「Blog」カテゴリーアーカイブ

【あさイチ】はちみつごはんのつくり方(宮崎県椎葉村)|なぜお米にはちみつを入れてご飯を炊くと美味しくなるの?|10月4日




【目次】

■はちみつごはんのつくり方|なぜお米にはちみつを入れてご飯を炊くと美味しくなるの?

2018年10月4日放送のNHK「あさイチ」では、宮崎県椎葉村のご飯にはちみつを入れて炊く「はちみつごはん(おこげ)」を紹介しました。

【材料】

  • お米 3号
  • はちみつ20g

ハクライドウでも、はちみつレシピ(作り方)で「はちみつごはん」を以前から紹介していました。

ハクライドウの「はちみつごはん」のおススメのつくり方はこちら↓

お米2合を研いだ後、浸水させるときに小さじ1杯のハチミツを加えて溶かします。

なぜお米にはちみつを入れてご飯を炊くと美味しくなるのでしょうか?

はちみつ姉妹が教える はちみつ美容レシピ どんな肌のお悩みも解決! [ 東出佳子 ]

価格:1,188円
(2018/10/4 09:06時点)
感想(3件)

ご飯を食べるとき、長くかんでいると、だんだん甘くなるのは、唾液に含まれるアミラーゼという酵素が、ご飯に含まれるでんぷんを分解して糖にしてくれるからです。

はちみつにもこのアミラーゼが含まれています。

「はちみつ姉妹が教える はちみつ美容レシピ」(著:東出佳子/監修 東出直子)によれば、はちみつにもアミラーゼが含まれており、ハチミツを加えることによって、アミラーゼがデンプンを分解し、ごはんが甘くなり、また、糖分がお米の保水性を良くしてくれるため、ふっくら炊き上がるのだそうです。

はちみつを毎日摂るのは難しいと考えている方が多いようですが、毎日習慣的にとる方法があります。それは、ご飯を炊くときに入れる方法です。

このようにすることで、はちみつの栄養が摂れるばかりでなく、お米がおいしくなります。

その実感は、古米で試されるとわかると思いますよ。

「はちみつごはん」におすすめのはちみつは、色と香りが薄い「アカシア蜂蜜」です!

■おススメはちみつ

国産レンゲはちみつ(ポリ) 350g

国産レンゲはちみつ(ポリ) 350g 3,100円(税込)

国産アカシアはちみつ(ポリ)350g

国産アカシアはちみつ(ポリ)350g 2,835円(税込)

国産百花蜜(ポリ)180g

国産百花蜜(ポリ)180g 1,890円(税込)

カナダ産結晶蜂蜜550g

カナダ産結晶蜂蜜550g【ギフトにオススメ!】クローバーや菜の花から集めた蜂蜜のクリーミーな結晶の食感を召し上がれ

■【参考リンク】美味しいごはんの炊き方

●樋口直哉 世界一おいしいご飯の炊き方(2018/6/2、「 おいしい」をつくる料理の新常識)

正確な計量は料理の基本
最初の一研ぎがとても大切
おいしく炊くコツは冷やした水に浸すこと
表面に張りを持たせるために一気に加熱する
科学的にもすばらしい最新の炊飯器

料理で常識とされていたことを科学的に論文を参考に検討されています。

●土鍋で炊くと美味しくなる理由

日本人の主食、お米がおいしくなる炊き方!|宮崎県高原町ふるさと納税(2016/1/2)によれば、アミラーゼは40度から50度の温度で一番よく働くと紹介しています。

お米に含まれている『アミラーゼ』という酵素は、お米のでんぷん粉を分解して甘みやうまみ成分を作り出します。40~50℃の温度で一番よく働くという特徴があり、土鍋はゆっくり温まるという特徴があるため、アミラーゼがどんどん活発になり、ごはんのうまみがどんどん増すのです。

●どのくらいの温度の水にどのくらい時間漬けておくといいの?

