男性のED(勃起不全)は動脈硬化のサイン!?|EDを自覚して3年ほどの間に心血管疾患が発症する可能性が高い!?


> 健康・美容チェック > 動脈硬化 > 男性のED(勃起不全)は動脈硬化のサイン!?|EDを自覚して3年ほどの間に心血管疾患が発症する可能性が高い!?

男性の場合は、動脈硬化のサインの一つに「ED(勃起不全)」がありますが、なぜEDが動脈硬化の前兆となるのでしょうか?




【目次】

男性のED(勃起不全)は動脈硬化のサイン!?

The despair

by Pabak Sarkar(画像:Creative Commons)

見過ごしがちな病気の兆候(肩こり・心筋梗塞・動脈硬化・アレルギー)|ホンマでっかTV 5月23日によれば、太い動脈ほど血管は詰まりにくいのですが、陰茎動脈は1~2ミリ、心臓の冠動脈は3~4ミリ、首の内頚動脈は5~6ミリであり、陰茎動脈の血管は細いため詰まりやすく、動脈硬化の症状が最も早く現れます。

→ 動脈硬化とは|動脈硬化の症状・原因・改善方法 について詳しくはこちら

ED(勃起不全)|なぜ更年期になると勃起機能障害が起きるのか|男性更年期の症状によれば、テストステロンには血管を拡張して、それを維持する働きがあり、テストステロンが低下すると動脈硬化が進行することがわかっているそうです。

働き盛り世代を襲う男性更年期障害 男性ホルモン低下が招く多様な症状|日本新薬株式会社

メタボであると診断された人々のIIEF(国際勃起障害機能スコア)を調べた結果、メタボとEDにも相関関係が認められるという。そのうえ、衝撃的ともいえるデータを明かす。
 「狭心症や心筋梗塞など心血管疾患を患った男性のうち67%は、発症の平均3年9ヵ月前にEDを自覚していたとの調査結果が、2003年に発表されました。また06年には、心血管疾患の男性患者はほとんど全員が、2~3年前からEDだったとも報告されました。このように、EDを自覚して3年ほどの間に心血管疾患が発症する可能性は高いといわざるを得ないのです

狭心症や心筋梗塞など心血管疾患を患った男性は3年ほど前に「ED(勃起不全)」を自覚していたそうです。

男性ホルモンの分泌量のピークは20代から30代で、その後、年をとるにつれて、40代後半あたりから減少していきます。

つまり、男性ホルモンであるテストステロンが低下すると、動脈硬化が進行し、そのサインとしてED(勃起不全)という症状が現れるということです。




■まとめ

ED(勃起不全)は加齢が原因と思われがちですが、動脈硬化の前兆の可能性があるので注意しましょう。

→ 動脈硬化改善・予防に良い食事・食べ物・食品 について詳しくはこちら







【関連記事】

■動脈硬化関連ワード

動脈硬化とは|動脈硬化の症状・原因・改善方法

コレステロールとは|コレステロール値を下げる食品・食事

HDLコレステロールを増やす方法と善玉コレステロール吸う力をアップする方法

総コレステロール値・基準値|総コレステロールが高い原因

悪玉コレステロールを減らす方法|LDLコレステロールを下げる食品・食事

悪玉コレステロールの数値(基準値)

悪玉コレステロールが高い原因

高脂血症とは|高コレステロール血症の症状・原因・食事

中性脂肪とは・数値(正常値)・高い原因・下げる(減らす)

高血圧とは|高血圧の症状・食事・数値・予防・原因・対策

糖尿病とは|糖尿病の症状・初期症状