カテゴリー別アーカイブ: 更年期障害

30代男性の更年期障害が増えている理由とは!?

sad

by Joe Penna(画像:Creative Commons)

> 病気・症状 > 更年期障害 > 男性更年期障害 > 30代男性の更年期障害が増えている理由とは!?




オトコの更年期障害が増加中のワケ!

(2011/5/14、WebR25)

「男性の場合も本質的なメカニズムは同じです。

テストステロンと呼ばれる男性ホルモンの分泌が低下することで、頭痛や疲労感などの様々な症状に加え、性欲の低下やEDなど、性機能の障害などが出るものです。

テストステロンの分泌量は一般には加齢とともに低下しますが、30代の男性で、60代の男性より低かったケースもあります。

近年では30代で更年期障害を迎える人が増えてきたなんて話もありますが、確かに私のところにも35、6歳の方が治療のために訪ねてきた例がありますよ」

更年期障害といえば、40代から50代の病気で、かつ女性に多い病気と考えている人も多いのではないでしょうか。

そのため、男性は知らない人も多いかもしれません。

しかし、記事によれば、近年30代で更年期障害を迎える男性もいるそうです

→ 男性更年期障害の症状・原因 について詳しくはこちら

→ 更年期障害の症状・原因・チェック|40代・50代の更年期の症状 について詳しくはこちら

なぜ、30代のうちから更年期障害になる人が増えているのでしょうか。

「テストステロンの低下は加齢のほか、ストレスによっても引き起こされることが分かっています。

今の30代が直面している環境を考えれば、それもうなずけるところですよね。

仕事の責任は増える一方、不況で若手は増えないまま、そのストレスで食生活が乱れ、メタボリック症候群の道へと進んでいく。

さらに悪いことには、メタボリック症候群の患者のテストステロンの値は低く出るという報告もあるので、結果、更年期障害の症状が出てしまうのです」

30代から更年期障害になる人が増えている理由としては、

●ストレスによるテストステロンの低下

●食生活の乱れによるメタボリック・シンドロームのため、テストステロンの値の低下

が挙げられています。

では、どのように予防したらよいのでしょうか。

「更年期障害になりやすいのは、ストレスを溜め込みやすい人に加え、真面目な人や無趣味の人も含まれます。

生活習慣を改善して、ストレスと上手に付き合うほか、趣味を持ったり、オシャレに工夫をして気持ちを若々しく保つことなど、生きるモチベーションをうまく高めていくことが大事です」

まとめてみます。

  • 生活習慣の改善(食生活の乱れの改善)
  • 趣味をもつ
  • ストレスを上手く解消する







【AD】

亜鉛サプリ通販

→健やかに過ごしたい40代・50代の男性に亜鉛サプリ!まとめ買いで最大15%OFF!

【男性更年期症状 関連記事】

【関連記事】

■更年期障害関連ワード

更年期障害

男性更年期障害

女性更年期障害

更年期障害の治療法

更年期障害の食事

若年性更年期障害(プレ更年期)

「#ノンストップ」に出演した #西川史子 さんの激ヤセぶりにネット上では心配の声

CL Society 287: Waiting for a doctor

by Francisco Osorio(画像:Creative Commons)

> 病気・症状 > 更年期障害 > 「#ノンストップ」に出演した #西川史子 さんの激ヤセぶりにネット上では心配の声




西川史子が「ノンストップ」に出演 激ヤセぶりに心配の声

(2016/9/28、livedoor)

西川史子が28日放送の「ノンストップ」に出演した
頬がこけたようにも見える姿に、ネットで心配の声が上がっているという
西川は5月に急性胃腸炎で入院し、「サンデージャポン」を休むなどしていた

