「肺年齢」タグアーカイブ

「Wing」|ぜんそくやCOPDなどの肺機能の低下を早期発見する肺の健康のための「体温計」

> 健康・美容チェック > 肺の病気 > COPD > 「Wing」|喘息やCOPDなどの肺機能の低下を早期発見する肺の健康のための「体温計」




【目次】

■「Wing」|喘息やCOPDなどの肺機能の低下を早期発見する肺の健康のための「体温計」

「Wing」|喘息やCOPDなどの肺機能の低下を早期発見する肺の健康のための「体温計」
「Wing」|喘息やCOPDなどの肺機能の低下を早期発見する肺の健康のための「体温計」

参考画像:Wing – COPD|YouTubeスクリーンショット

Wing

Wing is like a “thermometer” for your lung health

Wing(ウイング)」は喘息(Asthma)やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)などの肺機能の低下を早期発見する、肺のための「体温計」の役割を持つものです。

Wing uses the clinically-proven technology of Spirometry to measure and track FEV1 and Peak Flow.

「Wing」は、呼吸機能検査に使われるスパイロメトリー(Spirometry)の臨床的に実績のある技術を使用して、FEV1(forced expiratory volume in one second;一秒間に吐き出せる息の量)とピークフロー(息を思いっきり早く吐き出したときの息の速さ)を測定し、信号のように、緑、黄色、赤で診断するシンプルな設計になっています。

Wing – Measure Your Lungs. Manage Your Asthma.

■喘息症状など肺の状態を診断するアプリ

これまでにも喘息症状を診断するアプリや肺機能についての記事を紹介してきました。

腕と胸に装着して喘息症状を予測するウェアラブルデバイスを開発|米ノースカロライナ州立大学で紹介した米国のノースカロライナ州立大学・ASSISTセンターの研究員が発明した「健康・環境追跡装置」は、腕と胸に装着して喘息症状を予測するウェアラブルデバイスなのだそうです。

「RESAPP」|咳の音から診断して、肺炎や喘息、気管支炎などを診断するアプリ|豪クイーンズランド大学で紹介したオーストラリア・クイーンズランド大学Udantha Abeyratne准教授によれば、「この技術は、咳や呼吸音が気道の状態に関する重要な情報を伝えるという前提に基づいている」そうで、ResAppは、咳の音を分析して肺炎やぜんそく、気管支炎などの呼吸状態を診断することができるそうです。

また、その他にも、呼気中ガスに含まれる成分と病気との関係にも注目が集まっているようです。

呼気中ガスと生活習慣・疾病・体調との相関|小腸活動とH2、喫煙とCO、喘息とNO、肺がんとノナナール
呼気中ガスと生活習慣・疾病・体調との相関|小腸活動とH2、喫煙とCO、喘息とNO、肺がんとノナナール

参考画像:世界に先駆けた「超スマート社会」(Society5.0)~サイバーとフィジカルの高度な融合の実現へ向けて~|文部科学省|スクリーンショット

世界に先駆けた「超スマート社会」(Society5.0)~サイバーとフィジカルの高度な融合の実現へ向けて~|文部科学省によれば、呼気は、肺で血液中の病気(肺がん・喘息・糖尿病・精神的ストレス)由来の代謝物を取り込んでいることから、ガス(VOC)センサを応用した呼気による病気の診断ができる可能性もあるようです。

【関連記事】




■まとめ

Wing-COPD
Wing-COPD

参考画像:Wing – COPD|YouTubeスクリーンショット

怖いCOPD(慢性閉塞性肺疾患) 「肺年齢」知り早期発見によれば、COPDの症状には、咳(せき)・痰(たん)・息切れなどの症状がありますが、初期の段階では自覚するのが難しいため、早期発見する方法として、スパイロメトリー(スパイロメーター)という計測器を使った呼吸機能検査で肺年齢を知ることが、肺の健康状態をチェックし、病気の予防につながります。

COPDの治療の第一歩はやはり禁煙なのですが、、禁煙をしようとしても実際どれほど肺に影響があるのかを実感できていないため、続かない場合が多いようです。

そこで、「肺年齢」を調べるという形でなら、現在の肺の状況を実感でき、禁煙につながるのではないかと考えられており、今回紹介した「Wing」は肺の健康のための「体温計」として肺の健康を保つ役割を果たしてくれるのではないでしょうか?

→ 肺の病気 について詳しくはこちら

→ COPDの症状・原因・チェック・予防 について詳しくはこちら







【関連記事】
続きを読む 「Wing」|ぜんそくやCOPDなどの肺機能の低下を早期発見する肺の健康のための「体温計」

#土屋太鳳 さんの肺活量は成人女性の2倍近い5210㏄|肺年齢を呼吸機能をチェックし肺の病気を予防しよう!

> 健康・美容チェック > 肺の病気 > COPD > 土屋太鳳さんの肺活量は成人女性の2倍近い5210㏄|肺年齢を呼吸機能をチェックし肺の病気の予防をしよう!