豊島英親、岡留博司、大坪研一 米の浸漬温度・浸漬時間の調節による加工米飯の食味および食味保存性の向上 農研機構

浸漬温度5°Cでの吸水は吸水速度は遅いが、浸漬時間が長くなると25°Cよりもその吸水量は多くなる

低温(5°C)で長時間(120分)浸漬することにより、軟らかく粘りがあり、かつ保存中の水分が蒸発しにくい白飯を製造することができる。

●お米屋さんの美味しいご飯の炊き方

おいしいご飯の炊き方・おいしいお米の炊き方【炊飯ジャーでの美味しい炊き方】|お米のくりや

五ツ星お米マイスター 西島豊造さんの 炊飯器でのお米の炊き方

ミシュラン二つ星「菱沼」 菱沼孝之さんの 鍋でのお米の炊き方

●美味しいご飯の炊き方を科学

おいしいご飯の炊き方(炊飯の科学)-加熱過程および光学顕微鏡による炊飯米の形態観察-

炊飯米の形態学的研究-加熱過程の差, 品種による差, 炊飯量の差における炊飯米粒組織の観察-広島文化短期大学紀要 第39号 (7頁-25頁)という論文をわかりやすく解説しています。







【関連記事】
続きを読む 【あさイチ】はちみつごはんのつくり方(宮崎県椎葉村)|なぜお米にはちみつを入れてご飯を炊くと美味しくなるの?|10月4日

マツコさん、油専門店で「えごま油」の効果を尋ねる|夜の巷を徘徊する

> 健康・美容チェック > エゴマ油 > マツコさん、油専門店で「えごま油」の効果を尋ねる|夜の巷を徘徊する




■マツコさん、油専門店で「えごま油」の効果を尋ねる|夜の巷を徘徊する

2019年12月20日放送の「夜の巷を徘徊する」では、油の専門店「金田油店」を見つけたマツコさんがエゴマ油の良さ(「えごま油って本当に効くの?何がいいの?」)を聞くために入店しました。

青魚に含まれるEPAやDHAが体にいいことが知られていますが、えごま油に含まれるαリノレン酸は体内でEPAに変換されるため、食事として摂取すると体にいいというのがお店の方の回答でした。

オメガ3に含まれるものとしては、エゴマ油や亜麻仁油、チアシードなど。

スタッフがエゴマ油とゴマ油の違いを問うと、マツコさんは「エゴマ油とごま油を比べること自体ナンセンス。名前は似ているけど全く違う植物です。(エゴマはシソ科で、ゴマはゴマ科の植物)」だと回答。

数種類のえごま油の試飲を行なったところ、精製したエゴマ油は香りや味があまりなく、種を焙煎して搾ったえごま油は香ばしい味わい。(他にも試飲していたもののラベルを見ると、奥出雲産のものや熊本県産のきくちのえごま油が置かれていました。)

エゴマ油を摂取する目安は一日小さじ1で、お刺身にかけたり、ドレッシングにしたり。

夜の巷を徘徊する(マツコ浅草でサンバ衣装注文)|Tver 12月19日(木)放送分 1月9日(木) 23:45 配信終了

→ エゴマ油 についてさらに詳しくはこちら

→ オメガ3脂肪酸|オメガ3の効能・効果・食べ物・オメガ3ダイエット について詳しくはこちら

島根県産えごま油(50g)|低温圧搾生搾り

島根県産えごま油(50g)|低温圧搾生搾り 1,944円







都心部のオフィス賃貸解約や面積縮小の動きで都市・オフィスのエコシステムが大きく変わる!




コロナ時代だからこそ「ロングズーム」のアプローチで物事を見よう!
コロナ時代だからこそ「ロングズーム」のアプローチで物事を見よう!

フォトザック・ルセロのUnsplashフォトザック・ルセロのUnsplash

【概要】

【はじめに】

新型コロナウイルス対策のために「新しい生活様式」による働き方が始まりました。

簡単にまとめると、テレワークやローテーション勤務、時差通動でゆったりと・オフィスは広々と、会議や名刺交換はオンライン、対面での打合せは換気とマスクが必要など。

そして、この動きは企業にとってのオフィスの考え方を見直す大きな動きになっています。

例えば、元Googleのエリック・シュミット氏は、世界のメガシティに集中していたオフィスが、社会的距離を離すために、地域のサテライトオフィス需要が増えるのではないかと予測しています。

