ブラジャーを購入する際には、サイズだけで選ばず、フィッティングをして、自分の胸をきれいに保ちましょう!

Paradise Cove, Malibu, Ca.

by micadew(画像:Creative Commons)




■試着をすることで正しいサイズを知った経験がいる人が8割!

なぜ日本でAカップ激減・Eカップ急増しているのか?その理由とは?

「じつは、ずいぶん前に採寸してCカップだったから、今でもCカップのブラジャーを買い続けているという方が多いんです。バストのサイズは年々細かく変化するもの。店頭できちんと採寸すると、実はDカップ、Eカップだったというケースもあるのでは」

大手下着メーカー、トリンプ・インターナショナル・ジャパン マーケティング本部・岩橋朝子さんのコメントによれば、バストのサイズは年々変化するものなのですが、以前に採寸したサイズのまま、ブラジャーを買い続けている人が多いそうです。

Q81. 最近ブラサイズを測ったのはいつ?で紹介されている2015年3月1日-3月31日に3833人に行なったワコールによるアンケート調査によれば、「3年以内」14%(520人)、「それ以前」18%(676人)、「測ったことがない」16%(609人)とバストのサイズの変化に対する関心が低い人が約50%いることがわかっています。

~ブラジャーのサイズと試着に関するアンケート調査結果~ブラジャーを試着した女性の8割以上が、“店頭で試着をして正しいサイズを知った経験がある”と回答 正しいフィッティングで美しいバストメイクを!で紹介されているトリンプのアンケート調査(2013年11月実施)によれば、自分のブラジャーサイズを「きちんと知っている」「多分知っていると思う」を含めると8割以上が把握していると回答していますが、試着した人に「自分が思っていたサイズと異なっていた経験がありますか?」とう質問に対しては8割以上が「はい」と回答しています。

つまり、自身のブラジャーのサイズを知っていたつもりで、実はその認識は間違っていて、試着をすることで正しいサイズを知った経験がいる人が8割もいたということです。




■ホールド力のない下着を身につけるとバストの下垂を早める原因に!

~ブラジャーのサイズと試着に関するアンケート調査結果~ブラジャーを試着した女性の8割以上が、“店頭で試着をして正しいサイズを知った経験がある”と回答 正しいフィッティングで美しいバストメイクを!|トリンプ

“動くと肩ヒモが落ちてくる” “腕を上げるとアンダーがずれ上がる”など、ブラジャー着用時の悩みは、サイズが合っていないことや、正しく着用できていないことが原因になっている場合もあります。

サイズが合っていないブラジャーをつけることは、体にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

ノーブラ状態で過ごすと「おっぱいが大きくなる」事実

(2011/9/23、Gow!Magazine)

大手下着メーカー、ワコールの調査結果です。

「バストが長期にわたって揺れる状態、つまりホールド力のない下着や自分の体に合っていない下着を身に着けていると、クーパー靭帯が伸びてしまい、バストの下垂を早める原因となってしまう」

恐ろしいことに、クーパー靭帯は一度伸びてしまうと元に戻らないため、それを防ぐためにはやはり「自分のからだに合った」ブラジャーを着用することが重要と提唱しています。

自分の体に合っていないブラジャーをつけていると、クーパー靭帯が伸びてしまい、バストの下垂を早める原因となってしまうそうです。

■まとめ

【シンデレラフィッティングを体験!タクシー】乗車レポート by CampusLabo|ワコール

トリンプ Find The One 出張フィッティング vol2

フィッティングをしない理由としては、「面倒くさい」や「恥ずかしい」というものがあると思いますが、バストに合っていないブラジャーをつけるということはバストの下垂やバスト崩れの原因にもなる恐れがありますので、バストを美しく保つためにも、ブラジャーを購入する際にフィッティングをするようにしてくださいね。

胸が垂れてしまう!「オバさんバスト」になるNG習慣とは?で紹介したニューヨーク発のランジェリーショップ『ブラデリスニューヨーク』のカリスマフィッターさんによる美しい胸をキープするための方法によれば、日常生活の中で、必ずブラジャーの位置はずれてくるので、トイレに行くタイミングでブラジャーの位置を直すといいというアドバイスをしていました。







【関連記事】

#高橋真麻 さん、小学生で「脂肪肝」|中学3年の時に医師からやせるように警告|#スッキリ

Eating at the garden

by Pedro Ribeiro Simões(画像:Creative Commons)

> 病気・症状 > 肝臓 > 肝臓の病気 > NAFLD > NASH > 脂肪肝 > #高橋真麻 さん、小学生で「脂肪肝」|中学3年の時に医師からやせるように警告|#スッキリ