Spirometer (7)

by Mike Cerrillo(画像:Creative Commons)

<土屋太鳳>体力自慢で肺活量5000cc超え 平均女性の2倍

(2016/8/16、まんたんウェブ)

成人女性の平均は2000~3000ccとされるが、倍近い5210ccを記録し、会場を沸かせた。

土屋太鳳さんの肺活量は成人女性の2倍近い5210㏄だったそうです。

#土屋太鳳 さんは毎日ジョギングを欠かさない|チャームポイントは「筋肉」によれば、日本女子体育大学出身で、撮影が大変でも“日課なので”と毎日ジョギングを欠かさないそうです。

また、『オールスター感謝祭』(TBS系)の「赤坂ミニマラソン」に出場し、全体で8位に入賞、女性の中で1位を記録しています。

■肺年齢

肺の健康状態を知るヒントとしては「肺年齢」という考え方があります。

あなたの肺は何歳ですか?-肺機能検査のススメ-

(2010/4/1、東京女子医科大学付属成人医学センター)

肺年齢とは、自分の肺の働きは何歳の人と同じかということを示すものです。言い換えれば、自分の肺の働きが年齢相応かそうでないかを簡単に知る手段です。以下の式から求めます。

男性:肺年齢=( 0.036×身長(cm)- 1.178 - 1秒量(L))÷ 0.028

女性:肺年齢=( 0.022×身長(cm)- 0.005 - 1秒量(L))÷ 0.022

肺の生活習慣病として注目されている肺の病気に「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」があります。

COPDの症状には、咳(せき)・痰(たん)・息切れなどの症状がありますが、初期の段階では自覚するのが難しいです。

そのため、早期発見する方法として、スパイロメトリー(スパイロメーター)という計測器を使った呼吸機能検査で肺年齢を知ることが、肺の健康状態をチェックし、病気の予防につながります。

→ COPDの症状・原因・チェック・予防 について詳しくはこちら







【COPD関連記事】
続きを読む #土屋太鳳 さんの肺活量は成人女性の2倍近い5210㏄|肺年齢を呼吸機能をチェックし肺の病気を予防しよう!

怖いCOPD(慢性閉塞性肺疾患) 「肺年齢」知り早期発見

> 健康・美容チェック > 肺の病気 > COPD > 怖いCOPD(慢性閉塞性肺疾患) 「肺年齢」知り早期発見




■怖いCOPD(慢性閉塞性肺疾患) 「肺年齢」知り早期発見

smoke

by Boby(画像:Creative Commons)

怖いCOPD 「肺年齢」知り早期発見

(2009/1/16、産経新聞)

■年間死者1万5000人、原因の大半は喫煙

階段を上ると息が切れる、風邪でもないのにせき、たんが続く-。

こんな症状がある中年以上の人は要注意。

慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)が始まっている可能性が高い。

原因の大半は喫煙で、酸欠などで全身状態が悪化して死に至る恐ろしい病気だ。

<中略>

◆患者500万人以上

COPDは、炎症が長期にわたる慢性気管支炎や、酸素を取り込む肺胞が壊れる肺気腫などの総称で、せき、たんや息切れが特徴。

重症化すると、呼吸困難で全身状態が悪化する。

厚生労働省統計では年間死亡数が平成19年に1万4907人と、死因別で10番目の多さ。

「治療中の患者は17年の厚労省調査で22万3000人だが、疫学推計では受診さえしていない患者が500万人以上に上る」。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者は500万人以上にも上るそうで、死亡者数も死因別で10番目の多さなのだそうだ。

COPDの原因の多くは、たばこの喫煙によるもので、せきやたん、息切れが特徴なのだそうで、ひどい場合には、呼吸困難で全身状態が悪化し、死に至る場合もあるそうだ。

COPDの治療・早期発見のためにはどのようにしたらよいのだろうか。

「喫煙の期間が長く、本数が多いほど発症、進行の危険が増すので、今後も死亡率は増加するだろう。

COPDの肺を完全な健康状態に戻すことは不可能だが、治療の第一歩は禁煙」と福地さんは断言する。

だが、たばこの害を実感して禁煙する喫煙者は少ない。

そこで、「害を目に見える形で示す『肺年齢』の普及が重要だ」

COPDの治療の第一歩はやはり禁煙なのだそうです。

しかし、禁煙をしようとしても実際どれほど肺に影響があるのかを実感できていないため、続かない場合が多いようです。

そこで、「肺年齢」を調べるという形でなら、現在の肺の状況を実感でき、禁煙につながるのではないかと考えているようです。

→ COPDの症状・原因・チェック・予防 について詳しくはこちら




■肺年齢

肺の健康状態を知るヒントとしては「肺年齢」という考え方があります。

あなたの肺は何歳ですか?-肺機能検査のススメ-

(2010/4/1、東京女子医科大学付属成人医学センター)

肺年齢とは、自分の肺の働きは何歳の人と同じかということを示すものです。言い換えれば、自分の肺の働きが年齢相応かそうでないかを簡単に知る手段です。以下の式から求めます。

男性:肺年齢=( 0.036×身長(cm)- 1.178 - 1秒量(L))÷ 0.028

女性:肺年齢=( 0.022×身長(cm)- 0.005 - 1秒量(L))÷ 0.022

肺の生活習慣病として注目されている肺の病気に「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」があります。

COPDの症状には、咳(せき)・痰(たん)・息切れなどの症状がありますが、初期の段階では自覚するのが難しいです。

そのため、早期発見する方法として、スパイロメトリー(スパイロメーター)という計測器を使った呼吸機能検査で肺年齢を知ることが、肺の健康状態をチェックし、病気の予防につながります。

【関連記事】

→ COPDの症状・原因・チェック・予防 について詳しくはこちら







【関連記事】
続きを読む 怖いCOPD(慢性閉塞性肺疾患) 「肺年齢」知り早期発見