肌を綺麗にする方法|肌に良い食べ物

HomeHome肌を綺麗にする方法


肌を綺麗にする方法|肌に良い食べ物

> HOME > 肌知識 > 肌を綺麗にする方法

肌を綺麗にする方法

肌を綺麗にする方法をいくつかの視点から紹介していきます



【目次】



肌に良い食べ物

肌に良い10の食べ物はカキ・アボカド・マンゴーなどの中で紹介されている肌に良い成分をまとめてみます。

良質の油(アボカド・アーモンド)

抗酸化物質(マンゴー)

ビタミンB群(アボカド)

ビタミンA(マンゴー)

ビタミンE(アーモンド)

セレン(カッテージチーズ)

亜鉛(牡蠣)

銅(じゃがいも)

リボフラビン(きのこ)

オメガ3脂肪酸(亜麻仁油・エゴマ油)

ビタミンC(アセロラ・小麦胚芽)

ビオチン(小麦胚芽)

【関連記事】

ハリウッドセレブの美肌を保つ秘訣は水分補給とオメガ3




美肌には肝臓の代謝が欠かせない!

シミ対策として肝臓の代謝機能の促進は不可欠で、美肌のためにも必要な栄養を摂ることが大事です。

L-システインは肝臓の代謝促進に欠かせないそうで、また美肌やシミ対策など肌の代謝のためにも重要なのだそうです。

L−システインは、雑穀やハチミツ、柑橘類の皮などに多く含まれているそうです。

肝臓の代謝を助けるためにもこうした栄養素を含む食品をしっかりと摂りたいですね。

また、肝臓の機能を取り戻すためには、たんぱく質をしっかりと取ることも重要です。

【関連記事】



アミノ酸

「アミノ酸」は美肌にとっても欠かせません。

肌がくすんでいたり、カサついていたりすると、メイクのノリはイマイチで気分まで沈みがちになりませんか?

実は肌の調子の良し悪しにも、アミノ酸が関わっているのです。

血液中のアミノ酸濃度が低い人ほど肌の色ツヤが悪く、濃度が高い人ほどイキイキとしたキレイな肌をしています。

それもそのはず、アミノ酸は肌の細胞をつくる原料になり、さらに肌のキメやハリ、うるおいを保つためにも使われているのです。

美肌づくりのためには毎日のお手入れに加えて、アミノ酸を十分摂ることが大切。

体をつくる20種類のアミノ酸すべてが美肌づくりにも役立ち、肌荒れを防ぐ、うるおいを保つ、シワシミ・ソバカスを防ぐ、くすみをとる、キメを整えてハリを保つなど、肌のことなら何でもおまかせ。

アミノ酸たっぷりの体になれば、肌だけでなく、髪や爪までツヤツヤになれます。

→ スキンケアアミノ酸 について詳しくはこちら

シジミに含まれるオルニチンは体内でコラーゲンの原料の一つであるプロリン(アミノ酸)に変わるため、美肌効果があると考えられます。

【関連記事】

オルニチンは肝機能改善・美肌・脂肪燃焼・筋肉増強にも



ビタミンC

ビタミンCでアンチエイジング|ビタミンCが老化防止に役立つによれば、ビタミンCにはしみやそばかすなどの原因となるメラニンの生成を抑制する働きがあるそうです。

また、ビタミンCはコラーゲンの生成を促進してくれるそうです。

シミ・そばかす・ニキビ・乾燥肌など肌のトラブルや肌の老化防止にビタミンCは役立ちそうです。



クエン酸

紫外線が当たると活性酸素が発生して、肌を酸化させ、シミシワ、肌荒れ、くすみになりますが、柑橘類には「クエン酸」が含まれており、クエン酸の持つ抗酸化作用によって、活性酸素を除去し、、シミシワ、肌荒れ、くすみから肌を守ってくれます。



