#市川紗椰 さんは寝る前に「腸もみ」をしてガスを溜まりにくくしたり、便秘予防をしている!


Ayurvedic Massage

by Kerala Tourism(画像:Creative Commons)

> 病気・症状 > 便秘 > 頑固な便秘を治す方法 > 市川紗椰さんは寝る前に「腸もみ」をしてガスを溜まりにくくしたり、便秘予防をしている




美腸マニア市川紗椰に密着! 体の内側からキレイをめざす美腸快腸ライフとは?

(2015/11/17、MAQUIA ONLINE)

寝る前に腸もみを。硬くなった腸をもみほぐしてガスを溜まりにくくしたり、腸のぜん動運動が促されるので翌朝の便通がよくなります。リラックス効果もあり。

腸もみダイエットとはによれば、腸もみには、次のような効果があるそうです。

■腸もみの効果
■腸もみ3つのポイント
  1. 小腸
  2. 大腸
  3. 胃と肝臓

*おなかの症状・タイプによって、どこをマッサージするかが変わってくるそうです。

【例】

●小腸

小腸6点押し:むくみが気になる人は、小腸をもむのが効果的なのだとか

●大腸

水分代謝を向上させ、便秘解消に効果的。

腸もみは寝る前のリラックスタイムにやるのが効果的なのだそうですが、いつでもどこでも気軽に行なってよいようです。

腸の中に良い菌を増やす方法&便秘対策!腸に良いお風呂の入り方|林修の今でしょ!講座 3月10日によれば、風呂の中で大腸の2箇所を揉むようにすると、便秘解消に良いと紹介していました。

大腸は体の4点で固定されているのですが、そのうちの2か所をもむとよいそうです。

1)右の腰骨の脇(小腸から大腸に移る入り口):重要な栄養素を吸収するために時間が掛かる

2)左の肋骨の下:ねじれやすい

※気持ち良い(柔らかくいたわるように)程度で3分揉む

市川紗椰さんは、寝る前に腸もみををして、腸をもみほぐしてガスを溜まりにくくしたり、腸のぜん動運動が促して、便秘予防をしているようですね。

→ 便秘とは|即効性のある便秘解消方法(ツボ・運動・マッサージ・食べ物)・便秘の原因 について詳しくはこちら

→ 便秘の症状で知る便秘の原因とは?|便(うんち)で体調チェック について詳しくはこちら

→ 頑固な便秘を治す方法|食べ物・ツボ・生活習慣 について詳しくはこちら

→ 腸内フローラとは|腸内フローラを改善する食べ物 について詳しくはこちら

その他にも腸ケアのために、毎朝白湯で腸を起こしてからグリーンスムージーを飲んだり、食事のときには最初に発酵食品を食べたり、おなかを冷やさないように腹巻きやカイロを使っているそうです。

体を温める方法ともいえそうです。

体温を上げる方法 についてはこちら。

低体温の改善・原因・症状 についてはこちら。

冷え性 についてはこちら。

冷え性解消方法 についてはこちら。







【関連記事】