恋人にフラれた人の約90%がSNSで元恋人をチェックしている!?


Texting

by Ian Sutton(画像:Creative Commons)




あなたは大丈夫? 恋人にフラれた人々の約90%がSNSを利用して元恋人をストーキングしているという研究結果

(2012/8/21、Pouch)

カナダ・西オンタリオ大学のメディア研究大学院生ベロニカ・ルカーチさんが実際にSNSを利用する18歳以上・107人の男女を対象に12カ月に渡って行った調査によれば、恋人にフラれた人々の約90%がSNSでの元恋人の行動をチェックしているそうです。

数字の上でもわかるとおり、こうした行動をしてしまうことは珍しいことではないようです。

やはりSNSというツールがあることがこうした行動を取らせてしまっているようです。

「昔は別れたらそれっきり、で関係は終わりましたが、今は違う。SNSの普及で、どうしても過去を追ってしまうんです」と、ルカーチさん。

<中略>

さらに研究では、「48%の人々が別れてからもフェイスブック上で友人関係を続けている」ということや、「74%の人々が別れた恋人の新しい恋をSNSから監視している」ということも判明。また、これまでフェイスブック利用者ではなかったのに、元恋人の行動をチェックしたくて利用を始めたという人も、全体の70%いることがわかっています。

SNSでの縁を切ることで、思いを断ち切ることにも役立ち、新しい出会いが生まれるかもしれません。







【SNS関連記事】