「Blog」カテゴリーアーカイブ

タイミーのミッション「働くインフラ」について考える!「人」がインフラになる時代になった!




タイミーのミッションとは「働くを通じて人生の可能性を広げるインフラをつくる」。

「インフラ」とは何か?

インフラ(インフラストラクチャー)とは、「下支えするもの」「下部構造」を指す言葉で、社会や経済、国民の生活を支える基盤のことです。

具体的に言えば、電気やガス、水道、道路、公共交通機関など、それがないと社会生活が成り立たないものを指します。

現在ではインターネットやサーバーもインフラの1つとなっており、通信インフラとも呼ばれます。

企業が所有し、事業や業務に欠かせない設備も、インフラと呼ぶことがあります。

【参考リンク】

インフラのイメージはこれまで目に見える・物理的なものだったのですが、通信インフラもインフラの一つとなったころからでしょうか、目に見えないものも下支えするモノ=インフラに含まれるようになったような気がします。

そして、労働力、いわゆる人もインフラというイメージを持つ人はいなかったと思います。

しかし、労働人口の減少、働き方改革を通じて、なんだか人が少ないことを実感し、以前からするとサービスの質が低下したことを感じています。

例えば、はがきや手紙といった郵便サービスも以前なら休日配達されていたのが、平日配達に変わりました。

例えば、最近日曜日に空いている飲食店が減ったねと飲食店オーナーにたずねたところ、日曜日のお休みが増えたのは働き手不足だと聞きました。

ここで先ほどのタイミーのミッションに戻ると、「働くインフラ」というのは仕事を依頼する側・受ける側の両者のマッチングをすることによって必要な時に、必要な場所で、必要なだけの労働力を提供するサービスというものを社会インフラにしていこうというものであることに気づきます。

タイミーのミッションである「働くインフラ」という言葉を頭に置いて考えると、今までは当たり前にいた「人」というのは実は社会を支えるインフラだと認識を新たにしました。

Xで「タイミー インフラ」と検索するといろんな方のポストで流動化する社会において、仕事を依頼する側は必要な時に、必要な場所で、必要な人を募集することができ、スキマ時間がある人は自分が働きたいタイミングで働くことができるというのは実にすごいことなのだと思います。

「人」が当たり前にいる時代は終わったんです。

日本の人口の推移|平成28年版情報通信白書|総務省
日本の人口の推移|平成28年版情報通信白書|総務省

参考画像:少子高齢化の進行と人口減少社会の到来|平成28年版情報通信白書|総務省スクリーンショット

少子高齢化の進行と人口減少社会の到来|平成28年版情報通信白書|総務省

総務省の国勢調査によると、2015年の人口は1億2,520万人、生産年齢人口は7,592万人である。。国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口(出生中位・死亡中位推計)によると、総人口は2048年に1億人を割り、2060年には8,674万人にまで減少すると推計されている







ばあちゃん(母)、再検査に行く/腹部大動脈瘤または大動脈解離の疑い




ばあちゃん(母)は実は先日の定期検診でMRI検査とCT検査を受けた際に、血管に腹部大動脈瘤または大動脈解離の疑いがあるので、再度専門医に診て頂くようにと言われていました。

腹部大動脈は5センチ未満であるものの大きく、また腹部の血管の中にうっすらと線があり、これが解離しているのかどうか、自身は専門医ではないのできちんとした診断はできず、近くになる心臓血管外科の専門医に診てもらった方がよいとのことでした。

検査当日は検査の3時間前から絶食が必要と言われ、しっかり準備して検査を受けました。

その結果は…

「心配ありません。10年はもつやろう」と太鼓判を頂きました!

ばあちゃん(母)はこう言いました。

「腹が減って死にそうです」(笑)







大人用紙オムツの売上が子供用オムツの売上を追い抜いた!?|日本の紙おむつが国際規格化|高齢化社会がビジネスチャンスに変わる!?




【目次】

■大人用紙オムツの売上が子供用オムツの売上を追い抜いた!?

