重い心臓病の子供のふくらはぎの細胞から作った心筋シートを心臓に移植する治験を始める|阪大


Surgery

by Army Medicine(画像:Creative Commons)




心筋シート、子どもに移植 阪大が重い心臓病で治験

(2016/4/5、日本経済新聞)

治験の対象は心筋の働きが悪くなって血液を送り出すポンプ機能が次第に低下する「拡張型心筋症」の患者。重症化すると根本的な治療は心臓移植しかない。ただ子供の臓器提供者は少なく、移植を待つ間に症状が悪化して死亡することもある。

 治療ではまず、患者のふくらはぎから筋肉の元となる「筋芽細胞」を取り出して培養し、直径4~5センチのシートを作る。数枚を本人の心臓に貼りつけると、シートから出るたんぱく質が心筋の機能を回復させる。

大阪大学の澤芳樹教授らは、重い心臓病の子供のふくらはぎの細胞から作ったシート(心筋シート)を心臓に移植する治験を始めたそうです。

20160824heartsheet_terumo

参考画像:テルモ、「ハートシート」の製造販売承認を取得 世界初となる心不全治療用の再生医療製品|スクリーンショット

心臓病の子どもから特殊な細胞を取り出して治療する再生医療の治験を始める|岡山大などによれば、岡山大学病院の王英正教授などの医療チームが、重い心臓病の子どもから、心臓の筋肉の元になる特殊な細胞を取り出して培養し、体に戻して治療しようという再生医療について、健康保険の適用を目指して安全性などを確かめる治験を始めました。

重い心臓病の子供がより多く救われるようになる日も近いかもしれません。

【参考記事】







【関連記事】