タグ別アーカイブ: 税金

#仮想通貨 の税金計算が解決!?G-taxは対応する取引所の取引履歴をアップロードするだけで売買損益を自動で計算するサービス

【目次】




■仮想通貨の税金計算が解決!?G-taxは対応する取引所の取引履歴をアップロードするだけで売買損益を自動で計算するサービス

参考画像:G-tax

仮想通貨の税金計算をサポート、取引履歴から売買損益を算出できる「G-tax」ベータ版公開

(2018/1/6、TechCrunch)

G-taxは対応する取引所の取引履歴をアップロードすることで、仮想通貨の売買による利益金額を自動で計算するサービスだ。

現時点でZaifやbitFlyer、coincheckなど10の取引所に対応。海外の取引所で行った売買履歴の円貨換算、国税庁の「仮想通貨に関する所得の計算方法等について」に示される方法に基づいて損益計算を行える。

仮想通貨への投資・取引を行う上で最大のネックとなるのが売買時に出た利益に対する税金の計算ではないでしょうか。

ユーザーへ仮想通貨に詳しい税理士を紹介しつつ、税理士には税務計算をサポートする独自の計算システムを提供する税理士紹介・記帳代行サービス「Guardian」のAerial Partners代表取締役の沼澤健人さんによれば、税務問題に悩む投資家からの問い合わせが想定以上に多かったそうです。

「これまで個人的に税務相談を受けた人や、Guardianの応募者の約半数は税理士から『受けられない』と断られた人たち。税理士側も仮想通貨の知識が必要な上に、各取引所ごとにデータの形式が異なるため、相談されても対応できないのが現状」(沼澤氏)

給与所得者で確定申告が必要な人|所得税|国税庁によれば、

1.給与の年間収入金額が2,000万円を超える人や1か所から給与の支払を受けている人
2.給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人

などに当てはまる人は確定申告を行なう必要があります。

仮想通貨の投資・取引を行った人は上記の1・2に当てはまる人で、必ず確定申告を行う必要がありますが、仮想通貨に関しては黎明期で対応できる税理士も多くないことから確定申告に困っている人が多いということですね。

G-taxは「独自の計算システム」の一部を切り出し、個人向けに無料で公開したもので、対応する取引所の取引履歴をアップロードすることで、国税庁の「仮想通貨に関する所得の計算方法等について」に示される方法に基づいて仮想通貨の売買による利益金額を自動で計算してくれるそうです。

現在対応している取引所は、Zaif(ザイフ)bitFlyer(ビットフライヤー)coincheck(コインチェック)bitbankBITTREXPOLONIEXkrakenHitBTCQUOINEXBITFINEXで、ウォレットはTREZORに対応しているそうです。

今後、GMOコインBINANCE(バイナンス)BTCBOXyobit.netChangellyなどに順次対応していくとのことです。

対応できる税理士が多くないというのは、税理士の中でも抜きんでるチャンスだということですよね。

仮想通貨投資・取引の税金計算に対応できる税理士の方は今こそがすごいチャンスなのではないでしょうか?

税務問題など仮想通貨に関わる様々な問題についてどうしたらいいかわからない人が多い時に税務相談を断る税理士が多い中で、ルールが決まっていないようなカオスな状況で一つ一つ整理をしていく税理士事務所なんかがあれば助かる人が多いはずです。

この考え方はこのことに限らずいろんなことにも活かされると思います。




■ビットコイン・ブロックチェーン 初心者向け用語集







【仮想通貨 関連記事】

【確定申告 関連記事】

【参考リンク】

税金の控除や返礼品も!#ふるさと納税 を最もお得に活用する方法とは?|「楽天ふるさと納税」を活用してポイントももらおう!

PriceMinister - Rakuten Campus 2013

by PriceMinister(画像:Creative Commons)

■ふるさと納税とは?

ふるさと納税は、寄付金の使い道を指定できる唯一の制度です。

例えば、子育て支援のためや産業・経済のため、福祉のためなど自分自身が関心を持つ用途を決めることができるんです。

また、このふるさと納税制度は出身地等に関係なく、関心がある自治体に、それも複数に納税することができます。

生まれ故郷はもちろん、あなた自身が応援したい地域を寄付金という形で応援できるうれしい制度ですね。

そして、ふるさと納税には自分自身にとっても大変お得な制度です!(これを楽しみにしているという方も多いのではないでしょうか?)

ふるさと納税により、寄付をすると、税金の控除が受けられ、特産の肉類や魚介類、野菜、施設の優待券、宿泊券といったその地域独特の返礼品を受け取ることができます。

ふるさと納税をうまく活用することができれば、自己負担は年間総額で実質2000円に抑えることができ、例えば「5万円の寄付をして、48,000円の控除」という実質2000円の負担で地域貢献ができ、自分自身もお礼の品を頂けるという自治体・あなた自身にとって喜ばしいWin-Winの関係になれる制度なのです。

※ただし、控除が受けられる控除上限金額と手続きがあるので、確認してくださいね。

【参考リンク】




■ふるさと納税を最もお得に活用する方法とは?|「楽天ふるさと納税」を活用してポイントももらおう!

