%以上を含んでいなければいけません。

今回のJAS認証ポイントとして認証団体(検査する人)は第3者ではなくてはならないとしています。自治体の独自な検査等では「有機食品」と表示することが出来ません。しかし、無農薬や低農薬等の表示が規制されていないので依然としてまぎらわしい表現の商品が店頭に並んでいるのが現状です。

JAS認証制度は消費者にとって必要な情報・認証制度であり、より安全なものを安心して口にすることができます。


有機農産物の定義

化学的に合成された肥料及び農薬を裂けることを基本として、播種または植付け前2年以上(多年生作物にあっては、最初の収穫前3年前)の間、堆肥等による土作りを行ったほ場において生産された農産物。


有機農産物加工食品とは

有機農産物加工食品については、原材料に有機農産物を使い、その特性を保ちながら製造し、化学的に合成された食品添加物の使用を避けることを基本として製造された加工食品。食塩及び水の重量を除いた原材料のうち、有機農産物及び有機農産物加工食品以外の原材料の占める割合が5%以下であることが必要です。


有機食品の表示概要

有機農産物の表示については、1992年に「有機農産物及び特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」を制定し、表示の適正化を図ってきたところですが、ガイドラインは強制力を持たないため、依然表示が混乱していることから、消費者、生産者の双方から、第三者機関による認証を受けた有機食品に対する要望が高まってきました。

このため、農林水産省では、改正JAS法のもと、有機農産物及び有機農産物の加工食品のJAS規定(日本農林規格)を定め、JAS規格に適合するものであるかどうかについて検査を受けた結果、これに合格し有機JASマークが付けられたものでなければ、「有機栽培」、「オーガニック」等の表示をしてはならないこととなる制度を導入することにしました。

平成13年4月1日以後に生産、製造又は加工される農産物又はこれを原材料とする加工食品については、有機JASマークが付されていない場合には、有機農産物又は有機農産物加工食品である旨の表示若しくはこれと紛らわしい表示を付することはできなくなります。


青汁販売

フジワラの青汁

有機JAS 青汁販売

→ご注文はこちら

青汁サンプルキャンペーン

有機JAS青汁サンプル

青汁を飲んでいるお客様から頂いた感想・体験談をご紹介。
青汁口コミ(クチコミ)・お客様の声をクリック。