【#主治医が見つかる診療所】閉塞隅角緑内障になると頭痛と吐き気の症状が現れることがある

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 緑内障 > 閉塞隅角緑内障になると頭痛と吐き気の症状が現れることがある|主治医が見つかる診療所




■閉塞隅角緑内障になると頭痛と吐き気の症状が現れることがある

Headache

by kishjar?(画像:Creative Commons)

2016年4月25日放送の主治医が見つかる診療所のテーマは「頭痛の裏に隠された危険な病気」です。

頭痛と吐き気を伴う病気として挙げられたのは「閉塞隅角緑内障」です。

→ 緑内障の症状・原因・眼圧・予防 について詳しくはこちら

眼圧は眼球内を満たしている「房水(ぼうすい)」という液体で、一定に保たれており、房水は、隅角(ぐうかく)という出口から眼球外に排出されています。

緑内障の発症メカニズムから大きく分けると、隅角が広いタイプの「開放隅角緑内障」と隅角が狭いタイプの「閉塞隅角緑内障」の2つのタイプに分けられます。

閉塞隅角緑内障は、房水の出口にあたる隅角が虹彩(こうさい:カメラでいう「絞り」の役割。虹彩の中央部には瞳孔があり、ここが大きくなったり小さくなったりして、目に入る光の量を調節する。)によって塞がれることによって、排出ができなくなり、房水がたまることで眼圧が上昇すると考えられます。

特徴としては、隅角が詰まってしまい、発作が起きてしまうことがあり、発作が起きると、目の痛み、頭痛、吐き気などの症状が起こり、我慢していると、失明してしまうことがあります。

緑内障で頭痛の症状が現れる理由としては、目と目の周囲には三叉神経と呼ばれる脳神経があり、この神経が障害されて痛みが生じると考えられます。

→ なぜ緑内障(閉塞隅角緑内障)になると目が痛くなるのか?|緑内障の症状 について詳しくはこちら

→ なぜ緑内障になると視野が狭くなる(視野が欠ける)のか?|緑内障の症状 について詳しくはこちら

→ 「目の奥が痛い!」どんな病気が原因になっているの? について詳しくはこちら







【関連記事】
続きを読む 【#主治医が見つかる診療所】閉塞隅角緑内障になると頭痛と吐き気の症状が現れることがある

白内障を防ぐための目のアフターケア対策には「ルテイン」を含むほうれん草!【ジョブチューン】【林修の今でしょ講座】

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 白内障 > ルテイン > 白内障を防ぐための目のアフターケア対策には「ルテイン」を含むほうれん草!|林修の今でしょ講座

2016年8月30日放送の「林修の今でしょ講座」では、夏の猛暑のダメージを受けた目に対するアフターケア方法について取り上げました。




【目次】

■目はむき出しの臓器

Sauteed Spinach

by Laurel F(画像:Creative Commons)

目は心臓などのそのほかの臓器と違って、光を取り入れて映像を見るためにむき出しになっており、そのため、紫外線のダメージを受けてしまいます。

紫外線のダメージを受けると白内障のリスクが高まってしまいます。

→ 白内障とは・白内障の症状・原因・予防・検査・治療・手術 について詳しくはこちら

目の構造と働き(視覚機能)・目の見える仕組みによれば、水晶体は、カメラでいうレンズの役割を果たし、厚くなったり薄くなったりしてピントを合わせています。

その水晶体は紫外線を約99%吸収しているのですが、紫外線を吸収することによって、水晶体が白く濁ってしまい、そのことが白内障の原因になっているのだそうです。

50歳で5割、60歳で7割、70歳で9割が白内障を発症するそうです。




【補足】白内障の症状

白内障の症状は、目の中の水晶体が白く濁ります。

濁り方のタイプによって症状が違ってきますが、目のかすみと視力低下が代表的な症状です。

そのことにより、視力が低下します。

白内障の症状としては、次のような症状があります。

  • 目のかすみ(霧がかかったように目がかすむ)
  • 光をまぶしく感じる
  • 視力が低下する(小さな文字が読みにくい)
  • 急にめがねが合わなくなる。水晶体が硬くなっているため、メガネが毎年あわなくなるという症状が現れることもある。

このような症状があらわれたら、一度眼科で診てもらいましょう。

→ 白内障とは・白内障の症状・原因・予防・検査・治療・手術 について詳しくはこちら

【関連記事】




■白内障を防ぐための目のアフターケア対策のポイントは「ルテイン」!

ルテインは水晶体の紫外線によるダメージを減らし、白内障のリスクを下げることが期待できるそうです。

→ ルテインの健康効果 について詳しくはこちら

ルテインを多く含む食べ物の代表は「ほうれん草」!