ふるさと納税に興味を持ったあなたは「ふるさと納税」と検索をしてみて、いくつかのふるさと納税サイトがあることを知ると思います。

例えば、「さとふる」「ふるさとチョイス」「ふるさとプラス」などです。

いろいろと選択肢があると悩んでしまい、めんどくさくなって、辞めてしまう人も出てくるのではないでしょうか?

そこで、ふるさと納税を最もシンプルに活用する方法について考えました。

そこで選んだのが、

楽天ふるさと納税

です。

なぜ「楽天ふるさと納税」を選んだのかという理由については、日ごろから楽天を利用しているユーザーも多いということが重要です。

すでに会員登録をしている人はわざわざ会員登録する手間がかからず、ショッピングをする感覚でふるさと納税を行なうことができるというのは楽だと思います。

もう一つのメリットは、ポイントです。

楽天のポイントがついてきて、なおかつ楽天スーパーセールのようなときにふるさと納税ができればさらにポイントがもらえて、別の機会にポイントを活用することができるのです。

楽天のユーザーで、さらにカードをお持ちの方は、さらにポイントがたまります!

楽天ユーザーだったら、「楽天ふるさと納税」を使わない手がありません!

この仕組みについて教えてくれた人に、ただ唯一のデメリットとしていわれたことは、返礼品の種類が他のサイトに比べて少ないことでした。

ただ、種類があると選びづらく、あっというまに12月31日が来てしまい、ふるさと納税ができなかったという人も出てくることを考えれば、種類が少ないことは選びやすいとも言えますよね。

様々なサイトでお得なふるさと納税のやり方はないかどうか紹介していると思いますが、大事なことは実際に「ふるさと納税」を試してみること。

より詳しい内容を知りたい人は、総務省の「ふるさと納税ポータルサイトを見て勉強してみましょう!




■ふるさと納税のシンプルな流れ

■寄付を行なう

1.楽天会員登録を行う

2.ふるさと納税の控除が受けられる控除上限額をチェックする

【参考リンク】

3.控除上限額をもとに、応援したい地域・自治体、寄付金の用途、お礼の品のジャンルなどから選ぶ

4.寄付を行う(寄附を証明する書類(受領書)が発行される)

ここまではみなさん同じです。

控除を受けるにはこの後に控除手続きが必要になりますが、来年度分に間に合わせるには12月31日までにふるさと納税で寄付を行なうことがまずは重要になりますので、まずは寄付を行いましょう。

■手続きを行う

寄付を行なったら、次は手続きの段階に入ります。

ふるさと納税の流れは、手続きを簡素化できる「ふるさと納税ワンストップ特例」を申請する(できる)かどうかで違っていて、申請を行うためには条件があります。

「ふるさと納税ワンストップ特例」とは?

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」とは、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄附金控除を受けられる仕組みです。

ふるさと納税を行なうときに、ふるさと納税を行う自治体に特例の適用に関する申請書(各種書類を含む)を提出するだけです。

ふるさと納税ワンストップ特例の申請を行うためのポイントは2つ。

一つが、確定申告の不要な給与所得者等であること、もう一つが、ふるさと納税先の自治体数が5団体以内であることです。

【ふるさと納税ワンストップ特例の場合】

1.ふるさと納税ワンストップ特例の申請書を提出します。

それぞれの自治体によって、申込手続や申請書が異なることがあるので、ふるさと納税先の自治体にお問い合わせしましょう。

ふるさと納税ワンストップ特例の場合は、所得税からの控除は行われず、その分も含めた控除額の全額が、ふるさと納税を行なった翌年度の住民税の減額という形で控除されます。

【確定申告の場合】

ふるさと納税ワンストップ特例制度の対象ではない方、ふるさと納税ワンストップ特例を申請しない方は、控除を受けるために確定申告を行う必要があります。

1.ふるさと納税を行なった翌年の3月15日までに、住所地の所轄の税務署に確定申告を行います。

この際に、確定申告に必要な寄附を証明する書類(受領書)の添付が必要になりますので、大切に保管しておくことをお忘れなく!

確定申告を行うと、所得税と住民税が控除されます。

所得税は、ふるさと納税を行った年の所得税から控除され、住民税は、ふるさと納税を行った翌年度分の住民税が減額される形で控除されます。

【参考リンク】

■まとめ

ふるさと納税は自治体にとっても、あなた自身・家族・友人にとっても大変意義があり、お得な制度です。

この記事を読んだ後に、総務省の「ふるさと納税ポータルサイトを見て、実際にふるさと納税をやってみてくださいね!







【関連記事】