指先に光を当てるだけで中性脂肪値が測定できる装置が開発される!?|産総研


病気・症状 > 中性脂肪 > 指先に光を当てるだけで中性脂肪値が測定できる装置が開発される!?




fibre

by Mike Seyfang(画像:Creative Commons)

指先で中性脂肪測定 産総研、家庭で肥満対策も

(2014/10/15、sankeibiz)

指先に光を数秒間当てるだけで、血中の中性脂肪を測定できる装置を開発したと、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)の研究チームが15日、発表した。

<中略>

持ち運び可能な大きさの光ファイバーの先端にかざした指先に、「近赤外光」と呼ばれる可視光と赤外線の間の波長の光を照射。人体に比較的吸収されにくい性質を利用し、透過した光を分析して血中の中性脂肪の濃度を調べる。

産業技術総合研究所の研究チームは、指先に「近赤外光」という光を当てるだけで中性脂肪値を測定できる装置を開発したそうです。

以前、スマホのフラッシュやカメラ機能を使い、血糖値管理ができる技術が研究されている!?という記事を紹介しましたが、スマートフォンのフラッシュ機能やカメラ機能を活用して、血糖値の検査を行ない、血糖値コントロールができないかという研究が行われているそうです。

今回の記事は光ファイバーの「近赤外光」を当てるというアイデアでしたが、これがスマホに取り付けられるデバイスとなれば、スマホが簡易的な医療機器になっていく日も近いのではないでしょうか。

光を当てて分析することで血糖値や中性脂肪値、コレステロール値などをデータ化すれば、予防医療にもつながりそうです。

→ 中性脂肪とは・数値(正常値)・高い原因・下げる(減らす) について詳しくはこちら




→ 中性脂肪の減らし方(食事・運動・サプリメント) について詳しくはこちら

→ 中性脂肪が高い人の食事の特徴 について詳しくはこちら




【参考リンク】

【関連記事】

【関連記事】