【ルテインが多い食材】(可食部100gあたり)

ほうれん草 約12.2mg

グリンピース 約2.4mg

ブロッコリー 約1.4mg

ほうれん草はブロッコリーの約10倍以上、グリーンピースの約5倍以上のルテインが含まれているそうです。

ルテインは脂溶性であるため、油を使った料理の方が吸収しやすいそうです。

「ほうれん草のナムル」や「ほうれん草のバターコーン」などがオススメなのだそうです。

また、2018年8月11日放送の「ジョブチューン」では白内障予防にルテインが効果的で、ほうれん草をおススメ食材として紹介しました。

カシス・ルテイン・ブルーベリー専門店

【最大20%OFF!】定番の人気ルテインサプリが、今ならお得な初回購入者価格・スーパーセール中!

【補足】【加齢黄斑変性予防!奥薗レシピ】ほうれん草のナムルの作り方|みんなの家庭の医学

ほうれん草はルテイン・ビタミンC・ビタミンEを摂取できる野菜で、これに亜鉛の豊富な高野豆腐を入れるレシピです。

【材料(3食分)】

  • ほうれん草 1束(250g)
  • 高野豆腐 3枚
  • 豚肩ロース薄切り 150g
  • 長ネギ 1本(100g)
  • しょうが 1かけ
  • ゴマ油 大さじ1から2
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 塩 小さじ1/4
  •  塩 お好みで
  • しょうゆ 大さじ1
  •  しょうゆ 小さじ1
  • いりごま 大さじ2
  • 小麦粉 大さじ2
  • 水 50cc
  • ラー油 お好みで
  • 片栗粉 小さじ1

【作り方】

  1. ほうれん草1束を蒸しゆでにする。
  2. ゆでたら、水で粗熱をとり、一口サイズの適度な長さに切って、水けを絞る。
  3. ボウルに入れたほうれん草に塩(小さじ1/4)、ゴマ油(大さじ1)を入れる。
  4. 高野豆腐(3枚)を水で戻し、細切りにする。
  5. 高野豆腐に小麦粉をまぶします。
  6. 長ネギ(一本)を斜めに細切りします。
  7. 豚肩ロース薄切り(150g)を細切りにして、片栗粉(小さじ1)・しょうゆ(小さじ1)で揉みこんでいきます。
  8. オリーブオイル(大さじ1)で豚肉を炒め、火が通ったら、高野豆腐を加え、焦げ目がつくまで炒めます。
  9. 火を止めて、水(50cc)・しょうゆ(大さじ1)・すりおろしたしょうが(1かけ)を加えて、全体にからめ、ネギを入れて、余熱でさっと炒めます。
  10. ボウルでほうれん草と混ぜて、塩・ラー油をお好みでかけて、香りづけにゴマ油(大さじ1)を加え、いりごま(大さじ2)を入れて、出来上がり!

ルテインサプリメント機能性表示食品「青い瞳」

【スーパーセール】ルテインサプリメント機能性表示食品「青い瞳」【初回購入者価格】 

通常価格9,180円(税込み)を初回購入者価格7,980円(税込み)で販売いたします!







【加齢黄斑変性予防!】かぶの葉ふりかけレシピ・作り方/かぶのサラダ/卵焼き|How to Make Turnip Leaves Furikake

【加齢黄斑変性予防!奥薗レシピ】かぶの葉ふりかけの作り方・材料・手順|卵焼き|チヂミ|カブのサラダ|#たけしの家庭の医学

【関連記事】
続きを読む 白内障を防ぐための目のアフターケア対策には「ルテイン」を含むほうれん草!【ジョブチューン】【林修の今でしょ講座】

大桃美代子さんと白内障・緑内障

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 緑内障 > 大桃美代子さんと白内障・緑内障




【目次】

■【名医のTHE太鼓判】小倉優子さんに緑内障(視野が欠ける)の疑い「気づかなければ失明もあり得た」

Cataract

by National Eye Institute(画像:Creative Commons)

[タレント 大桃美代子さん]白内障・緑内障(1)かゆみ 目やに?眼科へ(2019/12/21、読売新聞)

[タレント 大桃美代子さん]白内障・緑内障(2)人工眼内レンズでくっきり(2019/12/28、読売新聞)

[タレント 大桃美代子さん]白内障・緑内障(3)ヨガで気持ち前向きに(2020/1/4、読売新聞)

大桃美代子さんは目のかゆみをきっかけに眼科を受診したところ、白内障と緑内障と診断され、3,4か月に1度眼科に通うようになり、1年ほどしてから、白濁した右目の水晶体を人工の眼内レンズに取り換える手術を受けたそうです。

