【たけしの家庭の医学】冷え症の人は緑内障リスクが高い!?タオルにぎにぎ体操のやり方|3月5日


> 健康・美容チェック > 目の病気 > 緑内障 > 【たけしの家庭の医学】冷え症の人は緑内障リスクが高い!?タオルにぎにぎ体操のやり方|3月5日




130313-F-RG147-736

by PACAF(画像:Creative Commons)

2019年3月5日放送の「たけしの家庭の医学」では、冷え症と緑内障の関係について紹介されました。

冷え症の人の中には目が冷えやすい人がいるそうで、冷え性によって視神経周りの血流が低下することにより、目の冷えになっていると考えられます。

視神経周りの血流が低下すると視神経の栄養分が不足し、老廃物が蓄積することで、視神経がダメージを受け、緑内障になるリスクが高まると考えられるそうです。

冷え性改善方法として紹介したのが「タオルにぎにぎ体操」!

血管の内皮細胞から血管の壁を柔らかくして血管を広げる作用がある一酸化窒素(NO)が出てくることが期待されます。

→ ”#血圧サージ”が危ない~命を縮める血圧の高波~|タオルグリップ法(ハンドグリップ法)|#NHKスペシャル #ガッテン について詳しくはこちら

→ 血栓の原因は心房細動や動脈硬化でフィブリンが固まってしまうことにあった!?|#ためしてガッテン(#NHK) について詳しくはこちら

タオルにぎにぎ体操のやり方は、丸めたタオルを輪ゴムで止めて、そのタオルを握り、2分キープして、2分経ったら離すだけ!

【補足】

→ 緑内障の症状・原因・眼圧・予防 について詳しくはこちら







緑内障関連ワード

緑内障の症状

緑内障の原因

緑内障チェック・見え方テスト

緑内障の治療(目薬・手術)

正常眼圧緑内障

緑内障の予防(食事・サプリメント)