「LOVE」カテゴリーアーカイブ

「頭ポンポン」する男性心理とは?|隠された3つのホンネとは?

以前、女の子はなぜ頭ぽんぽんに弱いの? そのメカニズムとは?という記事を紹介しましたが、今回は、頭ポンポンする男性側の心理に関する記事です。

詳しい内容は記事(「頭ぽんぽん」、男性側の心理は?(2014/8/28、教えてgoo))をご覧いただくとして、簡単にまとめると、「頭ぽんぽん」をする男性の心理はこのような感じです。




【目次】

1.女性との距離感をはかっている

Tina and Lee

by T.J. Lentz(画像:Creative Commons)

片思いから一歩前に進むには、一歩踏み出して 「半径45CM」に近づこう!で紹介したパーソナルスペースという考え方があります。

パーソナルスペースは一般的にはこのぐらいだといわれています。

親密ゾーン(親密な人との距離):半径45cm以内
対人ゾーン(相手の表情が読み取れる距離):半径45~120cm
社会的ゾーン(ビジネスに適した距離):半径120~360cm
公的ゾーン(個人的な関係がうすい公衆距離):半径360~750cm

頭ポンポンする距離感にいるということは、親密な人との距離にいるということになります。

その距離感でボディタッチをすることでお互いの心理的距離を縮めていこうということなのだと思います。

ちなみに「頭ポンポン」と「頭を撫でる」とのニュアンスの違いは、触れる時間の違いから、「頭ポンポン」のほうが比較軽い意味で使うのではないかなと思います。

【関連記事】

2.周りに人がいるときになでた場合は、女慣れアピールの可能性がある

これは意外な心理だと思いましたが、周りの人に女性扱いに慣れていることをアピールする意味で頭ポンポンする男性もいるようです。

以前、モテる男子は「仲間扱い」と「特別扱い」を使い分ける!?という記事を紹介しましたが、「頭ポンポン」する行為というのは、この「仲間扱い」と「特別扱い」の両方を兼ね備えている行動とも言えるかもしれません。

3.女性として好きであるとは限らないが、少なくとも好意的である

パーソナルスペースの話とも関わってきますが、頭ポンポンする距離感にいるということは、決して嫌いではなく、少なくとも好意的に思っているということを示しています。

嫌いな人の近くには近寄りたくもないでしょうからね。

女の子はなぜ頭ぽんぽんに弱いの? そのメカニズムとは?によれば、頭をなでることには、相手に『可愛がっている』ことを伝える特別な意味があるそうです。




■まとめ

頭ポンポンというスキンシップは、対等な関係でいたいカップルや友達以上の関係になりたくないとき、男性がおどおどしながら触れたり、状況に似つかわしくない場面で触れたりするときには、頭をなでられても心地よく感じなかったり、反発を招くことがあるようです。

その例が「セクハラ」です。

【関連記事】

触れる(スキンシップ)というのは、とても繊細な行為であり、人間関係、状況、触れ方、言葉、文化などの様々な要素によっても影響されます。

「頭ポンポン」自体が重要というよりも、「頭ポンポン」するまでにどんなコミュニケーションをとってきて、どんな関係性を築いてきたのかが重要なのだと思います。







【関連記事】
続きを読む 「頭ポンポン」する男性心理とは?|隠された3つのホンネとは?

恋人が途切れない秘訣は常に種をまき続けること!?




2006 September - Chef de parti - Shoot

by Jens karlsson(画像:Creative Commons)

結婚したくても出会いがない。交際相手なし男女とも過去最高というニュースが話題になりましたが、反対に、いつも相手が途切れないという人もいます。

今回紹介する記事では、そんな常に相手をきらさない、モテる人の秘訣が紹介されていました。

■週に一度は異性と食事に行く

いつも彼氏が絶えないあの子。「種まきオンナ」になる方法

(2012/1/22、COBS ONLINE)

恋人がいても、絶えず種をまき続けるんです。

ここで、誤解をしていただきたくないのは、決して、「軽く、浮気癖がある」というわけではありません。

仕事が終わった後、サークル活動が終わった後、何かのイベントに参加をした後など、その場に偶然いる「異性」と気軽にカフェへ食事に行く、ということを大切にします。

恋人候補として誘うのではなく、「相手を知るため」、「相手との会話を楽しむため」として食事をするのです。

たとえ恋人がいたとしても、異性と食事する機会を持ち続ける、つまり、常に種をまき続け、つながりを作っておくという事が大事なんですね。

■初対面の人とでも打ち解けるのが得意

次に、「人見知りをしない」、「社交的な性格」。

誰とでも臆(おく)せずに、明るく会話ができます。

人見知りな性格なので、初対面の人と話すのは苦手という人は多いと思います。

しかし、反対に言えば、相手も初対面の人と話すのが苦手であることが多いということです。

それなら、ぜひ人見知りをすることなく、一言話しかけてみましょう。

「でも何を話していいのかわからない」と思う人もいると思います。

しかし、「武器になる会話術(著:内藤誼人)」には、初対面の人が話しやすいそうです。

武器になる会話術

中古価格
¥1から
(2017/3/30 10:04時点)

