三菱UFJ、仮想通貨「MUFGコイン」の価格安定のため、取引所開設へ 2018年度中の実現を目指す


MUFG

by Yuya Tamai(画像:Creative Commons)




■三菱UFJ、仮想通貨「MUFGコイン」の価格安定のため、取引所開設へ 2018年度中の実現を目指す

独自仮想通貨 三菱UFJが取引所開設へ 価格安定図る

(2018/1/14、毎日新聞)

このためMUFGはコインを仮想通貨として発行する一方で、独自の取引所を開設し、取引を利用者とMUFGの間だけにとどめるなどして、コインの価格をほぼ1円になるよう誘導することにした。表向きはあらかじめ価格を固定せずに、取引を反映させてコインの価格が決まる形とすることで100万円の制限を受けないようにする。

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、取引所を自ら管理することで仮想通貨「MUFGコイン」の価格の変動を抑え、安定的に決済や送金に使えるようにするため、取引所を開設する方針を決め、2018年度中の実現を目指すそうです。

参考画像:フィンテックに関する現状と金融庁における取組み(2017/2、金融庁)

参考画像:フィンテックに関する現状と金融庁における取組み(2017/2、金融庁)

2018年はデジタル通貨が身近な存在になる?フィンテックで社会はどう変わる?|【INNOVATION ROADMAP 2030】#FINTECHで紹介した日本経済新聞のInnovation Roadmap 2030によれば、「2018年デジタル通貨が身近に」とありますが、三菱UFJは、独自の仮想通貨「MUFGコイン」の開発やブロックチェーン技術を用いた電子小切手の発行の実証実験を行なうなど積極的に動いている印象です。

先端テクノロジーの情報発信やMUFGのフィンテック導入等に関する情報発信を行うことを目的とした「MUFG Innovation Hub」というメディアもあるほどです。

2018年は、2017年までにしっかりと実証実験を行なったところから仮想通貨やブロックチェーン技術を使ったサービスが出てきそうですね。







【参考リンク】

【初心者向け用語集】