花粉症対策マスクの選ぶポイント|ガーゼ型・プリーツ型・立体型タイプのうちどれがおすすめ?


Harajuku

by Sean McGrath(画像:Creative Commons)

> 病気・症状 > 花粉症の症状 > 花粉症対策 > 花粉症対策マスクの選ぶポイント|ガーゼ型・プリーツ型・立体型タイプのうちどれがおすすめ?




2016年2月22日放送のヒルナンデスで、花粉症対策マスクの選ぶポイントについて取り上げました。

マスクのタイプには、ガーゼ型・プリーツ型・立体型がありますが、花粉症対策のためには、どれを選ぶのがいいのでしょうか。

大事なポイントは、花粉症が鼻や目の粘膜につかないようにすること。

顔とマスクの間に隙間が空いていると、花粉が入ってきてしまいます。

このポイントから選ぶと、花粉症対策におススメのマスクは、「ガーゼ型 < プリーツ型 < 立体型タイプ」となります。

※立体型マスクは人によっては呼吸しづらいという人もいますので、着け心地の良さも含めて選ぶと良いのではないでしょうか。

(日本製 PM2.5対応)超立体マスク かぜ・花粉用 ふつうサイズ 50枚入(unicharm)

新品価格
¥798から
(2016/2/22 13:45時点)

→ 花粉症の症状 について詳しくはこちら

→ 花粉症対策 について詳しくはこちら







【花粉症対策 関連記事】

【花粉症 関連記事】

【目の花粉症の症状 関連記事】

【鼻の花粉症の症状 関連記事】

【のどの花粉症の症状 関連記事】

【肌の花粉症の症状 関連記事】

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメントを残す