Reading Time with Uncle Bob

by Donnie Ray Jones(画像:Creative Commons)

大人用おむつが、バカ売れするワケ

(2013/12/14、東洋経済オンライン)

大人用紙おむつのマーケットが伸びている。業界最大手である、ユニ・チャームの大人用おむつの売上高は、前2013年3月期に600億円を突破。初めて子供用おむつと逆転した。ユニチャームによれば、国内市場全体をみても、10年に子供用1530億円:大人用1440億円だったおむつ市場が、12年には子供用1390億円:大人用1590億円と、ついに子供用を追い抜いてしまったのだ。

ユニ・チャームによれば、2012年に大人用オムツの売上高が子供用オムツの売上高を追い抜いてしまったそうです。

【追記(2024/3/26)】

王子ネピア、国内の子ども用紙おむつ事業終了へ 大人用を強化(2024/3/25、ロイター)によれば、王子ホールディングスは、子会社の王子ネピアで手掛けている国内の子ども用紙おむつ事業を終了すると発表し、国内では成長を見込む大人用紙おむつ事業を強化、市場の成長が続くマレーシア、インドネシアでは事業の継続・拡大を図っていくそうです。

【追記(2023/12/6)】

2025年、中国では大人用おむつの売り上げが幼児用を上回る(2021/12/6、Business Insider Japan)フィナンシャル・タイムズの記事によると、中国では2025年までに大人用おむつの売上高は乳幼児用おむつの売上高を上回る可能性があるそうです。

■日本の紙おむつが国際規格化

大人用紙おむつの評価に関する国際規格が発行されました~日本式の排泄介護の考え方を世界に発信~|経済産業省
大人用紙おむつの評価に関する国際規格が発行されました~日本式の排泄介護の考え方を世界に発信~|経済産業省

参考画像:大人用紙おむつの評価に関する国際規格が発行されました~日本式の排泄介護の考え方を世界に発信~(2017/7/6、経済産業省)|スクリーンショット

紙おむつ、大人用にシフト ユニ・チャームやピジョン

(2014/9/2、日本経済新聞)

ユニ・チャームは大人向け紙おむつに商機を感じたのか、大人用おむつ関連製品をISOに申請しました。

「はく 紙おむつ」国際規格化−日本式介護、輸出に追い風

(2017/7/6、日刊工業新聞)

日本発の構造は「テープ止め型」が大半を占める欧米製品と比べ、装着者の症状や生活環境に合わせたきめ細かい高齢者介護が可能。

大人用紙おむつの評価方法に関する規格「ISO15621尿吸収用具―評価に関する一般的指針」が改訂し、欧米の「テープ止め型(体にテープで固定するタイプ)」ではなく、日本が提案する装着車の症状や生活環境に合わせたきめ細かい高齢者介護学科脳になるパンツ型やテープ止め型のおむつに吸着パッドを挿入するタイプなどを規格化されました。

経済産業省が改正の主なポイントをまとめています。

大人用紙おむつの評価に関する国際規格が発行されました~日本式の排泄介護の考え方を世界に発信~

(2017/7/6、経済産業省)

●おむつのタイプ(テープ止めタイプ/パンツタイプ)の区分を明確に記載

●おむつと組み合わせて使用する補助パッドを新たに規定

●補助パッドの吸収力に関する評価方法を新たに規定

排泄に限らず、介護はその国・地域毎の文化や生活習慣と切り離すことができません。たとえば日本では、夜間においてもこまめに交換するという考えのもと、おむつと補助パットを併用し、パット部分だけを取り替えることを前提におむつ及びパットの仕様・性能を決めています。

一方、欧州では夜間のおむつ交換は原則しないという考え方が主流であるため、既存の国際規格では、複数回の排尿を吸収・保持できる性能評価のみを規定しており、日本で普及している補助パットの評価方法が規定されていませんでした。

このため、補助パットの利便性やその評価方法の必要性を理解してもらうためには、日本式の排泄介護の考え方(身体状況や生活環境に合わせて多様な製品をユーザーによって使い分けるという考え方)が理解されることがなにより必要でした。

これまで主流だった考え方は夜間のおむつ交換はしないという原則であり、そのため国際規格は日本で普及している補助パットの評価方法が規定されておらず、複数回の排尿を吸収・保持できる性能評価のみが規定されていたそうです。




■大人用紙おむつのメーカー(ブランド)

