影響力・信頼が新しい経済の通貨になる!?|「信頼を築くのは一生、信頼を崩すのは一瞬」(ウォーレン・バフェット)


Woman Gracefully Falling & Jumping Of Tree In Field

by Rinet IT Australia(画像:Creative Commons)




■影響力・信頼が新しい経済の通貨になる!?

Rachel Botsman:レイチェル・ボッツマン「新しい経済の通貨:信頼」

レイチェル・ボッツマンは、AirbnbやTaskrabbitのようなシステムを可能にする通貨を探索し、信頼、影響力などの「評価資本」が 新しい通貨であると説明します。

Rachel Botsman(レイチェル・ボッツマン)は、Amazonの星の評価のように、AirBnBやUBERのような取引での評価・評判のデータをリアルタイムで収集し、そのデータを集約する評価ダッシュボードのような形で表示されることによって、評価資本が一目で見れるようになることを想像し、「信頼」されるという評価自体が価値を持つ、つまりは21世紀の通貨となると考えています。

大手メディアの情報を優先するGoogleと個人のつながりを優先するFacebook|メディアのような影響力を持つ個人のインフルエンサーの価値が高まる?によれば、Facebookはニュースを投稿するメディアよりも親しい友人や家族のコンテンツを優先して表示するというアルゴリズムに変更しました。

2017年は情報操作やフェイクニュースなど情報の信頼性が話題になりましたが、GoogleとFacebookという大手IT企業のアプローチが全く違い、Googleは個人ではなく、大手メディアや医療機関などで信頼性の高さを担保しようとし、Facebookは大手メディアではなく、親しい友人や家族といった個人の信頼関係・つながりで信頼性の高さを担保しようとしているのです。

このように考えると、メディアのような影響力を持つ個人であるインフルエンサーの価値がますます高まるのではないでしょうか?

企業が求める個人の影響力。店員の「インフルエンサー化」で小売業に新たな風

(2018/2/13、AMP)

入社後は、社内インフルエンサーとしてオンデーズに関するさまざまな情報の発信をする代わりに、「インフルエンサー手当」として、毎月5万円が支給されるという。

Facebookフィード改変、 インフルエンサー に思わぬ恩恵

(2018/1/23、digiday)

オーガニックなトラフィックという点では、インフルエンサーはニュースフィードにおいてブランドよりも上位に存在する。フィード上のニュースの優先順位が下げられたことはインフルエンサーにとっては有利だ。

ただ、忘れてはならないのは、インフルエンサーは一人だけではインフルエンサーにはなれないということであり、媒質となるフォロワーの存在が重要です。

デレク・シヴァーズ at TED2010 社会運動はどうやって起こすか

新たなフォロワーたちは リーダーではなく フォロワーを真似るものだからです

流言蜚語|寺田寅彦

最初の火花に相当する流言の「源」がなければ、流言蜚語は成立しない事は勿論であるが、もしもそれを次へ次へと受け次ぎ取り次ぐべき媒質が存在しなければ「伝播」は起らない。従っていわゆる流言が流言として成立し得ないで、その場限りに立ち消えになってしまう事も明白である。

信頼や影響力は自分一人では作り上げることはできないのであり、よくいわれるように、「信頼を築くのは一生ですが、信頼を崩すのは一瞬」です。

’It takes 20 years to build a reputation and five minutes to ruin it. If you think about that, you’ll do things differently.’

Warren Buffett

信頼や影響力が新しい経済の通貨となる時代には「つながり」をより大事にする必要があるでしょうね。







【関連記事】