スマホを長時間使用すると「老け顔」になりやすい!?その3つの理由とは?


Friends with Mobile Phones

by Garry Knight(画像:Creative Commons)

> 病気・症状 > 目の病気 > 目の疲れ > スマホを長時間使用すると「老け顔」になりやすい!?その3つの理由とは?




■スマホを長時間使用すると「老け顔」になりやすい!?その3つの理由とは?

スマホを長時間使用すると「老け顔」に!原因は『目疲れ』による血行不良、その解消法とは?

(2014/9/13、東洋経済オンライン)

「スマホやパソコンを長時間使用していると、老け顔になりやすい。

スマホやパソコンを長時間使用していると、目を酷使することによって、目がショボショボとしてくるだけでなく、目尻のシワやクマに加え、ほほまでたるむ、いわゆる老け顔になりやすいそうです。

→ スマホ老眼 についてはこちら

【関連記事】

その理由は何なのでしょうか。

1.姿勢

その理由のひとつは、姿勢に関係しています。情報端末を見るときに、頭を下方面に向ける前傾姿勢を取りやすいでしょう。すると、首の両側の『胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)』という筋肉が、緩むのです。頭を支える筋肉が緩むことで、頬はたるみ、目の筋肉も下がってきます。それが老け顔に結びつくのです。

スマホを使用しているあなたをイメージしてみてください。

スマホを見るときには、頭を下方向に向けて、前傾姿勢を摂っていると思います。

スマホの使い過ぎでアゴがたるむ「スマホ顔」とは?によれば、そのような姿勢を長時間とっていると、アゴ部分に重力がかかって口の周りが下に引っ張られ、頬やアゴのラインがたるむ「スマホ顔」になりやすいそうです。

【関連記事】

 

2.片眼視

また、『片眼視(かたがんし)』も、顔を歪めて老け顔になりやすい

<中略>

片眼視は、片方の目だけで近くのモノを見ること。右目だけで見る場合、顔を少し左に反らし、右目を中心にした姿勢を取ることが多い。すると、使わない左目は筋肉が緩んで下がる。右目は上がって左目は下がるといった歪みが起こることで、老け顔になりやすいそうだ。

左右のバランスが崩れることにより、顔が歪み、老け顔になりやすいそうです。

また、「隠れ斜視」による疲れ目・頭痛・肩こり改善|ためしてガッテン 6月4日によれば、日本人の半分以上、つまり6000万人以上が「隠れ斜視」なのだそうです。

隠れ斜視だからといって、全員が疲れ目になるわけではなく、普段の生活を送る上では、何の支障もないのですが、スマホやパソコンなどで長時間近い距離のものを見続けると、外眼筋は常に目のずれを正常な位置に保ち続けなければならず、疲労がたまってしまいます。

特に、目のズレの角度が大きい人ほど疲れやすいそうです。

疲れがたまると、やはり老け顔になりやすいですね。

【関連記事】

 

3.目の疲れによる血行不良

目の疲労が老け顔に関係しているのは、血行不良だ。同じ姿勢を続けると、肩や首がこることで、頭部への血流は減少。首を前に倒すだけで、脳へ行く血流は4分の1に減るという。加えて、目をキョロキョロ動かす「外眼筋(がいかんきん)」も、ジッと画面を見続けることで機能が低下し、目への血流は、さらに減る。

長時間のパソコン使用で冷え・肩こり・眼精疲労の症状を併発によれば、パソコンの使用時間が長い人は、肩こり眼精疲労冷えといった症状が併発することが多くなるそうです。

眼精疲労、肩こり、冷えに共通していると考えられるのは、血行不良です。

スマホやパソコンの画面を長時間同じ姿勢で見続ければ、目、肩だけではなく、足先などの末梢の血液循環が低下し、眼精疲労や肩こりが起こりやすく、体の冷えにもつながると考えられます。

「目への血流が減ると、酸素や栄養分が届かなくなり、視力が落ちるだけでなく、目の周囲の皮膚にシワやクマが生じやすくなります。

血流が悪くなり、目への血流が減ると、酸素や栄養分が届かなくなることで、目の周囲の皮膚にシワ目の下のくまがでできやすくなります。

女性の92%が「疲れ目」により見た目の印象が変わると回答によれば、女性の92%が「疲れ目」により見た目の印象が変わると答えており、また67%の人が自身の疲れ目の表情にがっかりしたことがあるそうです。

朝と夕方の顔を比較すると5歳老けて見える?!によれば、女性の自己評価としては、平均で「+4.4歳」に対して、男性が女性を評価すると、「+5.0歳」となり、男性のほうが女性自身の評価よりも厳しく見ているようです。

女性の仕事後の見た目年齢は5歳増しの原因は目のクマ?によれば、女性の顔で疲れを感じるポイントとしては、以下のポイントを挙げています。

女性の顔で疲労感を感じるところについては(複数回答)、「目の下のクマ」55.9%、「荒れた・乾燥した肌」44.1%、「はれぼったいまぶた」26.5%、「充血した目」25.5%、「荒れたくちびる」17.6%などが多かった。

こちらの回答によれば、「目の下のくま」や「目の充血」など目に対する印象が大きいようです。

【関連記事】

運動機能の低下でまぶたが下がると、目も小さくなるのです。みなさんも、目を細めた状態で鏡を見てみてください。大きくパッチリした目のときと比べて、老けた顔に見えるでしょう。姿勢の悪さだけでなく、目の疲労も、老け顔につながるのです」

見た目の第一印象を決める上で重要な顔のパーツは「目」によれば、「あなたが良い印象を受ける目は、どのような目ですか?」と聞くと、「パッチリ大きな目」(37%)、「力強さのある目」(20%)、「華やかな目」(13%)などが上位になっていますが、目が疲れ、まぶたが下がると、目が小さく見えるということは、あまりいい印象を与えないということがわかります。

【関連記事】

■まとめ

スマホを長時間使用していると「老け顔」になりやすい。

その理由は3つ。

1.姿勢

2.片眼視

3.目の疲れによる血行不良

スマホやパソコンを長時間使用していると、目が酷使されてしまい、目の疲れ目の充血ドライアイ肩こり頭痛かすみ目目のくま目の痙攣などが起きやすくなります。

目の疲れ解消法はこちら↓

●スマホやパソコンをよく見ている人は、定期的に目を休める。

●遠くを見たり、目を動かして目の緊張を和らげる。

●蒸しタオルで目を暖め血行をよくする。

●目の周囲をマッサージする。

●普段から目や身体の血流をよくするよう食事に気をつけ、健康補助食品・サプリメントなどを利用する。

目をできるだけいたわってあげてくださいね。

→ 目の疲れ(疲れ目)|スマホやパソコンによる目の疲れを取る方法・症状・ツボ についてくわしくはこちら。







【目の疲れ解消法関連記事】

スマホ老眼メニュー

スマホ老眼の症状・原因・予防

スマホ老眼チェック

スマホ老眼対策・改善(治し方)