■白十字

☆あす楽選択可能 パンツタイプ 白十字 うす型やわ楽パンツ Mサイズ(ウエスト:60~90cm) ケース(合計96枚入[24枚×4袋])【大人用 紙おむつ 紙パンツ オムツ 紙オムツ 介護用紙オムツ 介護用おむつ 介護パンツ 介護用紙おむつ 介護用紙パンツ】

価格:5,500円
(2018/11/20 11:16時点)
感想(41件)

サルバ やわ楽パンツ M-L(24枚入)【サルバ】

価格:1,467円
(2018/11/30 14:09時点)
感想(0件)

日経トレンディの記事によれば、白十字が「サルバ やわ楽パンツ」を開発する前に病院や施設などで調査を行ったところ、大人用おむつの使用者は寝ているとき以外の約9割が座って過ごしていることがわかったそうです。

高齢になるとお腹の筋力が低下して出やすくなるのですが、これまでの大人用おむつは立っている姿勢を前提にデザインされたものが多かったため、座ったときにウエスト部分が食い込んでしまい、苦しく感じてしまいます。

かといって、お腹が楽な大き目サイズを選ぶと漏れてしまうため、「サルバ やわ楽パンツ」はお腹周りはゆったりにしつつ、モレやすい背中周りと下腹部をぴったりさせて漏れにくい設計になっています。

■大王製紙(アテント)

☆あす楽選択可能 大王製紙 アテント 夜1枚安心パッド 6回吸収仰向け・横向き寝でもモレを防ぐケース(24枚×3袋)【大人用 紙おむつ 介護用紙オムツ 尿とりパッド 男性用 女性用 尿取りパッド 尿とりパット 尿取りパット 】夜一枚

価格:3,280円
(2018/11/20 11:16時点)
感想(40件)

■花王(リリーフ)

【大人用紙おむつ類】花王リリーフ はつらつパンツ安心のうす型L-LLサイズ 【ケース販売16枚X4個】

価格:4,980円
(2018/11/20 11:18時点)
感想(2件)

■ユニ・チャーム(ライフリー)

【大人用紙おむつ類】ライフリー 尿とりパッド スーパー 女性用 39枚x 4個パック

価格:3,274円
(2018/11/20 11:19時点)
感想(21件)

■高齢化社会がビジネスチャンスに変わる!?

大人用紙オムツの売上が子供用オムツの売上を追い抜いたということは、生まれてくる赤ちゃんが少なくなっていることとオムツが必要な大人が増えているということから起こっているわけですから、高齢化社会をリアルに感じてしまいます。

高齢化社会の日本ではすでに排泄トラブルは珍しいことではありません。

排泄トラブルが健康寿命を阻害する?|ユニ・チャーム

ユニ・チャームの調査では、排泄トラブルを経験したことがある人が全体の24.9%。約4人に1人が経験していることがわかりました。

4人に1人が排泄トラブルを経験したことがあるそうで、誰しもが経験する可能性があります。

<軽失禁ケア>下着感覚で 機能とイメージアップの商戦熱く

(2017/6/11、毎日新聞)

厚生労働省の13年のまとめによると、尿失禁の経験者は約153万人で、このうち65歳以上は121万人と全体の約8割を占めている。

厚生労働省のまとめによれば、尿失禁の経験者で65歳以上の人は121万人いるそうです。

<軽失禁ケア>下着感覚で 機能とイメージアップの商戦熱く

(2017/6/11、毎日新聞)

軽失禁ケア商品の市場が拡大している。2016年度の販売金額は約300億円とされ、前年比110%の伸びだ。

尿もれ、便漏れといった軽失禁商品の市場は前年比110%の伸びを見せ、団塊世代が後期高齢者となる2025年にはもっと多くの人が排泄トラブルを経験することが予想されます。

しかし、排泄トラブルを抱えているにもかかわらず、その対処をしていない人が46.3%いるという結果が出ています。

排泄トラブルが健康寿命を阻害する?|ユニ・チャーム

月1回以上排泄トラブルを抱えている人で、排泄トラブルに対するケア(排泄ケア)を「特に何もしていない」人が半数近い46.3%で、半数近い人が、トラブルを抱えているにもかかわらずケアをしていないことがわかりました。

<中略>

排泄トラブルを抱える18.7%の人が「排泄トラブルが気になって外出を控えた経験がある」と応えています。

排泄トラブルを抱えている人は、根本的な対処をすることができずに、外出を控えたり(運動不足の可能性)、水分補給を控えたり(熱中症リスクが高まる可能性)といった健康にとってリスクある行動を選びがちになってしまうようです。

排泄ケアに取り組むことは高齢化社会の真っただ中にいる私たちにとって考える必要のある問題なのです。

こうしたニュースはネガティブにとらえがちですが、ポジティブにとらえると、世界に先行して高齢化社会に突入している日本は介護の分野に対してはビジネスチャンスがあるのではないでしょうか?

