#手取り14万 で考えること|選択肢を増やして交渉力を持つ|インクルージョンの考え方を持つ


#手取り14万 で考えること|選択肢を増やして交渉力を持つ|インクルージョンの考え方を持つ
#手取り14万 で考えること|選択肢を増やして交渉力を持つ|インクルージョンの考え方を持つ

unsplash-logoHeadway

#手取り14万 が話題になりましたが、大事なことは社会の構造を理解し、交渉の原則を知り、選択肢を増やすことで交渉力を持つこと。

しかし、人間は不足を認識した時に行動が変わってしまうということも忘れてはいけません。

人はお金に余裕がなくなった時には愚かな選択をしてしまうものなのです。

そして、それはどんなに今稼いでいる人でも同じ。

「年収何千万あっても病気したら終わり、これが貧困です。」

どんなに稼いでいる人でもその本人が病気して収入が得られなくなったら、即貧困になってしまうのです。

だからこそ私たちは自分たちは弱者であるという前提で、インクルージョンという考え方を持ち、社会的に弱者を守る仕組みを持つことや病気をした時にでも収入保障がある仕組みを自ら作り上げることが大事なんだと思います。

→ 病気やケガが原因で就労不能になった場合の生活資金に対して約8割の人が「不安」|必要な生活資金はいくら?どんな経済的準備手段を用意している?|平成27年度生命保険に関する全国実態調査

→ 就業不能保険・収入保障保険・給与サポート保険とはどんな商品?保険各社の商品比較!