■高橋真麻さん、小学生で「脂肪肝」|中学3年の時に医師からやせるように警告|#スッキリ

高橋真麻、小学生で「脂肪肝」 医者から警告「このままじゃ危険」

(2017/7/24、デイリースポーツ)

「これはまだ出せる範囲で。小学校6年生で60キロぐらい。その後ドンドン太って中学3年で75キロ、ウエスト90センチまでいきました」と振り返った。

「中学3年の時に、お医者様から痩せて下さいと。このままだと危険ですと(言われた)。小学校から脂肪肝だったので」と、医者からの警告でやせることを決心したという。

2017年7月24日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)で高橋真麻さんは小学生のころから脂肪肝だったことをコメントしたそうです。

→ 脂肪肝とは|脂肪肝の症状・原因・治し方 について詳しくはこちら

こうした話を聞くと、やはり脂肪肝というのはアルコールだけが原因というわけではなくて、食べ過ぎや運動不足が原因となるということがわかりますよね。

→ NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)の症状・食事・改善方法 について詳しくはこちら

【関連記事】




■小学生の生活習慣病リスクが高い例

これまでにも小学生の健康診断に関するニュースをいくつか取り上げていて、小学生のうちから肥満傾向や生活習慣病の発症リスクが高い子供もいることがわかっています。

小学生も生活習慣病を予防する健康診断を受診|小学生の25%が肥満傾向、中学生の約30%が尿酸値が高く、やせ気味|北海道奈井江町(2009/10/27)によれば、北海道の奈井江町では、小学生も生活習慣病予防のための健康診断を行なっているそうで、小学生の25%が肥満傾向にあり、中学生の約30%が尿酸値が高く、やせ気味だということがわかったそうです。

また、聞き取りからは「夜更かしや運動不足の傾向があり、野菜の取り方が少ない」こともわかったそうです。

キッズ健診を受診した小学生の7割が将来動脈硬化や糖尿病などを発症するリスクがある|釧路市(2017/3/2)によれば、釧路市が小学5、6年生を対象に行なった健康診断の結果によれば、受診した7割が将来動脈硬化糖尿病などの生活習慣病を発症するリスクがあると判定されたそうです。

動脈硬化のリスク要因といわれるLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が標準値を超えていた割合が16.9%、HbA1cが基準値を超えていた割合が19.5%だったそうです。

香川県の小4の血液検査で1割の子どもが肝機能、脂質、血糖値の異常値を示す(2015/8/4)によれば、小学4年生を対象に、香川県が2014年に行なった血液検査で、肝機能、脂質、血糖値の異常値を示した子どもの割合が、それぞれ1割に上ることがわかったそうです。

総コレステロールや、中性脂肪などの脂質が異常値となった子どもは男子10・2%、女子11・5%。高血糖状態が続いていることを示す「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)」の高値は、男子12%、女子10・9%だったそうです。

また、香川県の調査によれば、検査値が異常だった子どもは、食べ過ぎ、早食い、ゲーム時間が長い、運動不足といった生活習慣が多かったそうです。

■子どもの食事の変化が関係している?

参考画像:水産物の消費動向|水産庁(スクリーンショット)

1975年型食事が健康によい!?(都築毅)|#世界一受けたい授業によれば、2005年の食事は、コメが少なく、肉類、油脂類が多く、丼ものやパスタなどの単品メニューが目立ってきているそうです。

働く母親が子どもの夕食の主菜に魚料理を調理するのは9.3%|子供に魚を食べさせたほうが良い理由とはによれば、働く母親が子どもの夕食の主菜に魚料理を調理するのは9.3%だったそうです。

オメガ3の美肌効果|オメガ3を摂取するとなぜ美肌になるのか?で紹介した麻布大学の守口徹教授によれば、オメガ3は青魚などの魚から摂るのが一番効率よいそうですが、水産庁による国民一人当たりの魚介類と肉類の摂取量推移によれば、平成18年には初めて肉類の摂取量が魚介類を上回り、21年には肉類と魚介類の摂取量が上回り、その差が拡大しているそうです。

つまり、昔から比べると、魚介類から肉類を摂取する機会が増え、また、単品メニューが増えていることがわかります。

また、その他にも、ファストフードの食べ過ぎや清涼飲料水の飲みすぎ、運動不足なども肥満の原因と考えられます。

【関連記事】

■まとめ

肥満の子供は脂肪肝になりやすく、肝硬変リスクも高い|大阪市立大によれば、大阪市立大のチームは、肥満の子供は脂肪肝になりやすいだけでなく、肝硬変になるリスクも高いことを発表しています。

