ノーベル賞・大村さんの抗寄生虫薬「イベルメクチン」、肝内胆管がんを抑制


Documenting Research Findings

by National Eye Institute(画像:Creative Commons)

> 病気・症状 > 肝臓 > 胆管・胆管がん > ノーベル賞・大村さんの抗寄生虫薬「イベルメクチン」、肝内胆管がんを抑制




ノーベル賞・大村さんの抗寄生虫薬、肝内胆管がんを抑制

(2015/12/22、読売新聞)

九州大生体防御医学研究所の西尾美希助教、鈴木聡あきら教授(ゲノム腫瘍学)らの研究グループは、抗寄生虫薬の「イベルメクチン」に、肝内胆管がんの原因遺伝子を抑制する働きがあるとの研究結果を発表した。

イベルメクチンは、今年のノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智・北里大特別栄誉教授らによって開発されたことで知られる。

九州大生体防御医学研究所のグループによれば、抗寄生虫薬の「イベルメクチン」が肝内胆管がんの原因遺伝子である「YAP1」などのがんを増殖させる遺伝子を抑制する働きがあることが分かったそうです。

■胆管がんとは

肝臓ガンは大きく分けて2種類あり、はじめから肝臓にできる原発性肝臓がんと、他の臓器から転移して起こる転移性肝臓がんに分けられます。

原発性肝がんの場合は、肝臓を構成している細胞で分けて、「肝細胞がん」と「胆管がん(胆管細胞がん)」に分けられます。

胆管がんは胆管の粘膜から発生する悪性腫瘍です。

→ 肝内胆管がん について詳しくはこちら







【関連記事】

肝臓関連ワード

胆石

肝臓

肝臓の病気(肝臓病)

脂肪肝

肝炎

NASH

肝硬変

肝臓ガン

肝臓の数値

ALT(GPT)

AST(GOT)

γ-GTP