8秒以上凝視してしまったら、あなたはその女性に惚れている?


【目次】




■8秒以上凝視してしまったら、あなたはその女性に惚れている?

Look Out for Trouble

by Brian(画像:Creative Commons)

8秒以上凝視してしまったら、あなたはもうその女性に惚れている!

(2012/6/28、週プレNEWS)

男性の場合は凝視の時間が長ければ長いほど、その女性に興味を持ったということになります。

最初の分岐点が4.5秒。もし4.5秒以内に男が目をそらしたら、その女性への興味がいまひとつだったという意味になります。次の分岐点が8.2秒。もし男が8秒以上、女性を凝視したら、すでに惚(ほ)れたという意味になるとの実験結果が出ています。

この記事によれば、男性が4秒以上凝視しなければ、その女性に興味がなく、また男性が8秒以上凝視してしまったら、あなたはその女性に惚れているそうです。

ただ、この実験結果は女性には当てはまらないそうです。

ただし、女性が男を見る場合、凝視の長さと関係ないそうですので、ご注意ください。




■男性は女性のどこに惹かれるか?

被験者の目の動きがわかるようにカメラを備えつけて行なった実験では、男は最初に、女性の体の真ん中や下半身を見るのだそうです。生殖に関して重要な部分ですね。女性からは洋服をチェックしているように見られますが、実は無意識のうちに生殖力をチェックしてから、徐々に顔へと見上げていっているというのです。反対に女性のほうは体の上部、つまり男の顔を見るところから始まります。

以前男が本能的に惹かれる部位は「胸」ではなく「くびれ」!という記事を取り上げましたが、今回の記事でも同様の実験結果が出ていて、男性は無意識のうちに、くびれ(生殖力、ウエストとヒップの比率)をチェックしているようです。

女性の場合は、男性の顔からチェックが始まるそうです。

女性のひと目惚れ率は、1000人にひとり以下という記事を以前紹介しましたが、女性は男性の顔のどういった部分(顔の作り、表情)をチェックしているのでしょうか。

男性は女性のくびれをみて、女性は男性の顔を見ているということは、もしかすると、男性は女性にその女性をチェックしている姿を見られているといえるのかもしれませんね。

【関連記事】

■男性は即断即決、女性は慎重に判断する

第一印象がつくられた後に、異性への最終判断を下さなければなりません。すなわち、「この人に話しかけるべきか」「赤通してみようか」などです。その最終判断に至るまでには、男は女性を12.8回注視するのが平均らしいです。他方、女性は男を22.5回注視するとか。男性のほうが断然少ないですね。このことから、やはり男の恋愛は視覚で即断即決をしているといえそうです。

女性のひと目惚れ率は、1000人にひとり以下という記事によれば、男性は、10人に一人の割合でストライクゾーンに入る女性が見つかるということなので、女性に比べると、ストライクゾーンが広いため、チェックする回数が少ないのかもしれません。

反対に女性は、男性を数多く注視することで、慎重に判断しているようです。







【関連記事)