ルテインとゼアキサンチンを含む食品(野菜)を摂取すると加齢黄斑変性の発症リスクが低くなる!?


> 病気・症状 > 目の病気 > 加齢黄斑変性症 > ルテイン > ルテインとゼアキサンチンを含む食品(野菜)を摂取すると加齢黄斑変性の発症リスクが低くなる!?

【目次】




■ルテインとゼアキサンチンを含む野菜を摂取すると加齢黄斑変性の発症リスクが低くなる!?

Kale

by Alice Henneman(画像:Creative Commons)

目が見えにくくなる加齢黄斑変性の予防に有効な野菜は? ハーバード大学が102,046人を分析

(2015/10/25、メドレー)

今回の研究は、アメリカの看護師と医療従事者のデータベースを用いて、計102,046人のデータを分析し、加齢黄斑変性とカロテノイド摂取量の関連性を分析しました。栄養成分は、食事の記録から計算しました。

<中略>

カロテノイドのなかでも、ルテインとゼアキサンチンの摂取量を5段階に分けた時、最も多く摂取している人は、最も少ない摂取量の人と比べて、進行した加齢黄斑変性を発症する危険性が約40%低く、カロテノイドの他の成分についても、同様の傾向が見られ、危険性が25から30%低いという結果でした。

102,046人のデータから加齢黄斑変性とカロテノイド摂取量の関連性を分析したところ、ルテインとゼアキサンチンを最も多く摂取しているグループは最も少ない摂取量のグループの比べて、加齢黄斑変性の発症リスクが約40%低かったそうです。

また、カロテノイドのその他の成分でも加齢黄斑変性の発症リスクが25から30%低かったそうです。

→ 加齢黄斑変性|症状・原因・治療・サプリメント について詳しくはこちら




■まとめ

加齢黄斑変性症には緑黄色野菜(カロテノイド)がよい!?|ためしてガッテン(NHK)によれば、黄斑色素の少ない人がカロテノイドを毎日一定量摂取し続けたところ、半年で約45%も増加することがわかったそうです。

正常な黄斑部にはカロテノイド系色素ルテインとゼアキサンチンが集中的に分布しています。

光にさらされることによって年とともに失われるルテインとゼアキサンチンを食品で補うことは、加齢による失明の予防につながるといわれていましたが、今回の研究はその説をより強いものにしたものといえそうです。

加齢黄斑変性を予防するためにも、カロテノイドを含む食品を積極的に摂っていきたいですね。

目の病気から守る6つの食べ物とは?によれば、ほうれん草、ケール、ブロッコリー、芽キャベツなどの濃い緑の野菜にはLutein(ルテイン)Zeaxanthin(ゼアキサンチン)という2種のカロテノイドが含まれています。

加齢黄斑変性症には緑黄色野菜(カロテノイド)がよい!?|ためしてガッテン(NHK)によれば、より予防効果を高めるために、活性酸素を撃退する抗酸化機能を高めてくれるビタミンCやビタミンA、ビタミンEなどを含む食べ物を一緒に摂るとよいそうです。

また、亜鉛の血中濃度の低下と加齢黄斑変性の関連が研究されているので、牡蠣(かき)や煮干し、焼きのりなどに豊富に含まれる亜鉛も合わせて摂ったほうが良いそうです。

→ 加齢黄斑変性|症状・原因・治療・サプリメント について詳しくはこちら

カシス・ルテイン・ブルーベリー専門店

【最大20%OFF!】定番の人気ルテインサプリが、今ならお得な初回購入者価格・スーパーセール中!







【関連記事】