ふくらはぎの状態で体調が分かる?|マッサージで全身の健康維持


Day 060/366 Outtakes - February 29th

by Amanda Hatfield(画像:Creative Commons)




■ふくらはぎの状態で体調が分かる?|マッサージで全身の健康維持

【健康】ふくらはぎで分かる体調 マッサージで全身の健康維持

(2010/7/6、msn産経)

冷房の効いた室内にいることが多い季節となり、手足の冷えを訴える人は多い。「万病の元」といわれる冷え。

ふくらはぎの状態を毎日チェックし、マッサージすることで血流障害を取り除き、冷えやむくみ、夏にも患者が絶えないあかぎれやひびなどの症状改善にも効果があるという。

小池統合医療クリニック(東京都新宿区)の小池弘人院長は「マッサージを続けることで血行が改善し、全身の血液状態の改善につながっていく」と“ふくらはぎ健康法”を呼びかける。

冬以上に冷房による手足の冷えを感じる人がいると思います。

冷房病 についてはコチラ

記事によれば、ふくらはぎをマッサージすることは、血流改善し、冷えやむくみなどの改善に効果的なのだそうです。

ふくらはぎが東洋医学にいう『お血(けつ)(血液が一定の個所に滞る状態)』の状態になると、免疫力の衰えや自律神経のバランスの乱れ、こりやむくみなどさまざな症状が出てくる。

ふくらはぎの血流が滞ると、免疫力の低下や自律神経の乱れ、コリ、むくみといった症状が出てくるそうです。

それでは、よいふくらはぎの状態とはどのような状態なのでしょうか。

良いふくらはぎの状態として、(1)冷えていたり熱すぎたりせず、適度な体温を感じられる(2)弾力がある(3)皮膚に張りがある(4)コリコリした部分がない(5)押したり触ったりしても痛みがない(6)指で押して離すと、すぐに元の状態に戻る-などが挙げられる。

これらを常にチェックしておくことが大切だ。

自分の体の血流が滞っていることが分かれば、マッサージを行うことで血流を改善することができるし、全身状態を良くすることにもなる。

●良いふくらはぎの状態

  1. 冷えていたり熱すぎたりせず、適度な体温を感じられる
  2. 弾力がある
  3. 皮膚に張りがある
  4. コリコリした部分がない
  5. 押したり触ったりしても痛みがない
  6. 指で押して離すと、すぐに元の状態に戻る

ふくらはぎの状態を毎日チェックしておき、ふくらはぎの状態がよくないときには、マッサージを行うことで血流が改善したらいいようですね。

 

小池院長は「特に夏は空調が効いているところにいると、足元が冷えてくる。血流障害が生じる。『夏は暑いから体をもんで温める必要はない』と考えるのではなく、ふくらはぎをマッサージして血流を良くすることが大事」とアドバイス。

夏は空調が効いているために反対に足が冷えやすく、血流が悪くなりやすいのかもしれませんね。

自身の体の状態を知るためにも、毎日ふくらはぎをチェックしてみてはいかがですか。

体温を上げる方法 についてはこちら

低体温|低体温の改善・原因・症状 についてはこちら。

【AD】



1.パイル編みという空気層が大きくなる構造を採用することで、断熱効果の高い空気層を活かしています。

2.締め付けないで温めます。

ゴムが強くなると血管を圧迫して血液の流れを悪くします。

ミーテの最大の特徴は、履く人のふくらはぎの型を記憶して、脱いでも
ふくらはぎの形状をとどめます。

だから、ミーテは就寝時も安心して使用でき、一日中履いていても快適に過ごせます。