その本に書かれていることをまとめるとこうなります。

初対面の人のほうが話しやすい。

どんな世間話をするかはある程度決まっている。

百問百答くらいの原稿を作っておき、自分のマニュアルを頭に叩きこんでおく。

初対面の人といつでも同じ会話をしていればそのうち会話に慣れていく。

同じ事を何度も繰り返せば、人間は少しも怖くなくなる。

初対面の人と話すのが苦手という方は、こちらで紹介されているように、一度原稿を作ってみてはいかがでしょうか。

■誘いは断らない

合コン、パーティー、飲み会……。

基本的に、人が集まる社交的な場への誘いは、恋人の有無に関係なく断りません。

人と会話をするのが得意であり、楽しみの一つ。

それゆえに異性を問わず、新しい人と出会える場を求めています。

忙しいことを理由に誘いを断ってしまうと出会いの場を自ら失ってしまうということですね。

【追記(2012/12/1)】

女性がデートで「男性に奢られたい」理由

(2012/11/30、ローリエ)

 先日あるTV番組で、タレントのYOUさんは、“恋多き”女性とされる理由について、「私は投資しているからなあ」と答えていました。人と飲むのが好きで、お金も時間もたくさん使っている。そのなかで男性と知り合っているだけ……と。

人との出会いにお金も時間も使っているからこそ、出会いがあるということでしょうね。

■ストライクゾーンが広い

なかなか恋人ができずに悩んでいるあなたは、恋人選びをする際に「無駄な条件付け」ばかりしていませんか?

無駄な条件をつけることで、人との出会いの幅を狭めているのかもしれません。

1992年に全国の18歳から59歳までの3432人をサンプルにアメリカにおける恋愛行動と性行動を調査した結果によれば、

調査対象となった人々の約68%が知り合いの紹介で配偶者にめぐり合っている。

一方、自力で配偶者と出会った人は32%に過ぎない。

「つながり 社会的ネットワークの驚くべき力」(著 ニコラス・A・クリスタキス ジェイムズ・H・ファウラー)

つながり 社会的ネットワークの驚くべき力

新品価格
¥3,240から
(2017/3/30 09:36時点)

つまり、ほとんどが誰かの紹介で配偶者に出会っているということです。

先ほどの「誘いは断らない」とも関係しますが、その場での出会いはなくとも、そこで出会った人からの紹介から恋人ができるということもあるということですね。

■異性の喜ばせ方を知っている

彼氏が途切れないというのは、当然のことですが、恋愛経験が豊富ということになります。

いろんなタイプの男性と付き合いをしているため、男性の生態を知り、何をしたら男性が喜ぶのか、どうすれば自分だけに心を開くのか?といったハウツーがあります。

実践レベルで話すと
・「プライドの高さ」を理解し、「相手を立て、頼る」
・「こころの弱さ」を理解し、「相手をほめ、認める」
・「鈍感さ」を理解し、「さばさばと接する」

といったとこです。

いろんなタイプの人と付き合う中で、どんなことが相手を喜ばせることになるのかということがわかってくるということですね。

【関連記事】

「男が知らない女の秘密」「モテる方法」|ホンマでっか 12月14日

■たくさん褒める男性ほどモテやすい

モテと正比例するものは、褒める量。

好感→好意にしていくためにはこまめに女性を褒める事が大事

【関連記事】

女性はホメられるとキレイになる

■恋バナをネタにするのが上手い

そして、最大の強みが「つらい失恋も飲み会の場のネタにしてしまう強さ」。

最後の「恋バナをネタにするのが上手い」というのは、以前あまりよくないという意見を目にしたことがあります。

それは、昔の恋愛をネタにする≒もう恋愛からは上がった(恋愛をするつもりがない)人という印象がつくということです。

この話において、大事な要素は、昔の恋愛をネタにすることではなく、

終わってしまった恋はいつまでも引きずってもしょうがない!

という気持ちが必要だということなのかもしれません。







【関連記事】
続きを読む 恋人が途切れない秘訣は常に種をまき続けること!?

