DHA・EPA|DHA・EPAの効果・効能・食品・摂取量

HomeHomeDHA・EPA


DHA・EPA|DHA・EPAの効果・効能・食品・摂取量

> HOME > 病気・症状 > DHA・EPA

Maguro-don / まぐろ丼

by Kanko (画像:Creative Commons)


【目次】



DHAとは

DHAとは、ドコサヘキサエン酸の略称で、ヒトの体内では作ることのできない栄養素です。


DHAは、オメガ3系列の多価不飽和脂肪酸で、特にマグロなどの青魚の頭部に多く含まれています。




EPAとは

EPAとは、エイコサペンタエン酸の略称で、ヒトの体内では作ることのできない栄養素です。


EPAは、オメガ3脂肪酸で、特に青魚に多く含まれています。





DHA・EPAの効果

DHAの効果

DHAには、次のような改善効果が確認されているそうです。


また、DHAやEPAは、加齢黄斑変性の引き金となる脂質異常症高脂血症)や動脈硬化を予防し、動物実験ではEPAの摂取で加齢黄斑変性が抑制されたそうです。


老眼白内障などにも効果が期待できるようです。


DHAは血液の粘度を下げ、血液の流れを良くし(血液中の脂質濃度を下げる働き)、目の網膜や脳の働きを活性化する健康効果があるといわれています。

DHAとEPAは、DHAを摂取すると脳の細胞膜が柔らかくなり、脳が活性化(記憶力や観察力の機能もアップ)します!


脳の細胞を形作るのは細胞膜で、特にDHAは情報伝達機能を受け持つシナプス膜(神経終末)を作る材料になっており、シナプス膜にDHAが多いほど膜は柔らかくなります。

したがって、DHAはシナプスの先端で情報を伝達する重要な役割を担っているのです。

また、DHAはミトコンドリアというエネルギーを作り出す部分の成分にもなります。


ですから、DHAが十分にあれば、脳は活発に働き、記憶能力や学習能力も増加します。

これが、注目されているDHAの健脳作用です。


ところが、DHAは年とともに減少し、不足すると、脳の活性化が失われて、老人性痴呆症(以前はボケともいわれていました)につながるおそれがあります。


脳血管障害による痴呆症はEPAやDHAの不足で血流が滞り、血栓ができやすくなって起こるのです。

やはり、DHA不足が深く関連しています。


また、DHAは美肌効果があるともいわれています。


<肝臓がん>青魚やウナギでリスクが約4割低下する!?|国立がん研究センターによれば、青魚やうなぎをよく食べる人は肝臓がんになるリスクが約4割低下するそうです。

魚油に含まれるDHAなどの不飽和脂肪酸を多く取っているグループほどリスクが低下していたそうです。

国立がん研究センターの研究員のコメントによれば、DHAなどの不飽和脂肪酸には抗炎症作用があり、肝炎が肝臓がんに移行するのを抑えているということが考えられるそうです。

肝がんの原因となるC型肝炎やB型肝炎ウイルスに感染している人に限って調べた場合でも魚を食べる量が多いグループのほうがリスクが低くなったようです。




EPAの効果

1.血管を柔らかくする効果

血管の老化が進むと、動脈硬化を引き起こしやすくなるため、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まるのですが、EPAには赤血球の膜を柔らかくする効果があったり、血管をやわらかくしなやかにする作用があることで、血液がスムーズに流れてくれるため、病気のリスクを下げてくれるそうです。

【関連記事】

【金スマ】血管年齢が若返る簡単ゾンビ体操のやり方(動画)&池谷敏郎式朝ジュースレシピ(アマニ油)


2.中性脂肪低下効果

EPAを摂取することで、中性脂肪値が著しく低下するといわれています。


3.抗炎症&抗アレルギー効果

オメガ3に分類されるEPAには抗炎症・抗アレルギー効果があるといわれています。


4.精神安定効果

EPAが、うつ状態を改善させる作用が示唆されたという結果が発表されました。シナプス間隔のセロトニンの濃度を上昇させることにより、うつ症状を改善させることが推定されています。

オメガ3には抗うつ作用・イライラを抑える効果があるといわれています。


5.眼精疲労抑制効果

EPAが「目の疲れ」、「目のかすみ」、「目の乾き」などに役立つそうです。


6.肌の潤い効果

抗炎症作用によりアトピー性皮膚炎やニキビの緩和が期待できるようです。


【参考記事】

EPAの8つの美容&健康効果


また、EPAの摂取でヤセやすくなる!?の中で紹介している研究によれば、EPAを摂取すると、褐色脂肪細胞が増えることにより、太りにくくなることが分かったそうです。


【関連記事】

オメガ3脂肪酸・DHA・EPAの値が高いと長生きする!?




DHAを多く含む食品

DHAは食品として多く摂れば、それだけ脳のDHAも増えることがわかっています。


DHAは、まぐろ、かつお、あじ、さば、いわし、ぶりなど背中が青みがかった魚に多く含まれています。

青魚などDHAを多く含んだ食事を摂りましょう。


しかし、どうしても青魚が苦手な方がいると思います。そのような方で、食品でDHA・EPAを摂りたいという方には、αリノレン酸がオススメです。

αリノレン酸を多く含む食品として、えごま亜麻仁(アマニ)・くるみ・チアシードが挙げられます。


α−リノレン酸は人体内では作ることができない必須の脂肪酸であり、生体内でEPAやDHAに変わります。

EPAやDHAには、血液中の脂質濃度を下げる働きがあることから、動脈硬化を抑制する作用や血栓症を予防する作用があるのではないかと推測されます。


また、魚由来のEPAやDHAには中性脂肪を低下させる働きがあるといわれています(日経産業新聞26面・2004年4月19日)。



→ 中性脂肪を減らすには?中性脂肪を下げる食品・食事 について詳しくはこちら。



オメガ3サプリ通販


DHAの摂取量

厚生労働省 食事摂取基準2010改訂によれば、DHAと同じ魚の脂のEPAをあわせて1日に1グラム摂取する事を推奨しています。




加齢臭対策にDHA

最近では、加齢臭を気になる方が増えており、加齢臭対策ガムが注目を集めました。


この加齢臭対策にDHAが効果的として注目を集めています。




DHA・EPA関連ニュース

スポーツ栄養では魚の油に含まれるDHA・EPAを摂取することが世界的トレンドに

決定版!DHA活用術|DHAの効果・食品|あさイチ(NHK)

「DHAで認知症予防」実証 島根大医学部のグループ

青魚の脂 EPA摂取で脂質改善 動脈硬化を防ぎ、血液サラサラ



DHA・EPA

会社概要サイトマップお問い合わせ


DHA・EPA関連ワード

オメガ3脂肪酸

中性脂肪


病気・症状

目のくま解消法

目の病気

コレステロール

肝臓

肝臓の病気

脂肪肝

糖尿病

血栓

生活習慣病

高血圧

ルテイン

ダイエット

更年期障害

タウリン

亜鉛


専門サイト

健康情報青汁えごまそば専門店ブルーベリー・ルテイン・カシス通販


健康情報ならハクライドウ