排泄のタイミングをお知らせするウェアラブルデバイス「DFREE」|高齢者・介護分野・車いすユーザーに役立つ期待で紹介した排泄のタイミングを知らせてくれるウェアラブルデバイスは、排泄がコントロールできない高齢者の方やトイレへの移動が困難な車いすの利用者、介護が必要な方にとって役立つデバイスといえそうですが、この仕組みと紙おむつを組み合わせれば、高齢者になってもより安心して外出することができるようになるのではないでしょうか。

こうしたことを一つ一つ積み上げていければ、世界各国に高齢化になっても安心な製品を紹介できるようになるのではないでしょうか?

チャンスは広がるばかりですね。

ちなみに、排泄のタイミングをお知らせするウェアラブルデバイス「DFree」|高齢者・介護分野・車いすユーザーに役立つ期待|#激レアさんによれば、大人用紙オムツの売上が子供用オムツの売上を追い抜いたというニュースがきっかけにして「DFree」の開発に思い至ったそうです。

【追記(2024/3/26)】

大人用の紙おむつの廃棄量が増えている 重さは使用後に4倍、処理どうしたらいい? 下水道受け入れ検討も…(2023/6/19、東京新聞)

日本衛生材料工業連合会の統計によると、国内のおむつの利用人口は2015年に子ども用が360万人、大人用が322万人だったのが、30年は子ども298万人、大人468万人に。子ども用と大人用を合わせた排出量は15年の208万トンが30年に245万トンまで増えると推計される。
 おむつは使用後に重さが4倍になるとされ、水分を含み、焼却炉の負担が増えるため、自治体から処理体制を懸念する声が上がっていた。

大人用の紙おむつの使用量が増えているということは、廃棄量も増えていくということです。

オムツは使用後に重さが4倍になり、また水分を含むため、焼却炉の負担が増えるため、社会問題になっています。

紙おむつごみについて考えてみませんか?(2023/11/10、NHK)を参考に紙おむつのごみ問題をまとめてみます。

  • 大人用紙おむつは子供用に比べて大きく、水分も多く含んでいるため、その分ごみの量が増える
  • 紙おむつは重いため介護士の負担が大きくなる
  • 紙おむつは水分とプラスチック成分が非常に多いごみという特性があるため、プラスチック成分は燃え始めると高温になり、焼却炉内の耐火物と言われる熱を抑えるところが傷み、また水分を含んでいることから非常に燃えにくいので温度を保つために助燃材を入れると炉の傷みが激しくなる

紙おむつのリサイクル事業も始まっているそうです。

  • ごみ焼却施設で発生する余熱を活かして排せつ物に含まれる細菌やウイルスを滅菌しおがくずを混ぜて固めてペレットにし、そのペレットは高齢者福祉施設のボイラーで燃やされて、施設のお風呂を温める
  • 紙おむつを専用ボックスで回収し建築資材としてリサイクル
  • シルバー人材センターと協力して、ゴミ出しサポート
  • リサイクル紙おむつの開発

紙おむつをどう処理していくかを解決していくことは世界にとっても大事な問題になっていきそうですね。

■まとめ

ただ、大人用おむつというとプライドが傷つけられてショックを受ける人も多いのではないでしょうか?

そのため、大人用紙おむつのことを「リハビリパンツ(リハパン)」と呼ぶというアイデアを大人用紙おむつ市場の名前にするとよいのではないでしょうか?







【関連記事】
続きを読む 大人用紙オムツの売上が子供用オムツの売上を追い抜いた!?|日本の紙おむつが国際規格化|高齢化社会がビジネスチャンスに変わる!?