そのころにセカンドオピニオンで緑内障を診てもらったところ、落ち着いているといわれて点眼薬をやめたそうです。

この記事から学べることは2つ。

定期的に眼科を受診することが目の病気の早期発見・予防につながるということ。

そして、医師によって病気の判断が異なるということ。

ただ、大桃さんは、緑内障の薬は目の周りに色素沈着の副作用が出ることがあるというので気になっていたということで、緑内障の薬をやめることを薦める医師の意見を選んだとも考えられるので、判断は難しいところ。

現在大桃さんは厚生労働省でも推奨されている野菜は1日350gの摂取を心掛けたり、何年も青汁を継続して飲んでいたり、医師より失明の原因になる加齢黄斑変性症の予防にもなると勧められた、サプリメントのルテインも摂るようにしているそうです。

私たちも、大桃さんのように目の病気早期発見するために、定期的に眼科で検査を受けたり、栄養バランスを見直すようにしたいですね。

→ 緑内障チェック・見え方テスト について詳しくはこちら

→ 緑内障とは|緑内障の症状・原因・予防・チェック について詳しくはこちら




■緑内障の予防・検査

緑内障は、早期発見が大事ですので、眼科での定期的な検査(緑内障ドック)が一番の予防法といえます。

緑内障は、眼圧測定だけではわからないため、眼底検査、視野検査などが必要です。

また、緑内障は、ぶつかって眼圧が上昇する場合や生まれつき(隅角が未発達)でない場合には、生活習慣(糖分の摂りすぎ、血液がドロドロ、眼精疲労、ストレス、運動不足など)と何らかの関係があるのではないかと考えられています。

緑内障の治療・予防には、栄養補助食品(ルテイン・カシス等)や生活習慣の見直しなどによる日頃からのケアが重要です。

緑内障の予防(食事・サプリメント) についてさらに詳しくはこちら

ルテインの健康効果 について詳しくはこちら

カシス・ルテイン・ブルーベリー専門店

カシス・ルテイン・ブルーベリーサプリが、今なら最大20%引きの初回購入者価格・スーパーセール中!

カシスの健康効果 について詳しくはこちら

→カシスサプリ選びに悩むあなたに
→カシスサプリ通販専門店

カシス・ルテイン・ブルーベリー専門店

今なら最大20%引きのお得な初回購入者価格・まとめ買いセール特価で購入できます!




【関連記事】
続きを読む 大桃美代子さんと白内障・緑内障

なぜ白内障になると、光が眩しいという症状が現れるのか?

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 白内障 > 光がまぶしい・目がまぶしい > なぜ白内障になると、光がまぶしいという症状が現れるのか?

「光がまぶしい」

そんな目の症状で悩んでいませんか?

もしかすると「白内障」かもしれません。

なぜ白内障になると、光がまぶしいという症状が現れるのでしょうか?

【目次】




■なぜ白内障になると、光がまぶしいという症状が現れるのか?

Getting Old

by Conan(画像:Creative Commons)

水晶体は、眼の中でカメラのレンズの役割を果たしている部分で、本来透明で光をよく通します。

水晶体は、主にたんぱく質と水分からなっているのですが、年齢とともにたんぱく質が変性するなどして白く濁ってきます。

水晶体がまだらに濁るタイプでは、目に入ってきた光がうまく屈折しなくなったり、光を反射してまぶしい、外に出ると目を開けていられないという症状が出る人がいます。

→ 白内障の症状・原因・治療・予防 について詳しくはこちら

→ 光がまぶしい・目がまぶしい について詳しくはこちら




■白内障の治療・予防

点眼による治療

白内障は老化現象ともいえますので、手術するほどでない場合には、点眼薬や内服薬が用いて白内障の進行を遅らせるという方法をとります。

この際に、眼の栄養補助食品としてルテインを利用する人もいます。

→ルテインについては詳しくこちら

カシス・ルテイン・ブルーベリー専門店

【最大20%OFF!】定番の人気ルテインサプリが、今ならお得な初回購入者価格・スーパーセール中!

手術による治療

白内障の症状が進み、日常生活に支障がある場合は手術が行われます。

●問診で聞かれるポイント

  • いつごろから見えづらいのか。
  • 見えづらくなる前の矯正視力
  • 他の病気(糖尿病・高血圧・その他の目の病気)
  • どんな薬を飲んでいるか(抗凝固剤・前立腺肥大症の治療薬)

●白内障の手術

白内障の手術は著しく進歩し、かなり安全性が高く、患者さんの負担も少なくなってきています。

優れた眼科医師の中では、驚くほどの短時間で手術を行なうことが出来る方もいます。

白内障で生活に支障が出るほどになると、眼内レンズをはめ込む手術を行います。

手術時間は15分ほどで、日帰りでの手術も可能な病院があります。

ただ、高血圧高血糖などがある場合は、入院が必要になってくるそうです。

この点は医師としっかり相談してください。

●白内障の手術後のケア・合併症

ただし、白内障の手術後は、どんなに手術が進歩したとはいえ、眼球に手術によるストレスがかかっている場合もあり、術後の合併症(嚢胞様黄斑浮腫など)になる可能性もあります。