「男が知らない女の秘密」「モテる方法」|ホンマでっかTV 12月14日

2011年12月14日放送のホンマでっかTVでは、「男が知らない女の秘密」「モテる方法」がテーマでした。




■女性がダイエットに成功しやすいのは月曜日!?(Tesco Diets.com)

Windows to the Soul

by Heath Cajandig(画像:Creative Commons)

月曜にダイエット開始で3週間で平均3.6kgの減少。

ダイエットに大切な3つの要素(1.ルール 2.ビジョン 3.プラン)があり、ルール/ビジョン/プランを練るのに時間がかかるので、土日から考え月曜から開始すると効果がある。

【関連記事】

 

■女の買い物は男にとって暴動鎮圧ほどのストレス!?

【関連記事】

 

女性同士で集まる時露出の多い服は御法度!?

女性だけの集団での服装の鉄則

1.トレンド 2.清潔感 3.露出を控える

女性間では服装で社会的IQを推測し合っている

 

■男性は女性の腕の長さに魅力を感じる!?(ニューサウスウェールズ大学)

腕が短い=子供っぽさの象徴

女性の長い腕を見た時に、男性は性的対象として見る傾向がある。

 

■初デートでトイレが近いと完璧主義の美人にモテる!?

完璧主義の美人は見られ方を意識しデートでトイレを我慢する傾向がある

1日にトイレに行く回数 女性>男性

男性が先にトイレに行かないと女性は自分から言いづらい。

さりげなくトイレへの配慮がある男性は好かれやすい。

 

■男らしい買い物をする女性は口説かれやすい!?

男らしい買い物をする女性≒男性ホルモン値が高い女性→思い切りが良く誘いに乗りやすい

<誘いに乗りやすい女性≒テストステロン値が高い女性>

1.キャリア志向が強い

2.1人で立ち食いそば・牛丼

3.メールの文章が短い

4.ブランド物・最新家電が好き

5.コレクション欲がある

 

■女性は離婚すると抜け毛が増える!?

離婚すると女性は抜け毛が増える。

男性には影響がない。

 

■女性が落ちやすいキスの方法がある!?

印象的なキスをするには男性の視線が大切。

目が合う

アゴを上げる

3秒前に目から唇に視線を落としながら近づける

 

■イケメンと浮気しそうな女性は彼氏に優しくなる!?

彼氏の不快な行動を許す 18%アップ↑

女性は子孫維持の為に恋人との関係を維持するような自制が働く

彼女が急に優しくなったら素敵な男性と出会った可能性が

 

■男性は浮気しそうになると彼女に厳しくなる!?

彼女の不快な行動を許す 12%ダウン↓

男性は恋人との関係に対する危機管理意識が低いため厳しくなる

 

■整形すると新しく自分の人生をリセットしやすくなる

犯罪者の更生に一番良い方法は、美容整形。

 

■女性は男性の悩んでいる顔に性的魅力を感じやすい

女の人が男性の何を見てセクシーと思うか→幸せそうな笑顔が一番ダメ

 

■たくさん褒める男性ほどモテやすい

モテと正比例するものは、褒める量。

好感→好意にしていくためにはこまめに女性を褒める事が大事

【関連記事】

 

■男性が女性にする逆効果な行動→過去の武勇伝を語る

女性が好むタイプの男性を年代別調査結果、熟女の方がキレイでない男性を選ぶ傾向が高い







公開日時: 2011年12月15日 @ 04:49

フィジカルコンタクトをとると、結婚したくなる?|#ホンマでっかTV




■フィジカルコンタクトをとると、結婚したくなる?|#ホンマでっかTV

4

by Claudia Salazar(画像:Creative Commons)

2012年10月3日放送のホンマでっかTVでは、「フィジカルコンタクト(肉体的接触)を増やすと、脳が女性的になる」と紹介していました。

好きな相手の気持を動かす方法として「ボディタッチ」が効果的な理由によれば、「愛情ホルモンとも呼ばれるオキシトシンは、愛する人と手を握ったり、キスしたリ、ハグするときなどに多く分泌されるされるそうです。そして、手の温もりや堅さ、体臭や筋肉など、五感で生身の男性を感じると、脳内にオキシトシンが分泌され、オキシトシンは「愛情」に変わるそうです。

この考え方によれば、フィジカルコンタクト(肉体的接触)を増やすと、オキシトシンが分泌され、オキシトシンが愛情に変わり、脳が女性的になるということではないでしょうか。







【オキシトシン関連記事】
続きを読む フィジカルコンタクトをとると、結婚したくなる?|#ホンマでっかTV

50代の男性・女性は恋愛でどんな悩みを抱えているの?




