Apple Watch、健康関連機能の実装を見送る可能性−内臓センサーに問題?


Apple Watch - Green Sport Band

by William Hook(画像:Creative Commons)




「Apple Watch」、健康関連機能の搭載を断念の可能性–センサの問題で

(2015/2/18、CNET japan)

The Wall Street Journal(WSJ)によると、Apple Watchで心拍数、血圧、ストレスレベルをモニタリングできるようにする計画が中止になったという。

記事によれば、まもなく発売予定のApple Watchでは注目を集めていた健康関連機能の実装を見送る可能性があるそうです。

【関連記事】

その理由は、内臓センサーに問題があるようです。

センサの動作があまりにも一貫せず、同社の望む結果が得られないためだという。4年間にもわたる研究、開発、試験にもかかわらず、バンドの締め付け具合、皮膚水分量の変化、装着者の腕の毛深さといった変数の補正が難しすぎることが明らかになった。

様々な要因からセンサーの動作が一貫せずに望む結果が得られないのが理由です。

注目されていた健康機能を外したApple Watchにユーザーはどのような反応を示すのか気になります。