喫煙、高血圧、高コレステロールで寿命は10年程度短くなる、英研究報告


Shinagawa Station – Japan

by William Cho(画像:Creative Commons)




喫煙、高血圧、高コレステロールで寿命は10年程度短くなる、英研究報告

(2009/9/18、AFPBB)

喫煙、高血圧、高コレステロール――心臓病リスクを高めるこれらの要因を持つ中高年の男性は、そうでない人と比べて寿命が10年程度短くなる傾向があるという研究結果が、18日の英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(British Medical Journal、BMJ)」に掲載された。

今回の研究は、

英オックスフォード大学(Oxford University)の研究チームは約1万9000人の男性公務員を対象に調査を実施した。

そうで、最初の調査時に、喫煙・高血圧・高コレステロールの3つの要因を持っていた被験者は、そうでない人に比べて、心疾患の病気で死亡する確率が2~3倍高く、10年ほど寿命が短かったそうです。

喫煙・高血圧・高コレステロールが健康上のリスク要因であるので、元気で長生きしたい方は、ぜひ禁煙を行い、食事の改善を行いましょう。







Comments

comments

Powered by Facebook Comments

「喫煙、高血圧、高コレステロールで寿命は10年程度短くなる、英研究報告」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: 受動喫煙で血圧上昇―東北大 « 健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状
  2. ピンバック: 世界禁煙デー(5月31日) « 健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状
  3. ピンバック: 年齢より若く見える人は長生き? 見た目年齢と寿命の関係 « 健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状
  4. ピンバック: 握力が強いほど長生き? « 健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

コメントは停止中です。