2016年9月28日放送の「ノンストップ」に出演した西川先生こと西川史子さんの激ヤセぶりにネット上では心配の声が挙がっているそうです。

西川史子さんの病気は「急性胃腸炎」|病院で急性胃腸炎と診断され入院によれば、2016年5月に急性胃腸炎のため、入院していました。

もう一つ気になるとすれば、「更年期障害」です。

西川史子さんは更年期障害の疑いあり!?「物忘れがひどい」「イライラする」|私の何がイケないの?によれば、2016年2月22日放送「私の何がイケないの?SP」で西川史子さんは、「物忘れがひどい」「イライラする」などの更年期障害の疑いがある症状が出ているとコメントしました。

→ 更年期障害の症状・原因・チェック|40代・50代の更年期の症状 について詳しくはこちら

更年期障害の症状は人によってその症状の重さはそれぞれですが、やせたり、眠れなかったり、疲れやすくなったり、食欲不振に陥ったりします。

【更年期障害 関連記事】

【追記(2016/11/11)】

西川史子、激やせ心配の声に「大丈夫」 胃カメラ検査も問題なし

(2016/11/9、オリコンスタイル)

9月ころからネット上で西川に対して「痩せた」「激やせ」の声があがっていたが、この日体調を案じられると「痩せていると人に言われて病院に行った。胃カメラもやったけど、全部大丈夫でした。がんじゃないか説をネットニュースで見て、さすがに自分でも心配になったけど、大丈夫でした」と病気説を一蹴した。

西川史子さんは、激ヤセがネットで取り上げられて、病院で診てもらったそうですが、大丈夫だったそうです。







【関連記事】

更年期障害の症状の顔のほてり(紅潮)は音楽を聴くと改善する!

Redphones

by Garry Knight(画像:Creative Commons)

> 病気・症状 > 更年期 > 更年期障害の症状の顔のほてり(紅潮)は音楽を聴くと改善する!




更年期障害の顔のほてりが呼吸法で改善、しかし音楽を聞くともっと改善

(2015/7/22、medley)

12週後、呼吸法治療群の女性(61人)は紅潮症状が平均して1日あたり1.8回(95%信頼区間0.9-2.6、21%)減少し、対して音楽群では紅潮症状が1日あたり3.0回(95%信頼区間2.1-3.8、35%)減少した。呼吸法治療は中等度から重度の紅潮症状の19%減少と関連し、対して音楽を聴くことは44%の減少と関連していた(P=0.02)。

更年期障害の症状には、顔のほてり(紅潮)がありますが、アメリカの研究班によれば、呼吸のリズムを整える装置を使った呼吸法治療群の女性で紅潮症状が少なくなり、また、音楽を聴く対照群の女性では紅潮症状が呼吸法治療群よりも少なくなるという結果が出たそうです。

→ ホットフラッシュ(顔のほてり・のぼせ)|更年期の症状 について詳しくはこちら

呼吸法と音楽を聴くことに共通するのが、自律神経を整えることです。

■呼吸と自律神経

自律神経のバランスを整えるポイントは「ゆっくり」を意識するこ

自律神経とは、呼吸や心臓の動き、血の巡りなど体の基本的な働きをコントロールしていて、大きく分けると、交感神経と副交感神経に分けられます。

交感神経 → 血管を収縮・アクティブ

副交感神経 → 血管を拡張・リラックス

男性30代、女性40代になると、副交感神経の働きが急激に低下するそうです。

交感神経の働きが優位になると、血管が収縮し、血流が悪くなり、肩こり高血圧むくみ便秘になりやすく、場合によっては、脳梗塞心筋梗塞の危険性が高まるそうです。

また、更年期になり、エストロゲンが減少することによって、ホルモンバランスが崩れると、自律神経が乱れてしまい、様々な更年期症状が現れます。

【更年期障害 関連記事】

順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生によれば、さまざまな症状の原因が実は交感神経と副交感神経のバランスが崩れたことにあるのではないかと考えられ、反対に考えると、交感神経と副交感神経のバランスを上手にコントロールできるようになれば、病気になりにくくなると考えられるということです。