【受理済】Googleからの「税法上の居住地における追加の税務情報が必要です」の対処方法をまとめました。




Google Adsenseの「税法上の居住地における追加の税務情報」が必要ということで、居住者証明書を税務署から頂けるように手続きを行ない、アップロードをしましたが、何度も書類が確認できませんでしたという返信があり、受理されませんでした。

お支払いプロファイルと居住者証明書が一致していないことに問題があるのかと思い、住所や名前を英語に書き換えたり、居住者証明書をPDF・PNGに変えて送るなど対応をしましたが、受理されませんでした。

ここまではいろんな方のブログで紹介されており、ほとんどの方はこの時点で解決していると思いますが、なぜか受理されません。

お支払いプロファイルの書き方に問題があるのか、それとも居住者証明書自体に問題があるのかがわからないため、Google Adsenseサポートチームにこの件について問い合わせてみました。

Google Adsenseサポートチームからは、まずは居住者証明書を確認させてくださいというメールが届きました。

(基本Googleサポートチームは英語のみで、ローカル言語での対応はできないことをご理解ください。)

これまで提出した居住者証明書を添付してみてもらったところ、居住者証明書自体に問題がないことがわかったので、この書類を再度アップロードして審査をしてもらったところ、またも「書類が確認できませんでした」というメールがきました。

書類自体は正しいものの、書類自体を確認できないというのはよくわからないため、問い合わせたところ、「その他の書類」ではなく、「居住者証明書」を選択して、書類を提出するようにとアドバイスをされましたが、その選択ボタンは出てきていないため、どうしたらよいのかと返信しました。

すると、今度はどのように書類をアップロードしているのかを画面録画をして送ってくださいというメールが届きました。

Googleサポートチームが添付されたビデオを確認したところ「税務情報を更新する」オプションではなく「不足している書類を提出する」オプションを選択していたところにポイントがありました。

[詳細を表示] を選択してから、[税務情報を更新] を選択すると、「その他の書類」が選択されていたため、「居住者証明書」を選択して、再提出を行ないました。

この通りにやってもまだエラーが出る場合にはもう一度画面録画を行なって質問してくださいという返事がきました。

その後、「お客様の税法上の居住地における税務情報が受理されました」というメールが届きました。

■まとめ

税務情報の提出に関する手続きは難しすぎると感じます。

今回最初(1月17日)に対応してから受理(3月14日)されるまでに57日間かかりました。

ヘルプ画面はあるもののそれだけで解決できないというのは問題です。

例えば、「How To」のYouTube動画がある、もしくは提出画面ごとにこの時点まではあってるということが確認できると、何が合っていて何が間違っているのかがわかりやすいですよね。

今回のポイントは、お支払いプロファイルに問題があるのか、居住者証明書に問題があるのか、両方ともにあるのか、どちらか一方だけなのか、わからなかったことにあります。

お支払いプロファイルと居住者証明書の両方に問題はなく、提出プロセスに問題があったのだとしたら、それを初めて見る人からすると対応策を見つけるのは不可能に近いです。

つまり、段階を追って、お支払いプロファイルに問題はなし、居住者証明書に問題はなしと確認をしていって、提出プロセスをわかりやすくすれば、よりスムーズに提出できると思います。







ばあちゃん(母)の入院生活まとめ




【2023/12/12】

今日ばあちゃん(母)は介護保険の更新を兼ねて病院に行きました。歩くのは困難な状況は続いているのですが、一つよかったことに骨密度は1%改善していました。

ただそれくらい骨粗鬆症の改善は難しいので、早いうちから骨密度検査を受けたり、食生活を改善するなどの予防が大事なんですね。

【2023/6/1】

通所リハビリのお試しに行ってきました。

お風呂やリハビリ、食事をしてきて、行ってよかったといっていました。

【2023/5/31】

約三か月間で行けていなかった病院を回ってきました。

【2023/5/30】

ばあちゃん(母)の今後のケアプランを考えるために、地域包括支援センターの方に来ていただいて、通所リハビリができる施設の相談をしました。今は筋力が落ちて立ったり歩いたりが難しいので、当面の目標は安全に立ち上がれるようになることです。

【2023/5/29】

ばあちゃん(母)が退院しました(カムバック・comeback)!

