「おっぱい」タグアーカイブ

胸が垂れるのを防ぐには、ノーブラ?ブラあり?どちらが正しい?




All Women Lifeguard Tournament 2012

by Hypnotica Studios Infinite(画像:Creative Commons)

胸が垂れる原因はブラジャーだった!?スタイル維持にはノーブラが効果的との調査結果

(2013/4/12、IRORIO)

仏フランシュ=コンテ大学の科学者Jean-Denis Rouillon氏によれば、ブラジャーは女性のカラダを美しくするどころか、かなり悪影響を与えているそう。

15年に渡りさまざまなバストサイズの女性130人にノーブラ体験をしてもらった同氏の調査では、ブラジャーを着けていようがいまいが日常生活に支障はなく、むしろノーブラの方がバストの形をキレイに保て、腰痛も防げることが判明。

Rouillon氏いわく、ブラジャーは胸を締め付けて支持組織の成長を妨げるため、逆にバストが垂れる原因になるという。

ノーブラのほうが健康によく、バストの形を綺麗に保てるという意見もあれば、反対にブラジャーをつけていないと、バストが垂れてしまうという意見もあります。

【ノーブラのほうが健康によい 関連記事】

ノーブラ状態で過ごすとおっパイが大きくなる?

研究によれば、ブラなしで一年過ごした女性は、乳房の細胞組織の質が向上し、肩の回旋筋や大胸筋がより発達し、またバストのサイズがブラありの時よりもわずかながら大きくなっており、かつ位置もリフトアップしていることがわかったそうです。

【ノーブラだと胸が垂れてしまう 関連記事】

ノーブラ状態で過ごすとおっパイが大きくなる?

大手下着メーカー、ワコールの調査結果です。

「バストが長期にわたって揺れる状態、つまりホールド力のない下着や自分の体に合っていない下着を身に着けていると、クーパー靭帯が伸びてしまい、バストの下垂を早める原因となってしまう」

夏のノーブラで日本女性の胸が危ない!?

バストの揺れによってクーパー靭帯に負荷がかかることが下垂の原因の一つになるそうです。

胸が垂れてしまう原因とは?

胸がたれてしまう原因は、大きく2つの原因があるそうです。

1.乳腺組織を支えているクーパー靭帯が伸びきってしまうこと

2.バストを覆っている皮膚の衰え

それぞれの記事からポイントをまとめてみます。

  • ブラなしで一年過ごした女性は、乳房の細胞組織の質が向上し、肩の回旋筋や大胸筋がより発達し、またバストのサイズがブラありの時よりもわずかながら大きくなっており、かつ位置もリフトアップしている
  • スポーツなどは胸の揺れが大きく、クーパー靭帯に負担をかけるようなときには、ブラを着けてバストを守ったほうがよい
  • 自分の体に合っていないブラジャーをつけていると、クーパー靭帯が伸びてしまい、バストの下垂を早める原因となってしまう







“触りたくなるカラダNo.1”「JJ」の専属モデル #大川藍 さんのカラダになれる&バストアップする秘訣とは?

2冊目となる写真集『iamai』(10月24日発売/講談社)を発売する大川藍さんのキャッチフレーズは“触りたくなるカラダNo.1”なのだそうですが、その体をキープするためにどのようなことをされているのでしょうか?




【目次】

■むやみに食べる量を減らしてしまうとかえって太りやすくなる!?

ai_ookawa

参考画像:大川藍、最新写真集『iamai』メイキング動画!|YouTubeスクリーンショット

大川藍“触りたくなるカラダ”になる秘訣は?「17歳くらいから行きつけ」「色々成長したし、大人になった」

(2016/10/8、モデルプレス)

― “触りたくなるカラダNo.1”というキャッチフレーズが、まさにぴったり!その美ボディをキープするために、何をされているんですか?

大川:本当にありがたい(笑)。でも、全然何もやってなくて…。焼肉が好きなんですけど、私の体は焼肉と水分で出来ていると思います。3、4日連続とかで食べるので、「これはおっパイになる。これ食べても太らない」って思い込みながら(笑)。食事制限をするとストレスにもなるので、好きなときに好きなものを食べてます。

大川藍さんによれば、なにもやっていないそうで、食事制限をするとストレスになるので好きな時に好きなものを食べているそうです。

ミス日本がやらないNGダイエット法とは|料理・食事を目いっぱい楽しむことが美しさにつながる!?によれば、むやみに食べる量を減らすことや食事を楽しまないことをしないようにしているそうです。

ダイエットをする目的でむやみに食べる量を減らしてしまうとかえって太りやすくなると考えられます。

ダイエットはストレスを増加させ、怒りっぽくなるによれば、ダイエットのために、食事を抑えている人は、ダイエットに対するストレスによって、攻撃的になり、怒りっぽくなるそうです。

また、食欲を抑え込んでいた人がその誘惑に負けて食べてしまうと、食べてしまったことによる罪悪感からか拒食・過食を繰り返すようになると考えられます。

ミス日本式ダイエットでは、“毎食9品目をお腹いっぱい食べる”ことを提案しているそうです。

9品目というのは、“肉・魚・貝・海藻・豆類・卵類・乳製品・野菜・油脂”の9つ。

ミス・ユニバースに選ばれた方々も一日3食はしっかり食べて、腹8分目を心がけているようで、決してむやみに食べる量を減らしてはいませんでした。

0キロカロリーダイエットを1週間したらどうなるか?によれば、1週間まったく「カロリーのある食料」を摂取せず、すべて0キロカロリーのゼリーやドリンクだけで生活した女性が、約5キロも減量したもののバストは4センチしぼんでしまったそうです。

摂取カロリーを減らすこと=ダイエットではなくて、バランスの良い食事をすること=ダイエットという考え方にすることが重要ということではないでしょうか。

【関連記事】

■バストアップした秘訣は焼肉!?