また、オフィスに人が集まる価値についていろんな意見が出ています。

そして、このオフィスのあり方の見直しは、都心部のオフィス賃貸解約や面積縮小の動きとして現れました。

オフィスのあり方の見直しは、都心部のオフィス賃貸解約や面積縮小という直接的な影響だけでなく、都市・オフィス周りのエコシステムにも影響を与えることになります。

例えば、オフィスに人が集まるということはそこに食事の需要が生まれるため、オフィスの近くにフードトラックが集まったり、オフィスに直接食品(パンやお菓子など)を置くビジネスが生まれていましたが、そのビジネスも変更を余儀なくされることになります。

ただ、新型コロナウイルス対策が今回のオフィスのあり方の見直しのきっかけになったのは間違いありませんが、大きな世間の流れとしてみると、DX(デジタルトランスフォーメーション)企業への変革を推し進めるうえでのブーストになっているということ。

もともとDXというメガトレンドのうえに乗っていて、新型コロナウイルス対策がその動きを加速させているだけだということです。

いろんな物事を考える時にぜひDXというトレンドをベースに考えると、今起きていることは突然起きた変化でないことがわかると思います。

さあいっしょに「DX(デジタルトランスフォーメーション)」について勉強していきましょう!

コロナ以前以後で「DX(デジタルトランスフォーメーション)」がメガトレンドであることは変わらない!アフターデジタル化した社会に向かうために企業が行っていることとは?

コロナ時代だからこそ「ロングズーム」のアプローチで物事を見よう!







【関連記事】

DXに銀の弾はない!




コロナ以前以後で「DX(デジタルトランスフォーメーション)」がメガトレンドであることは変わらない!アフターデジタル化した社会に向かうために企業が行っていることとは?
コロナ以前以後で「DX(デジタルトランスフォーメーション)」がメガトレンドであることは変わらない!アフターデジタル化した社会に向かうために企業が行っていることとは?

HJ barrazaのUnsplash

デジタル化を進めるにあたって、まずはじめに頭に入れておくことは、魔法のような特効薬は存在しないということ。

誰か優れた技術者がいれば、ソフトウェアがあれば、一発で解決なんてことはなく、中長期的に一から積み上げていくことが必要。

例えば、データにはつながるための条件があります。

それは、コンピューターには「背景や状況を察してデータを読む」ことなどできないですし、単位、フォーマットを揃えなければ誤った情報になりますし、言葉にはいろんな意味・語彙がありますがそれをコンピュータには理解できないからです。

人が見た時には「同じもの」と認識できても、コンピュータが見た時には「違うもの」と認識してしまうことがあります。

それは「データ」の持つ意味をコンピュータに教えてあげられていないからです。

大事なことは「コンピュータが見える世界と人が見える世界は違う」ことを知り、コンピュータと人が同じ世界を見えるように一から作り上げていくこと、それがデジタル化の本当の意味です。

このことは「人間でも同じようなことが起こるよ!」というわかりやすい事例があります。

クラウドサービスとは?|NEC

インターネットなどのネットワークに接続されたコンピューター(サーバー)が提供するサービスを、利用者はネットワーク経由で手元のパソコンやスマートフォンで使います。

クラウドサービスは、このような、「どこにあるのか?」「どんな場所で作られているのか?」「どこの人が作業をしているのか?」が分からないけれども利用できるサービスのひとつです。

結局はクラウドはどこかにあるサーバーを使っているわけですが、そのクラウドの持つ意味を知らないために、誤用をしてしまったわけですね。

このように「データ」の持つ意味を間違えると、データの活用はできないわけです。

今まで使っていたシステムに何かポンっとソフトウェアをつないだだけでDXが実現できるなんてことはなく、コンピュータが理解できるようにデータを識別できるようにし、単位を整え、語彙(意味)を教えるという地味な作業が必要になるわけですね。

そんな話を聞くと、「面倒だからやめちゃおう!」という企業も出てくるかもしれません。

もしデータ活用できずにDXが実現できなかったどうなるのでしょう?