自律神経のバランスを整えるポイントは、「ゆっくり」なのだそうです。

「ゆっくり」を意識し、ゆっくり呼吸し、ゆっくり動き、ゆっくり生きる。

そうすることで、自律神経のバランスが整えられ、様々な不調が改善していくと考えられるそうです。

自律神経を整える呼吸法としては、吐く息を意識し「4秒かけて吸う、8秒かけて吐く」のがポイントです。

呼吸を深くゆっくりすることを意識して行いましょう。

【関連記事】

■音楽と自律神経

運動後に気分が落ちつく音楽を聴くと、自律神経活動に良い効果がある|東北大

東北大学大学院医学系研究科内部障害学分野の小川佳子助教、上月正博教授らの研究グループによれば、自分で選んだ気分を落ち着かせるような音楽を運動後に聴くと副交感神経活動の低下を和らげたそうです。

音楽には、自律神経活動を調整する効果を有しているといわれており、特に気分を落ち着かせるような音楽は、副交感神経活動を高めることが明らかになっている。

【金スマ】自律神経を整える方法・自律神経測定アプリ(小林弘幸先生)

自律神経を整える音楽は同じリズム刻んでる歌で、同じことの繰り返しが、自律神経を落ち着かせるそうです。

自律神経を整える曲の例として挙げたのはSMAPの「ありがとう」。

■まとめ

更年期障害の症状を和らげたいと考えている方は、呼吸をゆっくりしたり、音楽を聴いてみてはいかがでしょうか?

→ 更年期障害の症状・原因・チェック|40代・50代の更年期の症状 について詳しくはこちら







更年期障害の食事・更年期を乗り切る方法

●食生活の見直しをする

●ビタミン・ミネラルなどバランスの取れた食事で栄養を十分に摂る。

亜鉛は、ホルモンバランスを整える働きがある。

女性の場合は、亜鉛が不足すると女性ホルモンの働きが悪くなったり、月経異常を引き起こしてしまう可能性がある。

特に更年期ともなれば、亜鉛不足がホルモンバランスをさらに乱れさせて症状を悪化させてしまうことにもありえる。

→ 亜鉛の多い食品 について詳しくはこちら

【AD】

亜鉛サプリ通販

→健やかに過ごしたい40代・50代の女性に亜鉛サプリ!まとめ買いで最大18%OFF!

●軽いウォーキングなどの適度な運動

寝る前に毎日10分間、ヨガを取り入れたストレッチを3週間行うことで、更年期女性の「更年期症状」と「抑うつ」を改善することがわかったそうです。

【関連記事】

●ご自身にあったリラックス方法

更年期障害の症状を和らげたいと考えている方は、呼吸をゆっくりしたり、音楽を聴いてみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

●家族との会話をする機会を増やす

●更年期障害のツボ

更年期障害のツボ:三陰交(さんいんこう)|たけしの本当は怖い家庭の医学

●エクオール

大豆イソフラボンは、更年期障害の原因といわれる「エストロゲン」と構造が似ているため、体内に入ると、エストロゲンと同じような働きをするといわれています。

大豆イソフラボンは大豆製品などから摂れます。

ただ、最近の研究によれば、大豆イソフラボンの健康効果の恩恵を受けやすい人とそうでない人がいることが明らかになったそうです。

その違いは、エクオールを作り出すためのエクオール産生菌という腸内細菌を持っているかどうかです。

腸内細菌によって大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分をエクオールに変えることで、ダイゼインのままと比べ、よりエストロゲンに似た働きをすると言われています。

更年期症状の軽い人はエクオールの量が多いそうで、更年期症状の重い人のグループに、エクオールをつくれる人が少なかったそうです。

更年期のホットフラッシュ(ほてり)や首や肩のこりを改善する効果が確認されているそうです。

エクオールの産出能力をチェックするには、「尿中エクオール検査」や「ソイチェック」といった簡単な尿検査で調べることができるそうです。

【関連記事】



●相性の合う医師・病院を見つけておく

→ 更年期障害の症状・原因・チェック|40代・50代の更年期の症状 について詳しくはこちら

■更年期障害関連ワード

更年期障害

男性更年期障害

女性更年期障害

更年期障害の治療法

更年期障害の食事

若年性更年期障害(プレ更年期)

更年期が早く始まる女性では、遅い女性に比べて老化の進行が早まる可能性がある!?

