お歳暮の時期|お歳暮マナー・お歳暮のお礼状

HOMEお歳暮の時期・マナー


お歳暮の時期|お歳暮マナー・お歳暮のお礼状

お歳暮

 

> HOME > ギフトマナー > お歳暮の時期・マナー

お歳暮とは

お歳暮とは、日頃からお世話になっている方への感謝の気持ちを表わすものです。



目次



お歳暮を贈る時期|お歳暮はいつごろ贈るの?

お歳暮は新年(正月祝い)の準備を始める12月13日から20日までに贈られていたそうです。

最近では、日頃からお世話になっている方への年末のあいさつとなり、また、お歳暮を贈る時期が少し早まっている傾向にあります。

お歳暮を贈る時期は地域(北海道・東北・東海・関西・四国・九州)によっても早まっているところがあり、関東(東京)では、11月末から贈る人も多いようです。

【関連記事】

お歳暮を贈る時期は関東と関西で違いがあるの?|お歳暮の時期

お歳暮ギフトは12月のいつ頃に贈ればいいの?|お歳暮の時期

11月の時期にお歳暮を贈るのは非常識?

お歳暮にはのし紙をつけます。

書き方は水引の結び目の中央上に「御歳暮」と書き、中央下にやや小さく名前を書きます。



お歳暮ニュース

お歳暮

お歳暮人気ランキング第一位はえごまそば

大人気ギフト!お歳暮ご予約早期割引キャンペーンで今なら15%OFF!

お歳暮人気ランキング2016で詳しい内容をチェック!


お歳暮の由来

お歳暮とは年の暮れのことを意味します。

「お歳暮」という慣習は、昔は、新年に先祖の霊を迎えるために必要なお供え物を、嫁いだり分家した人が本家や親元に持って行く行事でした。

最近は、お世話になった人に一年の感謝の気持ちを込めて年末に贈る、贈り物を指す言葉となったのです。



お歳暮のおすすめギフト↓

お歳暮ギフトにそば

お歳暮に!えごまそばが人気!

ネット限定ここでしか買えません!お歳暮ご予約早期割引キャンペーンで今なら15%OFF!


お歳暮のマナー(お歳暮のお礼状・送り状)

本来はお歳暮ギフトを持って、先方にお伺いし、直接日頃のお礼を伝えたいところですが、遠方に住んでいたり、仕事等で忙しく伺えない場合も多いため、最近ではインターネットショップや店舗などから直送することが増えています。

直送する場合は、挨拶状を同封するか、荷物が届くころに手紙かハガキを出すのが良いと思います。

内容としては、あいさつのほかに、何を、いつ、どこから送ったかを書いておくと、親切です。

特に生鮮食料品などは、相手方の都合もありますので、ギフトを贈る前に挨拶状を出しておくという心遣いがあるといいですね。

お歳暮は日頃からお世話になっている方へのお礼であり、お祝いではありません。

ですから、もらった場合、お返しの必要はありません。

ただ、お礼状だけは出すことをおすすめします。

相手に無事に品物が届いたことを知らせる意味でも、これは大切です。

電話で済ませてしまう場合も多いようですが、できれば、はがきなどで相手の好意に感謝する気持ちを込めて、送るのがよいかと思います。

お歳暮の礼状は丁寧に書くのが基本です。

品物に対する感謝の気持ちだけでなく、相手の心遣いに対する感謝の気持ちを伝えることは重要です。

また、「奥様にもくれぐれもよろしくお伝えください」などといった一言を添える配慮や健康を祈る文章をつけるのも大切なことです。

【関連記事】

お歳暮のお礼状(はがき)の書き方のポイント|お歳暮ギフトマナー

お歳暮に送り状は必要?同封すべき、ハガキでもいいの?|お歳暮マナー




お歳暮の品選び

お歳暮を贈るときに大切なのは、贈る相手のことを考えて品物を選ぶことではないでしょうか。

季節感を考えることはもちろんですが、相手のことをよく知っておくことは重要です。

最近は健康に気を配った食品をお歳暮ギフトに選ぶ人が増えています。

こうした気配りが品物の値段ではなく、気持ちがあらわれるお歳暮になるのです。

お歳暮の予算は、一般的に3,000円〜5,000円くらいですが、特に決まりはありません。

金額よりも感謝の気持ちが重要です。お歳暮を贈るとき、相手がどんなものをもらったらうれしいか考えることが、相手に喜ばれる品物選びで重要だと思います。

また、お歳暮の品物選びで重要なのは、受け取る側の負担にならないようにすることです。

あまり高価なものを贈りすぎても、気を使わせてしまいます。

そういう意味でも、普段使いできる品物を贈るのがお勧めです。

お歳暮は、ちょっとしたものでも心遣いが伝わります。

相手の喜ぶ顔を想像しながら選ぶことは楽しいですし、日々、商品の知識や情報を集めておくと、役立つはずです。

贈るという行為そのものを楽しんでください。



お歳暮のおすすめギフト↓

お歳暮ギフトにそば

お歳暮に!えごまそばが人気!

ネット限定ここでしか買えません!お歳暮ご予約早期割引キャンペーンで今なら15%OFF!



喪中とお歳暮

「贈り先の方の喪中にお歳暮を贈ってもいいのですか?」というのはよくある質問です。

相手の方が喪中であっても、お歳暮はお祝いとは違い、日頃の感謝の気持ちを伝えるものなので、マナーとして問題ありません。

ただ、贈り方には気を付けたほうが良いポイントがいくつかあります。

人によっては、喪が開けていない間に贈り物をすることを良く思われない方もいらっしゃいますので、四十九日を迎えるまで控えたほうがよいのではないでしょうか。

また、通常お歳暮の熨斗は紅白の水引を使いますが、紅白の水引は慶事に使われるものですので、真っ白な紙または短冊に「御歳暮」と書いて贈るのが良いでしょう。

【関連記事】

喪中の時にお歳暮は贈ってもいいの?のしはどうしたらいいの?|お歳暮マナー



お歳暮ギフトランキング第1位は「えごまそば」

お取り寄せギフト・年越しそばに!

お歳暮ギフトをご予約いただいた方には、早期割引キャンペーン価格で提供させていただいております。


お歳暮の時期・マナー

会社概要サイトマップお問い合わせ



ギフトマナー

お歳暮の時期に「自分買い(自分に #お歳暮 を贈る)」する人が増えている

お歳暮ランキング

お中元ランキング

母の日ランキング

父の日プレゼントランキング

敬老の日ランキング


専門サイト

健康情報青汁カシス・ルテイン・ブルーベリーえごまそばはちみつお歳暮ブログ珪藻土バスマット


健康情報なら舶来堂