また、子どもの食事とIQに関連性、健康志向の食事で有意に高くというニュースであったり、子どもの肥満は55歳になる前に死亡するリスクが高まるというニュースもありますので、お子さんが肝硬変にならないためにも、食事内容を含めた食習慣の改善、運動する機会を増やして、生活習慣病を予防してほしいですね。

→ 脂肪肝とは|脂肪肝の症状・原因・治し方 について詳しくはこちら







 border= 肝臓関連ワード

肝臓とは|肝臓の機能・働き・位置(場所)

肝臓の病気|肝臓病の初期症状・種類・原因

脂肪肝とは|脂肪肝の症状・原因・治し方

肝炎とは|肝炎(B型・C型・アルコール性)の症状・原因・チェック

NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)の症状・食事・改善方法

NAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)とは・症状・原因

肝硬変とは|肝硬変の症状・原因・食事

肝臓がん|肝臓がんの症状(初期・末期)

肝機能障害の症状・原因・食事・肝機能の数値

肝臓の数値・検査値|ALT(GPT)・AST(GOT)・γ-GTP

ALT(GPT)の基準値|ALTが高い原因

AST(GOT)の基準値|ASTが高い原因

γ-GTPの基準値|γ-GTPが高い原因

肝臓に良い食べ物|肝臓と食事

脂肪肝の改善方法(食事・運動・サプリ)

肝臓がん予防によい食事・食べ物

コレステロールとは|コレステロール値を下げる食品・食事

中性脂肪とは・数値(正常値)・高い原因・下げる(減らす)

亜鉛を含む食べ物・食品|亜鉛不足チェック・摂取量

タウリンとは|タウリンの効果・効能|タウリンの多い食品・食べ物

<脳卒中>夏こそ注意 体内の水分量減少で血栓ができ脳梗塞の恐れ

Drink More Water - 3/365 - 3 January 2009

by John Flinchbaugh(画像:Creative Commons)

> 病気・症状 > 脳卒中 > 脳梗塞 > <脳卒中>夏こそ注意 体内の水分量減少で血栓ができ脳梗塞の恐れ




■<脳卒中>夏こそ注意 体内の水分量減少で脳梗塞の恐れ

脳卒中:夏こそ注意 体内の水分量減少で脳梗塞の恐れ

(2009/8/7、毎日新聞)

寒い冬に発症すると思われがちな脳卒中だが、意外にも夏に発症する例は多い。

特に脳の動脈が詰まることで発症する脳梗塞(こうそく)が要注意だ。

大量の汗をかくことなどで体内の水分量が減少し、血液の粘度が増すことが原因と考えられ、水分補給の大切さなど専門医らは注意を呼びかけている。

脳卒中は、夏こそ注意が必要なようです。

大量の汗をかくことにより、体内の水分量が減少して、脳梗塞が起こる恐れがあるそうです。

脳卒中は、脳梗塞および▽脳内の細い血管が破れる脳出血▽脳内の太い血管のこぶが破裂して起こるくも膜下出血--の3種類に大別される。

国内の脳卒中死亡は、かつて脳出血が大半を占めたが、近年、脳梗塞が主流を占めるようになった。

厚生労働省の人口動態統計によると、1960年の調査では脳出血が約77%、脳梗塞は約13%だったが、05年の統計では、脳出血が約25%に対し、脳梗塞が約60%と逆転した。

栄養の改善や薬の進歩によって、脳出血が減少傾向にあるのに対して、血管が詰まる脳梗塞対策は進んでいないようです。

高齢者は、のどの渇きに対する感覚が鈍り、実際は、体内の水分量が少なくなっているにもかかわらず、水分補給ができていないことが多いようです。

そのために、血液の粘度が上昇し、血栓ができやすくなり、脳梗塞になっていると考えられます。

周りに高齢者がいらっしゃる方は、水分補給をこまめにとるようにアドバイスしてあげてくださいね。

■脳卒中予防10カ条

最後に、この記事で紹介されている脳卒中予防10カ条を紹介したいと思います。

 ■脳卒中予防10カ条(日本脳卒中協会作成)

 1、手始めに 高血圧から 治しましょう

 2、糖尿病 放っておいたら 悔い残る

 3、不整脈 見つかり次第 すぐ受診

 4、予防には タバコをやめる 意志を持て

 5、アルコール 控えめは薬 過ぎれば毒

 6、高すぎる コレステロールも 見逃すな

 7、お食事の 塩分・脂肪 控えめに

 8、体力に 合った運動 続けよう

 9、万病の 引き金になる 太りすぎ

10、脳卒中 起きたらすぐに 病院へ

→ 脳卒中の症状・前兆・原因・予防 について詳しくはこちら







血液1滴(採血1回)で13種類のがんを早期発見する検査法を開発 3年以内をめどに事業化申請|国立がん研究センターなど

Checking Blood Sample

by National Eye Institute(画像:Creative Commons)