Won't you help to sing these songs of freedom?

by Alessandro Valli(画像:Creative Commons)

> 病気・症状 > 更年期 > 更年期が早く始まる女性では、遅い女性に比べて老化の進行が早まる可能性がある!?




早い更年期で老化の進行早まる、研究で示唆

(2016/7/27、AFP)

研究チームは、血液、唾液、ほおの内側などから採取した細胞の生物学的年齢を測定することで、各女性の暦年齢と体の生物学的年齢との間の関連性を突き止めることに成功した。「更年期は、細胞の老化を平均6%加速することを発見した」とホルバート教授は述べている。

 この結果についてホルバート教授は、「大したことはないように思えるが、これが女性の生涯にわたって加算される」とし、例えば、42歳と早期に更年期が始まる女性は、50歳で更年期が始まる女性に比べて、その後の8年の間により早いペースで老化が進むと考えられる、と説明した。

米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)デビッド・ゲフィン医学部のスティーブ・ホルバート(Steve Horvath)教授が行なった研究によれば、更年期が早く始まる女性では、遅い女性に比べて老化の進行が早まる可能性があるそうです。

→ 更年期障害の症状・原因・チェック|40代・50代の更年期の症状 について詳しくはこちら



■エクオールと関係はないのか?

エクオールの効果|エクオールを作れる人、作れない人の違いとは?|世界一受けたい授業 5月2日によれば、更年期症状の軽い人はエクオールの量が多いそうで、更年期症状の重い人のグループに、エクオールをつくれる人が少なかったそうです。

エクオールには、更年期のホットフラッシュ(ほてり)や首や肩のこりを改善する効果が確認されているそうです。

また、エクオールには様々な健康効果があるといわれています。

●肌のシワの改善

12週間摂取で目尻のシワが改善

●乳がんのリスクを下げる効果がある

●前立腺がん抑制

●死亡リスクの低下

7年後までに要介護認定/亡くなった人の割合によれば、エクオールを作れない人のほうが多い

動脈硬化糖尿病などのメタボリックシンドロームのリスクを低下

抜け毛が抑制

過剰な男性ホルモンの働きを抑制(直接的なデータはないが、エクオールの効果が期待できるのではないか)

骨粗鬆症の予防

エクオールとは?によれば、女性は更年期以降女性ホルモンの分泌量が減少するに伴い、骨量が減少します。

大豆イソフラボンを摂取することによって、骨からカルシウムが溶け出すことを抑えることができるのですが、エクオールを作れる人は作れない人に比べて、豆乳を飲んだ場合に、より骨密度に対して高い効果を示すことがわかったそうです。

その他にも、中性脂肪悪玉コレステロールの低減、肌にハリ・ツヤを与えるなどが期待できるそうです。

【エクオール関連記事】

エクオールとは、大豆イソフラボンがエクオールを作り出すための腸内細菌(エクオール産生菌)のチカラでつくられます。

大豆イソフラボンは、更年期障害の原因といわれる「エストロゲン」と構造が似ているため、体内に入ると、エストロゲンと同じような働きをするといわれています。

ただ、最近の研究によれば、大豆イソフラボンの健康効果の恩恵を受けやすい人とそうでない人がいることが明らかになったそうです。

その違いは、エクオールを作り出すためのエクオール産生菌という腸内細菌を持っているかどうかです。

腸内細菌によって大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分をエクオールに変えることで、ダイゼインのままと比べ、よりエストロゲンに似た働きをすると言われています。

​エクオール産生菌という腸内細菌を持っている人といない人がいるそうで、エクオール産生菌がいない人は、大豆イソフラボン(ダイゼイン)のまま吸収されるそうです。

エクオールの健康効果を見ると、アンチエイジングに関するものが多いので、もしかすると、エクオールと老化に関係があるのではないでしょうか。







【更年期障害 関連記事】

更年期障害関連ワード

更年期

男性の更年期障害

女性更年期障害

更年期障害の治療法

更年期障害の食事

若年性更年期障害(プレ更年期)

