<骨粗しょう症>紅茶のポリフェノール「テアフラビン」に予防効果|大阪大


> 病気・症状 > 骨粗しょう症 > <骨粗しょう症>紅茶のポリフェノール「テアフラビン」に予防効果




Tea Time with Mooncake Pt. II

by Laura D’Alessandro(画像:Creative Commons)

<骨粗しょう症>紅茶のポリフェノールに予防効果

(2015/2/24、毎日新聞)

紅茶の苦み成分のポリフェノールに骨の破壊を抑える効果があることが分かったと、大阪大のグループが発表した。骨粗しょう症を予防する薬になる可能性があるという。

大阪大のグループによれば、紅茶の苦み成分であり、抗酸化物質であるポリフェノール「テアフラビン」に骨の破壊を抑える効果があり、骨粗しょう症を予防する可能性があるそうです。

→ 骨粗しょう症の症状・原因・予防・食事 についてはこちら

ただ、今回の実験結果と同等の効果を得るには、すごい量の紅茶を飲む必要があるそうです。

マウス実験と同等のテアフラビンを体重60キロの人が摂取するには、1回に紅茶60杯を飲む必要があるという。

テアフラビンをサプリメントにして摂取すれば、骨粗しょう症を予防できるようになるかもしれませんね。

【参考リンク】







【骨粗しょう症関連記事】

【テアフラビン関連記事】