【2023/5/25】

今日はばあちゃん(母)の退院前に病院の理学療法士の方や地域包括支援センターのケアマネさん、福祉用具プランナーさんがいらして、ケガの予防や立ち上がりしやすくするなど家で安全に過ごすための相談をしました。もう少しで退院です😊

【2023/5/11】

みなさまからたくさんのDMをいただきありがとうございます。

先ほどのストーリーに話を付け加えると、コロナ禍での入院期間も長くなり、ストレスもかなりあったでしょうから、それを一旦解放する意味でも自宅療養をする方向で退院することにしました。

その後通院するのか入院するかどうかを含めて検討したいと考えています。

ちなみに、入院中も元気に電話をしていましたので、認知症になった(昔のエピソードを忘れてることはあります笑)という印象はありませんので、その点はご安心くださいね。

今回改めて思ったのは、骨粗しょう症とはやっかいな病気だということ。

治療をしても骨密度が急激に回復するというわけではない病気なんです。

病院では骨を強くする注射を打ったり、看護師さんに付き添って頂いているため、家にいる時に比べるとより安全なのですが、だからといって病院にいれば絶対大丈夫なんてことはなく、病院内でも転倒はありますし(実際にベッドから降りる時にふらっとして一度転倒したそうです)、先ほど書いたように急激に骨量が増えるわけでもないので、いつの間にか骨折なんて可能性もあるわけです。

骨粗しょう症の予防をぜひしてくださいね!

「腰が痛い」は実は「いつの間にか骨折」のサインかも?骨粗しょう症予防をしましょう!

骨粗しょう症について詳しくはこちら

【2023/5/10】

ばあちゃん(母)に2か月半ぶりに会ってきました。

表情はぼぅっとしているようにも見えますし、感慨深げな表情にも見えました。

先生にお話を聞いたところ、一度退院をされて家に戻られてはいかがということでした。

ただ体を鍛えて以前の状態を取り戻すのは難しい(骨折するたびに負担がかかっている)ので、環境の方を変えて骨折しにくい状況を作る方に考え方を切り替えた方がいいとのこと。

また急に以前の生活に戻すのではなく、2-3か月かけて徐々に戻していく方がいいのではないかということでした。

【2023/4/4】

昨日は病院に着替えを持っていきました。

すると看護師さんから「3階の窓から見えますよ」とお気遣いいただき、下から見てみると久々に顔を見ることができました。

ばあちゃん(母)は一言。

「頑張ってるよ」

看護師さんのお気遣いに感謝。

【2023/3/19】

●病院から夜間に1人でトイレに行こうとして転倒したと連絡がありました。

看護師さんからはトイレに行きたいときは連絡するように何度も伝えているのですが、手を借りたくないと一人でトイレに行ってしまうとのことでした。

まだ完全に体が治っておらず、リハビリもまだまだ途中なので、看護師さんの力を頼ることも立派な治療だよ(看護師さんにもご迷惑をかけることになる)と電話で伝えました。

【ばあちゃん(母)からの近況報告(2023/3/13)】

●骨折した箇所の痛みが消えてきている。家にいる時よりもかなり良いようです。

●数値をみた結果、歩行器を使ってつかまり立ちをするようになった。

●1日30分×2回のリハビリ(体を揉んだり)で筋力が落ちないようにしている。

【ばあちゃん(母)からの近況報告(2023/3/1)】

1)リハビリ

・背中を上げる運動
・お腹を膨らませる
・足首の上げ下げ

2)骨を強くする注射を打っている

ばあちゃん(母)は入院することになりました。でもお伝えしました通り、先日の骨密度検査で、若い人の50%ぐらいにまで骨密度が低下し、同じ年代の人と比べても低いことがわかっています。

骨粗しょう症について詳しくはこちら

3)買い出しのお願い

・洗口液(リステリンみたいな)
・鏡
・水(1リットル×3本)

骨粗しょう症について詳しくはこちら

→ ばあちゃんの料理教室SNS・ばあちゃんの料理教室ができたきっかけ はこちら

→ ばあちゃんの料理教室レシピ集 はこちら

ばあちゃんの料理教室 伝え続けたい「美味しっ!」のバトン

新品価格
¥1,870から
(2023/1/4 08:59時点)

→ ばあちゃんの料理教室レシピ本の初版印税を全額寄付する理由 はこちら

→ 【予約したお客様に聞いてみた!】レシピ本を予約した理由とは? はこちら







【関連記事】