はちみつ(ハチミツ)健康効果・効能

HomeHome蜂蜜健康効果


はちみつ(ハチミツ)健康効果効能

> HOME > 病気・症状 > 蜂蜜健康効果

はちみつ(蜂蜜)の健康効果・効能

Honey

はちみつには、人間の健康維持に必要なミネラル・ビタミン(カリウム・カルシウム・銅・マンガン・ナトリウム・マグネシウム・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・葉酸など)がバランスよく含まれています。

豊富に含まれるビタミン・ミネラルやその殺菌力から、色々な効果が科学的に証明されています。

皮膚の保湿効果から蜂蜜を化粧品として利用していることもあります。ハチミツの抗菌性についても研究が進んでいます。

ニュージーランドでは、2000年から、虫歯予防に蜂蜜を使うようになっています。

さらに、最近では、マヌカはちみつと胃についての研究が進んでいます。



【目次】



はちみつの美容効果

はちみつは食用にするだけでなく、肌にも良い健康効果があるといわれています。

→ はちみつ美容法・はちみつ洗顔法 について詳しくはこちら



蜂蜜はご飯を炊く時に入れてみましょう。

健康のためにはちみつを毎日摂るのは難しいと考えている方が多いようですが、毎日習慣的にとる方法があります。

それは、ご飯を炊くときに入れる方法です。

このようにすることで、はちみつの栄養が摂れるばかりでなく、お米がおいしくなります。

その実感は、古米で試されるとわかると思いますよ。



はちみつミルクでグッスリ睡眠

はちみつミルクを飲むと、セロトニンが出てきて落ち着いて眠ることができます。

セロトニンはトリプトファンというアミノ酸を原料にしています。

トリプトファンを摂取する食材として代表的なのが牛乳です。

これに適度な糖分を加えるとより効果的です。

糖分はトリプトファンが吸収されるのを助けるからです。

牛乳にはちみつを加えてみてください。




蜂蜜の保存方法

直射日光の当たらない、暗く、温度の一定している場所に保存・保管してください。



結晶化の溶かし方

ハチミツがビンのなかで白く固まるのは、ブドウ糖が結晶化したものです。

容器ごと湯煎(水から徐々に加熱)にかけ、50℃くらいになると溶け始めます。

この際気をつけておくことは、60℃以上になると蜂蜜の熱に弱い成分が破壊される恐れがありますので、温度にはご注意下さい。




はちみつの健康・美容関連ニュース

ハチミツスクラブ&ハチミツ卵白パックの方法

モデル・有名人に大人気!「はちみつ」の効能・使い方!

「抜け毛が多い」は亜鉛不足?|はちみつで亜鉛不足解消できる?|ホンマでっかTV 4月16日


はちみつ健康効果

会社概要サイトマップお問い合わせ


はちみつ

はちみつ通販専門店

はちみつ洗顔法

蜂蜜健康効果

はちみつの種類

国産レンゲはちみつ

リンゴはちみつ

アカシアはちみつ

コムハニー

マヌカハニー


病気・症状

目の病気 症状

目のくま解消法

亜鉛不足チェック

肝臓

肝臓の病気

脂肪肝

コレステロール

更年期障害

タウリン

メタボリック

低体温

肥満

高血圧

胃が痛い(胃の病気)

年越しそばレシピ

不妊

低血圧

腎臓

ダイエット

便秘

大腸がん

すい臓がん

糖尿病


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康情報なら舶来堂