「恐怖指数」タグアーカイブ

仮想通貨の価格が下がると仮想通貨アフィリエイトブログのアクセス数が減る!?|恐怖指数とビットコインには相関関係がある!?

Bitcoin Chart

by Fabian Figueredo(画像:Creative Commons)




■仮想通貨の価格が下がると仮想通貨ブログのアクセスが減る!?

「仮想通貨の価格が下がると仮想通貨ブログのアクセス数も減少する」というツイートを見ました。

これは一つ興味深いことで、価格が下がると下がった原因を知ろうとして、仮想通貨に書かれているブログで調べる人が増えるということは少ないということです。

逆に考えると、仮想通貨の価格が上がると、仮想通貨に関するアフィリエイトブログへのアクセス数が増加するというわけですよね。

このことを考えると、価格が上がると、「自分も儲けたい」「儲け話に乗り遅れたくない」という感情が見え隠れしているではないでしょうか。

また、仮想通貨価格の変動が、仮想通貨取引所などの仮想通貨に関するサービスにどれほど影響があるのかも興味深いですよね。

なぜ興味深いかといえば、仮想通貨価格の変動自体がネットワーク全体の価値を示すのではないかとも考えられるからです。

#トークン とは?#トークンエコノミー とは?簡単にわかりやすく!【#仮想通貨 #ブロックチェーン 初心者向け用語集】によれば、トークンエコノミーとは、トークン(特定のネットワーク内でサービスを受けるための電子証票やデジタル権利証、引換券、優待券など)による経済社会という意味であり、最も有名なものが「ビットコイン」だと考えられるそうです。

#ICO とは?簡単にわかりやすく!|ICOとIPOはどう違うの?|トークンって何?【初心者向け用語集】によれば、ICOはネットワーク全体の価値(お金を稼ぐかだけでなく、社会貢献をすることによって価値が高まることなども含まれる)を価値の基準に置くと紹介しました。

つまり、ビットコインのような仮想通貨の価格が変動することによって、仮想通貨ブログや仮想通貨取引所といった仮想通貨に関するものすべてのネットワークの価値が決まってしまうのではないかと考えられるのではないでしょうか。




■恐怖指数とビットコインには相関関係がある!?

「恐怖でビットコインの価値は上がる」“現代の魔術師”の仮想通貨の運用術(2017/9/3、ホウドウキョク)によれば、恐怖指数が上がるとビットコイン(の価格)が上がる形になっているそうです。

恐怖指数|Wikipediaによれば、

数値が高いほど投資家が相場の先行きに不透明感を持っているとされる。

そうです。

実際には、すべて連動しているわけではないと思いますが、恐怖指数が上がる(投資家が相場の先行きに不透明感を持っている)→ビットコイン価格が上昇するということを一つのサインとしてとらえてみると、興味深いですよね。

【参考リンク】

■まとめ

この他にも仮想通貨に関する話題・ニュースが多い時もブログのアクセス数に関係してくるのでしょうが、健康美容ブログを十年ほど書いていて、アクセス数の流れを見ると、なんとなくわかってくることがあります。

例えば、

  • 芸能人・有名人の健康・病気・美容に関するニュースがある場合、アクセス数が増加する。
  • メディアで健康・病気・美容に関する話題が取り上げられたとき、アクセス数が増加する。
  • 平日に比べ、土日祝日はアクセス数が減少する。

米研究グループ、健康についての検索は休み明けに増える?|月曜日に病気の予防・改善につながるリマインダーを設定しよう!によれば、米ジョンズ・ホプキンス・ブルームバーグ公衆衛生大学院のデビッド・ホルトグレイブ氏らの研究グループによれば、健康に関する話題に対する検索は週の初めにピークを迎えるそうです。

健康データを集めれば健康になれるわけではないでも書きましたが、10年以上健康に関するアクセスデータを見ていますが、人は、楽しい時(遊びに出かける週末)は健康について考えないものです。

そして、週末明けの月曜日になると、週末の疲れやブルーマンデー症候群(日本ではサザエさん症候群:休日明けのゆううつな月曜日の意味)の影響で健康について検索をしてしまうのではないでしょうか。

このようにブログによって、その傾向というのは異なるものです。

自分自身でブログを書けば、自分なりのサインを見つけることに役立つかもしれませんね。







【ビットコイン・ブロックチェーン 初心者向け用語集】

【関連記事】