ラグビーの元日本代表で、日本代表監督も務めた平尾誠二さん(53歳)の病気は「胆管細胞がん」


DSC_2966

by K.M. Klemencic(画像:Creative Commons)

> 病気・症状 > 胆管がんとは > ラグビーの元日本代表で、日本代表監督も務めた平尾誠二さん(53歳)の病気は「胆管細胞がん」

平尾誠二氏、胆管細胞がんを患っていた 遺族がコメント発表

(2016/10/25、livedoor)

平尾氏が昨秋から胆管細胞がんを患っていたこと、23日に家族による密葬を済ませたことを明かした。

ラグビーの元日本代表で、日本代表監督も務めた平尾誠二さん(53歳)の病気は胆管細胞がんだったそうです。

胆管がんとは

胆管がんは胆管の粘膜から発生する悪性腫瘍です。

肝内胆管がんは肝臓にできたがんとして取り扱われます。

胆管とは

胆管は肝臓でつくられる胆汁を十二指腸まで導く導管で、肝臓の中を走る肝内胆管と肝臓の外に出てから小腸までの肝外胆管に分けられます。

→ 胆管がんの症状 について詳しくはこちら

【関連記事】