亜鉛不足チェック

#原日出子 さんも経験した更年期障害|更年期を家族の支えで乗り越えた

Heat 1 of the Womens 100m Hurdles Semi-Final

by William Warby(画像:Creative Commons)

> 病気・症状 > 更年期障害 > 原日出子さんも経験した更年期障害|更年期を家族の支えで乗り越えた




■原日出子さんも経験した更年期障害 家族の支えで乗り越えた

原日出子、家族の支えで更年期障害乗り越え笑顔「ズボラになった」

(2016/3/23、スポーツ報知)

原は44歳の時に突然、息切れ、体が重い、といった症状が出始めた、同じく更年期障害で苦しんだ経験を持つ女優・奈美悦子(65)に相談。奈美からは一人で頑張らず、家族を頼るようにアドバイスを受けたという。

原日出子さんは44歳のころに息切れや身体が重いといった更年期障害の症状が現れたそうです。

そこで、更年期障害を経験したことがある奈美悦子さんに相談し、家族を頼るようにアドバイスを受け、症状は8年ほど続いたものの、家族と一緒に乗り越えたそうです。

一人で乗り越えようとせず、誰かに頼ることが大事なことですね。

→ 更年期障害の症状・原因・チェック|40代・50代の更年期の症状 について詳しくはこちら

【更年期障害 関連記事】







更年期障害の食事・更年期を乗り切る方法

●食生活の見直しをする

●ビタミン・ミネラルなどバランスの取れた食事で栄養を十分に摂る。

亜鉛は、ホルモンバランスを整える働きがある。

女性の場合は、亜鉛が不足すると女性ホルモンの働きが悪くなったり、月経異常を引き起こしてしまう可能性がある。

特に更年期ともなれば、亜鉛不足がホルモンバランスをさらに乱れさせて症状を悪化させてしまうことにもありえる。

→ 亜鉛の多い食品 について詳しくはこちら

【AD】

亜鉛サプリ通販

→健やかに過ごしたい40代・50代の女性に亜鉛サプリ!まとめ買いで最大18%OFF!

●軽いウォーキングなどの適度な運動

寝る前に毎日10分間、ヨガを取り入れたストレッチを3週間行うことで、更年期女性の「更年期症状」と「抑うつ」を改善することがわかったそうです。

【関連記事】

●ご自身にあったリラックス方法

更年期障害の症状を和らげたいと考えている方は、呼吸をゆっくりしたり、音楽を聴いてみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

●家族との会話をする機会を増やす

●更年期障害のツボ

更年期障害のツボ:三陰交(さんいんこう)|たけしの本当は怖い家庭の医学

●エクオール

大豆イソフラボンは、更年期障害の原因といわれる「エストロゲン」と構造が似ているため、体内に入ると、エストロゲンと同じような働きをするといわれています。

大豆イソフラボンは大豆製品などから摂れます。

ただ、最近の研究によれば、大豆イソフラボンの健康効果の恩恵を受けやすい人とそうでない人がいることが明らかになったそうです。

その違いは、エクオールを作り出すためのエクオール産生菌という腸内細菌を持っているかどうかです。

腸内細菌によって大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分をエクオールに変えることで、ダイゼインのままと比べ、よりエストロゲンに似た働きをすると言われています。

更年期症状の軽い人はエクオールの量が多いそうで、更年期症状の重い人のグループに、エクオールをつくれる人が少なかったそうです。

更年期のホットフラッシュ(ほてり)や首や肩のこりを改善する効果が確認されているそうです。

エクオールの産出能力をチェックするには、「尿中エクオール検査」や「ソイチェック」といった簡単な尿検査で調べることができるそうです。

【関連記事】



●相性の合う医師・病院を見つけておく

→ 更年期障害の症状・原因・チェック|40代・50代の更年期の症状 について詳しくはこちら

【関連記事】