アスタキサンチンの健康効果(加齢黄斑変性・眼精疲労・メタボ)・食べ物

HomeHomeアスタキサンチン


アスタキサンチン

> HOME > 病気・症状 > アスタキサンチン

アスタキサンチンとは

アスタキサンチンは、鮭やイクラ、エビ、カニ、オキアミなどに多く含まれている天然の赤い色素です。

アスタキサンチンは、カロチノイドの中でも抗酸化力に優れているといわれています。

近年、アスタキサンチンに関する研究開発が進み、サプリメントやコスメなどに利用されており、注目を集めています。



【目次】



アスタキサンチンで加齢黄斑変性を抑制

アスタキサンチン、抗酸化作用や抗炎症作用で加齢黄斑変性を抑制によれば、アスタキサンチンを摂取することにより、滲出型の加齢黄斑変性で増殖する脈絡膜新生血管(CNV)の形成が抑制され,網膜の変性が抑えられることがわかったそうです。

これは、アスタキサンチンの抗酸化力により炎症が抑えられた結果ではないかと考えられるそうです。



アスタキサンチンでメタボ改善

様々なメタボ指標を改善するアスタキサンチンによれば、アスタキサンチンは血圧やHDLコレステロール値や血糖値中性脂肪値を正常な範囲に調整することが確認されているそうです。

また、アスタキサンチンにはHbA1c(ヘモグロビンA1c)とTNF-α(腫瘍壊死因子)を低下、アディポネクチンを増加させる作用があるそうです。

【関連記事】

サケのアスタキサンチンで血液を正常にしてメタボ改善




アスタキサンチンで眼精疲労抑制

アスタキサンチンで眼精疲労抑制・アンチエイジングによれば、天然の色素成分「アスタキサンチン」を摂取すると、眼精疲労が抑えられるというデータがあるそうです。

1日6mgのアスタキサンチンを2週間摂取してもらったグループと摂取しないグループに、1時間のVDT(Visual Display Terminal)作業をしてもらい、作業直後と、その後30分の休憩後の調節微動の指標を測定した。

その結果、アスタキサンチンを摂取したグループでは、調節微動の指標が低下したそうです。


アスタキサンチンでNASHの予防・抑制

「アスタキサンチン」に非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の予防・抑制作用があることを発見|金沢大学の研究グループによれば、金沢大学医薬保健研究域附属脳・肝インターフェースメディシン研究センターの太田嗣人准教授の研究グループは、「アスタキサンチン」がNASHの予防・抑制に有効であるということを明らかにしたそうです。


アスタキサンチン関連記事




アスタキサンチン

会社概要サイトマップお問い合わせ


アスタキサンチン関連ワード

糖尿病腎症

目の病気

加齢黄斑変性

ドライアイ

目の疲れ

眼精疲労

糖尿病

白内障

コレステロール

メタボリックシンドローム

生活習慣病

アンチエイジング

美肌


病気・症状

目のくま解消法

低体温

肝臓

肝臓の病気

脂肪肝

高血圧

低血圧

亜鉛不足チェック

更年期障害

腎臓

低体温


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康情報なら舶来堂