■血液1滴(採血1回)で13種類のがんを早期発見する検査法を開発 3年以内をめどに事業化申請|国立がん研究センターなど(2017/7/24)

血液1滴、がん13種早期発見…3年めど事業化

(2017/7/24、読売新聞)

同センターや検査技術を持つ東レなどは、がん患者ら約4万人の保存血液から、乳房や肺、胃、大腸、食道、肝臓、膵臓(すいぞう)など13種類のがんで、それぞれ固有のマイクロRNAを特定した。血液1滴で、がんの「病期(ステージ)」が比較的早い「1期」を含め、すべてのがんで95%以上の確率で診断できた。乳がんは97%だった。

国立がん研究センターなどは、血液1滴で13種類のがんを早期発見する検査法を開発し、8月から臨床研究を始め、早ければ3年以内に国に事業化の申請を行うそうです。

■採血1回で13種のがんが診断できるようになる!?(2014/8/22)

国立がんセンター、採血1回で13種のがん診断 企業と開発へ

(2014/8/18、日本経済新聞)

国立がん研究センターや東レ、東芝などは18日、13種類のがんを1回の採血で発見するシステムの開発を始めると発表した。「マイクロRNA」と呼ぶ微小物質を目印にする。人間ドックや健康診断などでがんが進行していない段階で見つけ、早期治療につなげたい考えだ。

一回の採血で13種類のがんを発見するシステムの開発が行われるそうです。

対象となるのは、胃がんや食道がん、肺がん、肝臓がん、胆道がん、膵臓がん大腸がん、卵巣がん、前立腺がん、膀胱がん、乳がん、肉腫、神経膠腫の13種類のがん。

このシステムが確立されれば、人間ドックや健康診断で早期発見・早期治療ができ、将来的には、日本人の死因第一位ががんではなくなるかもしれません。

ところで、どのようにして一回の採血で13種類のがんを発見することができるのでしょうか?

1回の採血で13種のがんを発見するシステム開発へ – NEDOやNCC、東レなど

(2014/8/21、マイナビニュース)

がん早期発見マーカーの鍵となる「マイクロRNA」とは、血液や唾液、尿などの体液に含まれる22塩基程度の小さなRNAで、近年の研究から「がんなどの疾患にともない、患者の血液中でマイクロRNAの種類や量が変動すること」が報告されているほか、抗がん剤に対する感受性の変化や転移、がんの消失など病態の変化に相関することも知られているため、新たな疾患マーカーとして活用が期待されているという。

がんによって、患者の血液中のマイクロRNAの種類や量が変動することがわかっており、それを目印として活用するそうです。

【関連記事







ラベンダーやパクチーに含まれる精油成分「リナロール」に放射線防護効果があることを解明|岡山大学

Lavender & Bee

by Sonny Abesamis(画像:Creative Commons)




■ラベンダーやパクチーに含まれる精油成分「リナロール」に放射線防護効果があることを解明|岡山大学

ラベンダーやパクチーに含まれる精油成分に放射線防護効果があることを解明

(2017/6/22、岡山大学プレスリリース)

小野教授らの研究グループは、精油成分の中で代表的な 3 種類のモノテルペノイド(チモール、リナロール、メントール)について放射線防護効果を調べ、リナロールに放射線防護効果があることを明らかにしました。

岡山大学の小野俊朗教授、花房直志准教授らの研究グループによれば、ラベンダーやパクチー、ローズウッドなどに含まれる精油成分「リナロール」に放射線防護効果があることがわかったそうです。

●パクチー(コリアンダー:Coriander)

Coriander

by Phelyan Sanjoin(画像:Creative Commons)

放射線防護剤はがん患者などへの放射線治療による過剰な被ばくを防ぐためなどに使用されていますが、ヒトに用いられている放射性防護剤には吐き気、アレルギー、血圧上昇などの副作用があるため、安全に使用できる放射線防護剤が求められています。

リナロールはラベンダーやパクチーに含まれている精油成分に含まれているため、安全であると考えられますので、今後精油成分を用いた安全な放射線防護剤の開発が進むことが期待されます。







健康美容ニュースブログ「HAKUR」では、ダイエット・病気・恋愛・結婚に関する情報をまとめています。