便秘に良い食物繊維の摂り方・便が出やすい姿勢は前かがみの姿勢|#ためしてガッテン(#NHK)


Depressed

by Sander van der Wel(画像:Creative Commons)

> 病気・症状 > 便秘 > 頑固な便秘を治す方法 > 便秘に良い食物繊維の摂り方・便が出やすい姿勢は前かがみの姿勢|ためしてガッテン(NHK)




2014年10月1日放送のためしてガッテン(NHK)では、「便秘! スッキリ大革命(仮)」がテーマでした。

今回のポイントをまとめてみます。

■便秘は思い込みかもしれない?

便秘の定義とは、5日以上も排便がなく、便が硬くなってなかなかでないことをいうため、そもそも便秘ではないのに、便秘だと思い込んでいる人が多いです。

■便秘に良い食物繊維の摂り方

最近では、ダイエット(特に食べない系のダイエット)や少食により、食事(特に便のもととなる食物繊維)そのものの量が減っているため、いい便が作られないことがあります。

食物繊維の多い食品について詳しくこちら

しかし、人によっては、食物繊維の摂りすぎで、かえって便秘になることがあるそうです。

食物繊維といっても、食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があり、不溶性食物繊維だけを摂りすぎると、便秘になりやすくなるケースがあります。

不溶性食物繊維には、便のカサを増して、腸の蠕動(ぜんどう)運動を促す働きがあるのですが、腸の機能が衰えている人がとりすぎると、腸が動かない(ぜんどう運動が起きない)ため、水分が腸に吸収されて便が固くなって、便秘になってしまうことがあるようです。

水溶性食物繊維には便をやわらかく、かつ滑りもよくする働きがあるので、水溶性・不溶性の食物繊維をバランスよく摂取するようにしましょう。

■便が出やすい姿勢は前かがみの姿勢

前かがみの姿勢になれば、直角に座った姿勢に比べて、直腸から肛門のラインがまっすぐになりやすくので、便を出しやすくなります。

→ 便秘とは|即効性のある便秘解消方法(ツボ・運動・マッサージ・食べ物)・便秘の原因 について詳しくはこちら

→ 便秘の症状で知る便秘の原因とは?|便(うんち)で体調チェック について詳しくはこちら







2014年10月1日放送予定のためしてガッテン(NHK)では、「便秘! スッキリ大革命(仮)」がテーマです。

番組予告

毎朝、トイレでのつらい時間を過ごしている人に、朗報!
治らないしつこい便秘の原因が、意外なところにあった!
実は○○の取りすぎで、大腸の中がまっ黒になっている人がいるとは!
また、高齢者になると、増える便秘の原因も明らかに。
食物繊維のとり方にも、コツがあった!

食物繊維を多くとればいいんでしょ」というように便秘について誤解している人も多いですよね。

どんな種類の便秘なのかによって、その対処法は変わってきます。

今回番組では、高齢者、男性の便秘や32年ぶりの新薬、排便をスムーズにするポーズなどについても取り上げるそうですので、便秘が治らない方は必見です。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments