カテゴリー別アーカイブ: LOVE

50代の男性・女性は恋愛でどんな悩みを抱えているの?




■50代の男性・女性は恋愛でどんな悩みを抱えているの?

50代の男性・女性の恋愛
50代の男性・女性の恋愛

「50代のダイエット」や「恋愛・結婚」の記事をまとめていると、「50代 恋愛」について検索されることがあります。

「50代男性の恋愛心理」
「50代女性の恋愛心理」
「50代同士の恋愛」
「50代の恋愛事情」
「50代 最後の恋」
「50代 恋愛 別れ」
「50代の女性が年下の男性を好きになった」
「50代女性の恋愛対象は」
「50代既婚男性との恋愛」

などなど50代になっても恋愛については悩むものなのです!

若い頃の恋愛では親が口を出してくることが悩みだった人が、50代の恋愛では子供が恋愛に口を出してくることが悩みになるというケースもあることでしょう。

ブライダル総研 恋愛・婚活・結婚調査2015(2015/11/19、リクルートマーケティングパートナーズ)では、年代別・性別で独身者で恋人がいる人の割合を調べていますので、データを見てみましょう。

恋人がいる人の割合(独身者)
恋人がいる人の割合(独身者)|ブライダル総研 恋愛・婚活・結婚調査2015(2015/11/19、リクルートマーケティングパートナーズ)

参考画像:ブライダル総研 恋愛・婚活・結婚調査2015(2015/11/19、リクルートマーケティングパートナーズ)|スクリーンショット

50代の独身者で恋人がいる人は、男性13.7%、女性31.3%というデータがあります。

恋愛したいけどできていない人を含めると、もっと恋愛について悩んでいる人がいることでしょう。

人生100年時代の恋愛・結婚を考えると、例えば、寿命が短い時代には「一人のひと(男性・女性)に尽くす・添い遂げる」という考え方が主流だったかもしれませんが、人生100年時代には「二人以上」ということが普通になっていくのではないでしょうか。

極端に発想すると、理想の遺伝子を持つ(であろう)相手と子どもを作り、子育て期には経済的に安定している相手と生活をし、子育てが終わってからはセカンドライフを楽しめる趣味や会話が合う相手と恋愛・結婚をするという人もいてもおかしくないでしょう。

そのように考えれば、「50代の恋愛」に限ることなく、60代・70代・80代・90代…というように、新たなパートナーを見つけることは珍しいことではなくなっていくでしょう。

最近では、高齢者の一人暮らし、いわゆる「独居老人問題」が取り上げられる機会も増えてきました。

世帯構造別にみた65歳以上の者のいる世帯数の構成割合の年次推移|グラフで見る世帯の状況|国民生活基礎調査(平成25年)の結果から|厚生労働省
世帯構造別にみた65歳以上の者のいる世帯数の構成割合の年次推移|グラフで見る世帯の状況|国民生活基礎調査(平成25年)の結果から|厚生労働省

参考画像:世帯構造別にみた65歳以上の者のいる世帯数の構成割合の年次推移|グラフで見る世帯の状況|国民生活基礎調査(平成25年)の結果から(平成26年、厚生労働省)

高齢世帯は2040年に44.2%に、一人暮らしの高齢者も増加|「日本の世帯数の将来推計」厚労省推計で紹介した国立社会保障・人口問題研究所が行なった2018(平成30)年推計の「日本の世帯数の将来推計(全国推計)」によれば、全世帯主に占める 65 歳以上世帯主の割合は2015年の36.0%から2040年には44.2%を占めることがわかったそうです。

孤独が健康に大きく影響するというニュースも増えています。

【孤独 関連記事】

高齢者の一人暮らしの人の中には、一人のほうが楽という人がいる一方で、もしかすると、「一人のひと(男性・女性)に尽くす・添い遂げる」という価値観があることで「一人」を選択してしまっているという人もいるかもしれません。

それが美的感覚として素晴らしいと思われていますし、それを否定するわけではありませんが、これからの人生100年時代には「孤独」でいるのは長すぎるかもしれません。

人生100年時代には恋愛・結婚のパートナーに限らず、新しいコミュニティでつながりをもつことも大事になるでしょう。

高齢者の一人暮らしであっても、ゆるく周りの人々とつながっていく形を作っていくことがこれから必要になるはずです。

人とのつながりをゆるくでも持つことが人生に彩りを与え、時にはそれが恋愛・結婚に発展していくこともあるということが自然になっていくでしょう。

50代の恋愛が普通のものとなりますように!







【50代 関連記事】

夏の終わりは「別れました」とTwitterでツイートする人が多い?|夏の恋愛は冬よりも長続きしない理由




■夏の終わりに別れるカップルが多いのか?

Couple

by mrhayata(画像:Creative Commons)

Twitterで「w」を打ち込むと「別れました」というワードが表示されています。

ずっと見続けていたわけではないので、これまでも多かったのかもしれませんが、現時点でTwitterで「別れました」とツイートしている人が多いと考えられます。

【関連記事】

「夏の終わりに別れるカップルが多い」という仮説をもとにその理由について考えてみたいと思います。

冬にスタートした恋愛は夏よりも長続きする傾向にある|Facebookによれば、冬にスタートした恋愛関係は夏よりも長続きする傾向にある、つまり、夏にスタートした恋愛は長続きしないということですよね。

夏にスタートした恋愛が長続きしない理由には女性・男性それぞれの理由があると考えられます。

■女性の理由

あるアンケート結果によれば、「ひと夏の恋を経験したい」と考えている女性は平均で37%、20代では4割にも達することがわかったそうで、その理由として最も多かったのは、「人生の思い出に、後先を考えない恋をしたい」というものでした。

■男性の理由

男はビキニの女を「物と一緒にしか見れない」ことが判明で紹介したプリンストン大学の実験では、女性が肌を露出しすぎると、男性と真剣交際することが難しくなるということが判明しています。

つまり、女性はひと夏の恋を人生の思い出として経験したいと思い、男性は肌を露出しすぎた女性とは真剣交際するのが難しいわけですから、結果として、夏にスタートした恋愛は短くなりやすいと考えられます。

また、夏休みのような長期の休みではカップルで旅行に行く機会を持つことも多いと思いますが、恋人との旅行でケンカする確率は90%あるそうです。

恋人との旅行でケンカする確率90%!?|なぜ旅行に行くとケンカしてしまうのか?によれば、旅行に行くとケンカする理由として2つ挙げられています。

1.旅行では長い期間一緒にいるため、普段のデートで無意識的に隠していた素の自分(だらしない自分や怒りっぽいなど)が出てしまうから

2.感情が解放されて、意見が衝突しやすいから

■夏休みの期間中は別れることは少ないというデータもある

「夏の終わりに別れるカップルが多い」という仮説をもとにその原因となる理由を考えてみましたが、夏休みの期間中は別れることは少ないというデータもありました。

参考画像:男女の別れの時期をFacebookのステータスで視覚化したインフォグラフィック

クリスマスの2週間前に恋人同士は別れる事が多い?によれば、Facebookのステイタスアップデートから「別れ」「別れた」と言った言葉を調査し、恋人の別れの時期を視覚化したところ、春休みや夏休みなどイベントがある前に別れることが多く、今回の仮説には当てはまりませんでした。

夏休みのようなイベントを楽しむために、夏休みの前に別れて新しい恋人や友達と楽しむようにしているのではないでしょうか。

■まとめ

「夏の終わりに別れるカップルが多い」という仮説の理由としては3つ考えられます。

1.女性はひと夏の恋を人生の思い出として経験したい

2.男性は肌を露出しすぎた女性とは真剣交際するのが難しい

3.恋人との旅行でケンカする確率が高い

こうした理由から夏にスタートした恋愛は短くなりやすいと考えられます。

しかし、春休みや夏休みなどイベントがある前に別れることが多いというデータもあります。







【関連記事】
続きを読む 夏の終わりは「別れました」とTwitterでツイートする人が多い?|夏の恋愛は冬よりも長続きしない理由

女性の約7割がときめき不足!?|「非日常なドキドキ感」「現実にはありえないシチュエーション」がキーワード




Romance

by Theophilos Papadopoulos(画像:Creative Commons)

女性の約7割が“ときめき“不足!? “ときめき”の価値は平均3.6万円

(2014/8/20、msn産経)

はじめに、恋人・配偶者・パートナーの方に限らず、周囲の男性に対して“ときめき”を感じることはあるかどうかについて調査をおこなったところ、“ときめき”を感じている人はわずか4割にとどまりました。ステータス別に見ると、未婚者(恋人がいない方)および既婚者に特にこの傾向が強く、未婚者(恋人がいない方)は76%、既婚者では61%の人が“ときめき”を感じていないと答えています。対して、未婚者(恋人がいる方)は唯一、“ときめき”を感じることが「ある」人が74%と半数を超えています。加えて、もっと“ときめき”がほしいと思うことはあるかどうかを聞くと、66%の人が「ほしいと思う」と回答。

女性の約7割がときめき不足だと回答しています。

昔と比較することができれば、もっとおもしろいテーマになったのではないでしょうか。

昔と比較できて、その数字に違いがあれば、何が違っていたのかが気になるところですし、同じであれば、昔も今もときめき不足を感じている人は同じ程度いるということがわかったはずです。

ただ現代は女性の欲望というか妄想が昔よりもより表面化している印象を受けます。

元々持っていたのかもしれませんが、時代の流れもあるでしょうし、SNS(Twitter・Facebook・Line・ブログ)などのツールで意見が表に出てくるようになっているのでしょう。

女性向け恋愛妄想市場が成長しているというニュースも目にしますし、「後ろから抱きしめる」「壁ドン」「頭ポンポン」といった女性の妄想がテレビなどメディアでも話題になっていますよね。

【関連記事】

あと、この記事で気になったのは(詳しくは元記事をご覧になっていただきたいのですが)、「現実にはありえないシチュエーション」「非日常なドキドキ感」というワードです。

非日常を例に上げると、「海でのナンパ」です。(「海でのナンパはそんなに嫌じゃない」女性は43%|誘い文句は「スイカ割りしませんか? 」

街での生活というのは日常であるのに対して、海というのは「非日常」ですよね。

毎日の仕事や学校でのストレスをためこんだり、日々の退屈した変わらない日常から抜け出したいと心の何処かで思っているのでしょう。

海でナンパされるというのは、日常ではない非日常の環境であるため、女性がときめきやすいといえるのではないでしょうか。

もう一つ例を挙げると、「ひと夏の恋」があります。

3人に1人が「ひと夏の恋」を経験したことがある!?によれば、ひと夏の恋をしたい理由として多かった理由は「人生の思い出に、後先を考えない恋をしたい」というもので、女性は恋愛というものに対してときめきを感じているようです。

女性を幸せにする世の中にするとしたら、この「非日常なドキドキ感」を提供することを考えるといいかもしれませんね。







【関連記事】
続きを読む 女性の約7割がときめき不足!?|「非日常なドキドキ感」「現実にはありえないシチュエーション」がキーワード

顎チョコン(あごのせ)|女の子が男の子に肩に顔を乗せてくるしぐさ|手にアゴをのせる「あごのせ動画(TikTok)」が話題!

【目次】

■顎チョコン(あごのせ)|女の子が男の子に肩に顔を乗せてくるしぐさ

Couple

by Kevin Dooley(画像:Creative Commons)

※ピッタリくる画像が見つかりませんでしたが、ニュアンスだけでも。

久々に列車に乗る機会がありまして、目の前にいる高校生カップルの女の子が男の子に肩にアゴを乗せるしぐさってかわいらしいなとほほえましく見ていたのですが、もしかすると、最近の言葉、たとえば「壁ドン」「顎クイ」のような言葉になっていないかなと思って調べたらありました!!!

「壁ドン」や「顎クイ」に続くキュン死仕草『肩ズン』|ホンネスト

「肩ズン」に加えて、「顎ズン(あごずん)」も出てきているが、これは女子の肩に顎を乗せる行為を指している。

男の子が女の子の方に頭を乗せるしぐさを「肩ズン」と呼ぶそうです。

でも、探していたのは、女の子が男の子の肩にアゴを乗せるしぐさで、できればもう少しかわいらしい表現がないかなと思ったのですが、どういえばいいのでしょう。

そこで考えてみたのが、「顎チョコン(あごのせ)」

チョコンと乗せるしぐさがかわいらしいので、チョコンを採用してみました。

■なぜ顎チョコン(あごのせ)のしぐさがかわいらしいのか?
  • 自然と上目遣いになるから
  • 顔が近いから
  • ボディタッチ(肩と顎が触れ合う)
  • チョコンと乗せる仕草がかわいい
  • かまってほしい感が伝わる
    ペットを飼っている人は良く分かると思いますが、ちょこんと体に触れてくれる仕草が「かまってほしいのかな」「寂しいのかな」と思わせるんですよね。

■あごのせ動画が話題!

最近10代のSNS(TikTok)の間で手にアゴをのせる「あごのせ」が話題になっています。(ハッシュタグ「#いいアゴ乗ってんね」でチェックしてみてくださいね )

→ 2018年は口パク動画「リップシンクアプリ」に注目!「Tik Tok」「musical.ly」で稼ぐ10代から次世代スターが誕生するかも!? について詳しくはこちら

■まとめ

インスタグラムやミクチャ、VineなどのSNSでこのしぐさの選手権なんかあったらすごく微笑ましいと思うのですが、いかがでしょうか?

【関連記事】
続きを読む 顎チョコン(あごのせ)|女の子が男の子に肩に顔を乗せてくるしぐさ|手にアゴをのせる「あごのせ動画(TikTok)」が話題!

学術的に一番相性のいい人(=運命の人)の見分け方・特徴|#ホンマでっかTV

2013年3月20日放送のホンマでっかTVでは、「学術的に一番相性のいい人=運命の人を選ぶ方法」を紹介していました。

【目次】




■結婚式を挙げなくてもいい女性は母性が強い!?

the ♥ in her eyes

by Benjamin Thomas(画像:Creative Commons)

母性の強い女性は変化を臨機応変に受け止める事ができる。

男性は記録を残すなど固定的な考え・形式にこだわる傾向があるのですが、母性の強い女性は結婚式などの形式にこだわらないと考えられているそうです。

■友人の正面の席に座る人は意思が強い!?

心理学の原則(視界の自由度は心の自由度に正比例)

正面→顔を見ないと失礼=視界が不自由→心も打ち解けにくく否定し合う

否定される位置に自ら座る→自分の意思が強い人

斜めの席(カウンセリングポジション)→相手の悩みを聞くのに適している→相手の意見に流されやすい

■集団競技が得意な人はキレイ好き!?

キレイ好きな人は視野が広く色々な物を瞬時に見分けられるそうです。

視野探索能力が低い人は物を片付けられない傾向がある。

集団競技を行うことで視野が広くなる傾向がある。

■キスで頭を左に傾ける人は気が利いて空気が読める!?

男女関係なく80%の人が右に傾け、20%の人が左に傾ける

左に傾ける人→論理的で冷静

右に傾ける人→情熱的で感情的




■キスで頭を右に傾けやすいのは赤ちゃんの頃の仕草が原因!?

頭を右に傾けておっパイを吸う赤ちゃん

自分の感情に素直に動く人→頭を右に傾ける

頭を左に傾ける人→甘えられない傾向がある

【関連記事】

■5kg以上の体重の増減がない人は美意識がある!?

女性は中年以降太る時はお腹から痩せる時は胸からが多い

【関連記事】

■体脂肪のつく順番

おしり ⇒ お腹 ⇒ 二の腕

■体脂肪が落ちる順番(体脂肪がつく順番と逆)

おしり ← お腹 ← 二の腕

体重の増減が激しいと体型が悪くなりやすい

美意識がある人→体重増減のリスクを理解しコントロールしている

※ちなみに、20歳のころに比べ、体重が5kg以上体重が増減している人は、健康に注意が必要なようです。

【関連記事】

■交際相手の口癖がうつる人は相手をコントロールできる!?

言葉の使い方を似せると共鳴性が出て誘導し易くなる。

【関連記事】

女性は最初の1分間でよく動いた男性に対して関心をもつ?

「ミラーリング」

ボディランゲージや顔の表情が同調するのは、同じ感情を共有したり、気分の波長があっていたり、お互いに親近感をいだいている時です。

■口癖がうつるカップルは長続きする!?

【関連記事】

■握手までの時間が短い人は、周りに気を遣い思いやれる性格

握手をするまでの時間に性格が表れやすい

握手までの時間が短い人→周りに気を遣い思いやれる性格




→ 「見覚えがある」ことが運命の人と出会う魔法!? について詳しくはこちら




【関連記事】
続きを読む 学術的に一番相性のいい人(=運命の人)の見分け方・特徴|#ホンマでっかTV