既存システムのブラックボックス状態を解消しつつ、データ活用ができない場合、1)DXが実現できず、デジタル競争では勝負ができず、2)システムの維持管理費が高額化し、3)システムトラブルやデータ滅失等のリスクが高まると考えられています。

このことを「2025年の崖」と呼ばれているそうです。

ただ、個人や中小企業にとっていきなり「DXだー!」といっても何から始めたらいいのかわからないのが現状です。

また、現場ではその重要性を理解していても、経営者は興味がないということもあるでしょう。

そこで、DXについて考えるよりもまず「使う道具」を変えることから始めてみてはどうでしょうか?

東京都副知事の宮坂学さんがツイートで「意識を変えるより使う道具を変えるほうが変化のインパクトが大きい」と言っていました。

環境から変えてしまうと、自ずと意識が変わっていくのではないでしょうか?

まずはあなたの身の回りにある道具を新しくして見ませんか?




■企業価値の大半を無形資産が決定づけている

企業価値の大半を無形資産が決定づけているようになった現在ですが、無形資産投資の多くは費用として処理され、短期的に利益を押し下げるため、短期利益を重視して中長期的な企業価値向上につながる投資が抑制される恐れがあります。

ブランド価値も同様で、有形資産と同じように何もしなければ減価・減衰するとの考え方が示されているそうです。

つまり、財務諸表上に現れにくいものへの投資が大事になっていながら、会計上はそうしたものへの投資を抑制する力が働いているわけです。

だからこそ、研究開発やデジタル化、ブランド資産への投資に対する会計を変えていく必要があるのです。

会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ??500年の物語 (日本経済新聞出版)

新品価格
¥2,299から
(2020/8/4 22:39時点)

「会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ――500年の物語」的に見ると、会計のルールはその時々の世界の状況に合わせて変化しているのがわかります。

デジタル化を進めていくためにも会計を変えていくタイミングなのではないでしょうか?







【補足】DXとは?

【データの活用事例:地域経済分析システム(RESAS)】

【関連記事】

クラシルと10Xが小売のDX/ネットスーパーの立ち上げ事業でバチバチ!




クラシルと10Xが小売のDX/ネットスーパーの立ち上げ事業でバチバチ
クラシルと10Xが小売のDX/ネットスーパーの立ち上げ事業でバチバチ

Boxed Water|unsplash

■クラシルと10Xが小売のDX/ネットスーパーの立ち上げ事業でバチバチ

クラシルが小売事業者のDXの支援を主目的として、初期費用無料、システム開発不要でネットスーパーを立ち上げ可能なサービス「クラシルリテールプラットフォーム」の提供を開始しました。

この事業は10Xの開発不要でネットスーパーを立ち上げ可能な 「Stailer(ステイラー)」と競合するため、クラシルと10Xがバチバチにやりあってると話題です。

ただ、市場の健全な成長には共創/競争が欠かせないですよね。

特にあまりにも市場が大きく、また難易度も高いため、多くの企業が参入することにより、英知が結集した結果、生鮮食品ECが大きく進化していくことが期待されます。

■クラシル

■10X

■まとめ

気になるのはレガシーシステムをそのまま活かしながらネットスーパーを作り上げることが本当にいいのかという点です。

現場にいるわけではないのですが、ECを小さいながらやっている立場から見ても、毎日変化する商品にどう対応していくのでしょうか?

以前「アフターデジタル」を読んだ際に感じたのですが、レガシーシステムをそのまま活かしながらネットスーパーを作り上げるということが、ビフォアデジタル的な考えのまま外から見える構造をコピーしがちになるということにならないのかどうか気になっています。

「小売りのDX」を実現するうえでデジタルを基盤とする必要はないのでしょうか?

もしこれがビフォアデジタル的な発想で行われるのあれば、難航していた『MOTHER2』の開発を立て直すべく現場に現れた岩田聡さんの有名なセリフがぴったり当てはまると思います。

デジタルを基盤として、リアル(レガシーシステム)を内包するようなものを作り上げる形は様々な批判があるでしょう。

ただ、数年先から見通すとあの時やっておいてよかったとなるはずです。

このまま進んでいくのであれば、数年後におそらく息詰まることになるでしょうから、その時にもこの岩田さんの言葉がグッとくることになるでしょう。

あの時試行錯誤した時間があったからこそ動いたのであって、決して無駄ではなく、悩んだ人たちの試行錯誤は全てネットスーパーの中に生きているということになると思います。