大川藍、バストがみるみる成長した秘密は「週3回以上の焼き肉」

(2016/10/30、スポーツ報知)

6年半の間にバストがみるみる成長し、今では79センチ、Eカップのナイスバディに。「豊胸手術の疑いが出たぐらい、前の写真集と違ってます。高校の頃から週に3回以上、焼き肉をいっぱい食べて『このお肉がおっパイになる』と言い聞かせていました」と秘訣(ひけつ)を明かした。

胸を大きくする食べ物はある?それともバストアップに効果的な食べ物はないの?によれば、お肉はタンパク質なので、体の成長に欠かせない食材ですが、お肉自体にバストアップをする効果があるという説はないようです。

埼玉貧乳問題(なぜか女性の平均バストサイズが埼玉県だけがAカップ)|#月曜から夜ふかしで紹介した島田菜穂子院長(乳房健康研究会副理事)の見解によると、発育を促す要素としては女性ホルモンがポイントになっており、成長期に分泌される女性ホルモンが胸の大きさを決める要因となっているそうです。

女性ホルモンの分泌を左右するものは、「睡眠時間(睡眠時間が適切な時間にとれているか)」で、胸を大きくする女性ホルモンは寝ているときに分泌されるそうです。

大事なのは、就寝時間。

夜10時から深夜2時くらいの間に成長ホルモンや色々なホルモンがしっかり出るタイミングがあり、成長期の子供がその重要な時間帯に睡眠がちゃんととれているかがポイントなのだそうです。

推測になりますが、もしかすると、焼肉を食べることではなく、成長期にしっかりと睡眠をとっていたことにより、バストが大きくした要因かもしれません。

大川藍“触りたくなる”美バストができるまで「ボンッて一気に胸が膨らみました」 写真集アザーカット公開【モデルプレスインタビュー/前編】

(2016/10/28、モデルプレス)

私は24時間、年がら年中、起きている時も寝る時もブラをつけています。

抜群のスタイル&水着姿で話題! #泉里香 さんのマシュマロボディ&モチモチ肌&美バストの秘訣とは?によれば、泉里香さんは寝るときにナイトブラを付けているそうです。

寝る時にあおむけに寝ていると、重力で胸が流れてしまい、バストラインが崩れてしまいます。

ナイトブラをつけて寝ると、バストが流れないように支えてくれることで、バストの形を守ってくれるそうです。

→ 簡単に胸を大きくする方法まとめ|マッサージ|食べ物|ブラのカップに背中・脇・二の腕のお肉を集める|睡眠 について詳しくはこちら







【関連記事】
続きを読む “触りたくなるカラダNo.1”「JJ」の専属モデル #大川藍 さんのカラダになれる&バストアップする秘訣とは?

胸に弾力がなくなって柔らかくなるのは「加齢」だけが原因?




■胸に弾力がなくなって柔らかくなるのは「加齢」だけが原因?

All Women Lifeguard Tournament 2013

by Hypnotica Studios Infinite(画像:Creative Commons)

今野杏南 加齢による軟乳化を武器に「とことん揺らしてます」

(2014/11/3、東スポWEB)

「年をとったからか、胸に弾力がなくなって自然と軟らかくなった」とバストに変化が生じてきた。

今野杏南さんのコメントによれば、加齢によって、バストに変化が生じてきたそうですが、胸が柔らかくなる原因は加齢だけなのでしょうか。

胸が垂れてしまう!「オバさんバスト」になるNG習慣とはによれば、バストは加齢などによる筋肉の衰えや、重力による下垂などにより日々崩れていくということですので、加齢によって筋肉が衰えたことによって、胸が柔らかくなったということが考えられます。

胸が垂れてしまう原因とは?バストの下垂を遅らせる方法によれば、胸がたれてしまう原因は、大きく2つの原因があるそうです。

1.乳腺組織を支えているクーパー靭帯が伸びきってしまうこと

2.バストを覆っている皮膚の衰え

さらに細かく見ると4つの要因が進むことによって下垂していくことがわかっています。

→ 胸が垂れてしまう2つの原因と4つの要因とは?バストの下垂を遅らせる方法 について詳しくはこちら

加齢以外にもバスト自体の重さが原因でバストを覆っている皮膚やクーパー靭帯が伸びていることや物理的刺激によって乳腺組織やクーパー靭帯が痛められていることが考えられます。

キレイなバストを保つためにも、気をつけてくださいね。







【関連記事】
続きを読む 胸に弾力がなくなって柔らかくなるのは「加齢」だけが原因?