【目次】

■50代の男性・女性は恋愛でどんな悩みを抱えているの?

50代の男性・女性の恋愛
50代の男性・女性の恋愛

「50代のダイエット」や「恋愛・結婚」の記事をまとめていると、「50代 恋愛」について検索されることがあります。

「50代男性の恋愛心理」
「50代女性の恋愛心理」
「50代同士の恋愛」
「50代の恋愛事情」
「50代 最後の恋」
「50代 恋愛 別れ」
「50代の女性が年下の男性を好きになった」
「50代女性の恋愛対象は」
「50代既婚男性との恋愛」

などなど50代になっても恋愛については悩むものなのです!

若い頃の恋愛では親が口を出してくることが悩みだった人が、50代の恋愛では子供が恋愛に口を出してくることが悩みになるというケースもあることでしょう。

■50代の独身者で恋人がいる割合

ブライダル総研 恋愛・婚活・結婚調査2015(2015/11/19、リクルートマーケティングパートナーズ)では、年代別・性別で独身者で恋人がいる人の割合を調べていますので、データを見てみましょう。

恋人がいる人の割合(独身者)
恋人がいる人の割合(独身者)|ブライダル総研 恋愛・婚活・結婚調査2015(2015/11/19、リクルートマーケティングパートナーズ)

参考画像:ブライダル総研 恋愛・婚活・結婚調査2015(2015/11/19、リクルートマーケティングパートナーズ)|スクリーンショット

50代の独身者で恋人がいる人は、男性13.7%、女性31.3%というデータがあります。

恋愛したいけどできていない人を含めると、もっと恋愛について悩んでいる人がいることでしょう。

■人生100年時代には50代の恋愛が普通のものになる時代に!

人生100年時代の恋愛・結婚を考えると、例えば、寿命が短い時代には「一人のひと(男性・女性)に尽くす・添い遂げる」という考え方が主流だったかもしれませんが、人生100年時代には「二人以上」ということが普通になっていくのではないでしょうか。

極端に発想すると、理想の遺伝子を持つ(であろう)相手と子どもを作り、子育て期には経済的に安定している相手と生活をし、子育てが終わってからはセカンドライフを楽しめる趣味や会話が合う相手と恋愛・結婚をするという人もいてもおかしくないでしょう。

そのように考えれば、「50代の恋愛」に限ることなく、60代・70代・80代・90代…というように、新たなパートナーを見つけることは珍しいことではなくなっていくでしょう。

最近では、高齢者の一人暮らし、いわゆる「独居老人問題」が取り上げられる機会も増えてきました。

世帯構造別にみた65歳以上の者のいる世帯数の構成割合の年次推移|グラフで見る世帯の状況|国民生活基礎調査(平成25年)の結果から|厚生労働省
世帯構造別にみた65歳以上の者のいる世帯数の構成割合の年次推移|グラフで見る世帯の状況|国民生活基礎調査(平成25年)の結果から|厚生労働省

参考画像:世帯構造別にみた65歳以上の者のいる世帯数の構成割合の年次推移|グラフで見る世帯の状況|国民生活基礎調査(平成25年)の結果から(平成26年、厚生労働省)

高齢世帯は2040年に44.2%に、一人暮らしの高齢者も増加|「日本の世帯数の将来推計」厚労省推計で紹介した国立社会保障・人口問題研究所が行なった2018(平成30)年推計の「日本の世帯数の将来推計(全国推計)」によれば、全世帯主に占める 65 歳以上世帯主の割合は2015年の36.0%から2040年には44.2%を占めることがわかったそうです。

孤独が健康に大きく影響するというニュースも増えています。

【孤独 関連記事】

高齢者の一人暮らしの人の中には、一人のほうが楽という人がいる一方で、もしかすると、「一人のひと(男性・女性)に尽くす・添い遂げる」という価値観があることで「一人」を選択してしまっているという人もいるかもしれません。

それが美的感覚として素晴らしいと思われていますし、それを否定するわけではありませんが、これからの人生100年時代には「孤独」でいるのは長すぎるかもしれません。

人生100年時代には恋愛・結婚のパートナーに限らず、新しいコミュニティでつながりをもつことも大事になるでしょう。

高齢者の一人暮らしであっても、ゆるく周りの人々とつながっていく形を作っていくことがこれから必要になるはずです。

人とのつながりをゆるくでも持つことが人生に彩りを与え、時にはそれが恋愛・結婚に発展していくこともあるということが自然になっていくでしょう。

50代の恋愛が普通のものとなりますように!







【50代 関連記事】