自己判断で、術後の定期検診をおろそかにしないように気をつけましょう。

●白内障を自覚した場合は、まずは眼科での受診をオススメします。

眼科の医師と白内障の治療方針について良く相談の上、治療をして下さい。

自分ひとりで白内障について悩み、長く悩んでしまったために白内障の症状が進行するよりも、まずは眼科の医師に相談することをオススメします。

白内障の治療法について納得のいく説明が得られなかった場合には、他の眼科の医師にそのことを尋ねてみるのも一つの方法です。

白内障の予防

白内障の予防には、眼の老化を遅らせるためにも抗酸化作用の強いポリフェノール(ブルーベリーカシス)やルテイン、ビタミンC、ビタミンEなどを積極的に摂って、白内障を予防しましょう。

また、白内障は光(紫外線)などの影響が原因とも言われておりますので、目が健康な時期からの紫外線対策・白内障予防としてサングラスをかけることをオススメします。

→ カシス(アントシアニン)の健康効果 について詳しくはこちら

→ ブルーベリー(アントシアニン)の健康効果 について詳しくはこちら

→ ルテインの健康効果 について詳しくはこちら

→カシスサプリ選びに悩むあなたに
→カシスサプリ通販専門店

カシス・ルテイン・ブルーベリー専門店

今なら最大20%引きのお得な初回購入者価格・まとめ買いセール特価で購入できます!

→ 白内障の症状・原因・治療・予防 について詳しくはこちら




ただ、光がまぶしいという症状は、白内障だけでなく、ドライアイなどが原因で起こることもあるので、注意が必要です。

→ ドライアイとは|ドライアイ(目が乾く)の症状・原因・治療 について詳しくはこちら

→ 光がまぶしい・目がまぶしい について詳しくはこちら




メガネや帽子で紫外線対策をして目の病気(白内障・翼状片・瞼裂斑)を予防しましょう!

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 紫外線と目の病気 > メガネや帽子で紫外線対策をして目の病気(白内障・翼状片・瞼裂斑)を予防しましょう!




■メガネや帽子で紫外線対策をして目の病気(白内障・翼状片・瞼裂斑)を予防しましょう!

Neuchâtel #3

by ClearFrost(画像:Creative Commons)

これからの季節は紫外線が気になる季節。

でもお肌のケアばかりしていませんか?

実は、紫外線は目の病気を引き起こす原因ともなっているんです。

そのままじゃ白内障になるかも!これからの季節、紫外線対策は必須

(2012/4/4、マイナビニュース)

目の水晶体は、紫外線を吸収すると酸化凝集して水晶体が濁るため、網膜まで光が届かなくなる。その結果白内障を引き起こし視力が低下していく。進行すると失明に至ることもある。

このほか、白目が黒目に食い込んで視力を低下させる「翼状片(よくじょうへん)」といった、目の慢性病の原因にもなる。

紫外線が引き起こす目の病気としては、白内障や翼状片が挙げられます。

→ 白内障 について詳しくはこちら

→ 翼状片 について詳しくはこちら

紫外線による目の病気から予防するためにもしっかりとした対策が必要です。

環境省の「紫外線健康保険マニュアル2008」によると、紫外線の悪影響から目を守るためには帽子とサングラスの着用が有効だ。

帽子を着用すると紫外線を浴びる量を20%減少させることができる。さらに紫外線(UV)カット機能のある眼鏡やサングラスの着用で、90%減少する。

紫外線カットのサングラスを選ぶときの目安として、まずUVカットの表示がされている製品を選ぶことが第一だ。次に、色の濃くないものを選ぶことも大切。色の濃いサングラスを使うと瞳孔が開くので、目に紫外線を、より多く取り込むことになり、逆効果になりかねない。

また紫外線は正面からだけでなく、地面などに反射して下や横からも目に入ってくるので、顔の形にフィットしたサングラスを選ぶことも大切なポイントだ。

紫外線対策としては、帽子とサングラスが有効です。

紫外線対策のサングラスの選び方としては、

●UVカット処理されているレンズを選ぶ。

●薄い色のサングラスを選ぶ。

暗い色のレンズだと瞳孔が開いた状態になるため、サングラスと顔の隙間から入ってきた紫外線が目に入ってきやすくなるためです。

●サイズは大きめで、顔の側面まで覆うサングラスを選ぶ。

がポイントです。







続きを読む メガネや帽子で紫外線対策をして目の病気(白内障・翼状片・瞼裂斑)を予防しましょう!

健康美容ブログ「HAKUR」は、女性が知りたい!ダイエット(筋トレ)・スキンケア・料理・恋愛・お金・介護・ライフスタイルに関する情報をまとめています。