野菜

肌のくすみやたるみを引き起こす4つの悪い食習慣とは!?によれば、「糖化」は、体内のたんぱく質と糖質が結びつくことでできた「AGEs(糖化最終生成物)」によって、肌のくすみたるみの原因になります。

AGEsを多く含む食品を摂り過ぎていると肌のくすみを起こしやすく、食材の種類でいうと「肉類>魚類>野菜や果物」の順になっています。

そこで、肌がくすんでいるときには、野菜を摂るようにしているのかもしれません。

【関連記事】



しょうが紅茶

入山法子さん、乾燥しょうがで冷えと目のクマ予防(2010/10/11)によれば、人気モデルの入山法子さんは、体の冷えると顔色が悪くなりクマの原因にもなるため、しょうが紅茶(すりおろししょうがを紅茶に入れたもの)を毎日欠かさず飲んでいるそうです。

また、入山さんは、すりおろしたものより、乾燥させたものの方が温める効果が持続すると聞いたので、最近は切干大根のようにざるの上で干したりしているそうです。

体が冷えると肌のくすみの原因となるため、体を温めるためにも、つまり、低体温対策のために、しょうが紅茶を持ち歩いているのかもしれません。

夏におすすめ!ショウガでダイエットによれば、ショウガと、赤い色素のテアフラビンがからだを温め、カフェインに利尿作用もある紅茶、ビタミンやミネラルをたっぷり含んでいる黒糖の3食材の組み合わせは、冷えとり効果抜群なのだそうです。

●しょうが紅茶レシピ(作り方)

【材料】

  • 紅茶 カップ1杯
  • ショウガ 約10グラム(すりおろすと大さじ2〜3杯くらい、搾り汁だと小さじ1杯くらいの量)
  • 黒糖(またはハチミツ) 適量

※ショウガは皮付きのままよく洗ってすりおろし、ガーゼなどで搾り汁をこして加えます。

【関連記事】



冷えと乾燥肌の関係

肌のくすみ|低体温が肌荒れの原因になる?|低体温の症状によれば、血流が良い肌は透明感があるのですが、低体温によって、血液の循環が悪くなり、血行不良になると、新陳代謝が落ちるため、肌は透明感を失い、肌荒れが起こりやすくなり、くすみがちになります。

【関連記事】



女性ホルモンと肌の関係

女性を美しくする4つの恋愛ホルモンによれば、エストロゲンが分泌されると肌のキメが細かくなるそうです。



睡眠時間

睡眠のゴールデンタイムは、夜10時から深夜2時の間と言われています。

なぜ、夜10時から深夜2時の間が睡眠のゴールデンタイムなのかといえば、この時間帯に成長ホルモン(若返りホルモンとも呼ばれる)が分泌されるからなのだそうです。




肌を綺麗にする方法

会社概要サイトマップお問い合わせ


肌知識

#とと姉ちゃん #高畑充希 さんの #朝ドラ での忙しい撮影中を乗り切る2つの美肌キープ方法とは?

肌のくすみやたるみを引き起こす4つの食習慣

目元のシワ・くすみ・目の下のクマには、保湿とカシスアントシアニン!

肌質

肌の悩み

シワ

シミ

目の下のたるみ

くすみ

ニキビ

ほうれい線

アトピー性皮膚炎

スキンケア・洗顔

肌の悩みの原因

芸能人・モデル・セレブの美肌の秘訣

酸化

糖化

乾燥

肌を綺麗にする方法

肌のターンオーバー

スキンケアアミノ酸

まつ毛美容液

コラーゲン

ムダ毛処理・脱毛

ワキの黒ずみ


■肌関連ワード

はちみつ美容法・はちみつ洗顔法

亜鉛不足チェック

抗酸化食品

フィトケミカル

肝臓

低体温

目のくま解消法

更年期障害


病気・症状

タウリン

メタボリック

肝臓の病気

脂肪肝

コレステロール

目の病気

腎臓

肥満

高血圧


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康情報なら舶来堂