薄着になる夏こそ悪化しやすい内臓型冷え性とは・チェック・予防する方法|#世界一受けたい授業


病気・症状 > 冷え性 > 薄着になる夏こそ悪化しやすい内臓型冷え性とは・チェック・予防する方法|世界一受けたい授業

2010年8月7日放送の世界一受けたい授業では、「冷えは万病の元だった!?現代病“内臓型冷え性”の恐怖」を取り上げました。

講師は、伊藤剛先生(北里大学)

内臓型冷え性




Angelina Jolly Visits Helsinki Zoo for a day

by Candida.Performa(画像:Creative Commons)

●人間は運動や食事で熱を産み出しており、温まった血液を巡らせ体温を維持しているのですが、冷え性の人の多くは、ストレスや不規則な生活で体温コントロールが乱れ、冷えているそうです。

●冷え性には、四肢末端型冷え性や下半身型冷え性、内臓型冷え性などがあります。

●内臓型冷え性になると、便秘・下痢・風邪を引きやすくなる・膀胱炎になりやすい。

●薄着になる夏こそ内臓型冷え性を悪化させやすい。

●四肢末端型冷え性は、手足が冷えるタイプ。このタイプの冷え性は若い女性に多く、その原因としては、食事が足りない・特にダイエット志向がある。体の中で熱がうまくできなくなる。

●下半身型冷え性は、腰から下または下だけが冷えるタイプ。このタイプの冷え性は、女性にも多いのですが、中高年の男性にも多いそうです。一番の原因は、腰の骨が変形してきて神経を圧迫、動脈硬化で足に行く血流が落ちること。

●内臓型冷え性は、体の中が冷えている状態。人間の体は寒くなると、手足の表面の血管を細めます。血液の流れを減らし、温かい血液をできるだけ内臓に集めようとするのですが、体質的な問題やストレス、不規則な生活等で体温のコントロールが上手くできなくなると、寒くても血管が開いて、そこから熱が逃げていってしまう。そうすると、体の中心部の温度が冷えて、内臓型冷え性になってしまう。

腸が冷えると、ガスがたまる、便秘、下痢(水分を吸収する機能が落ちる)の原因にも。

膀胱が冷えると、細菌が繁殖しやすく、膀胱炎になる危険性もあるそうです。

内臓が冷えるということは、体全体の抵抗力の低下にもつながるため、風邪を引きやすい・治りにくいといった体の不調の原因にもなるそうです。

●夏は暑いため、熱が逃げやすい体になっている。しかし、冷房などで直接的に肌を露出しているところが冷やされるため、余計熱が奪われやすい。そのため、夏は内臓型冷え性の人には注意が必要。

●内臓型冷え性チェック

1 涼しいところにいるとお腹が冷えつらい

2 二の腕・ももが冷える

3 手の先・足の先は温かいのに冷えを感じる

1つでも当てはまれば内臓型冷え性の可能性あり。

1が当てはまる人は、元々冷えている内臓がさらに冷やされるため、症状が悪化したり、痛みが出たりなどする。

2が当てはまる人は、中心部の冷えが広がっているから。

3が当てはまる人は、手足の血管が開いたままで、血液の流れが良いため、熱が奪われていってしまう。同時に表面の血液の流れが良いので汗をかく。

自覚症状があるのはまだよいほう。中には内臓が冷えていても自覚していない方もおり、そちらの方が危険。

●体温を脇の下に挟み、10分間測ると、体の芯(内臓)の温度がわかる。

36度3分以下の場合、内臓型冷え性の可能性があるそうです。

※女性の方は低温期を避けて計測してください。

●内臓型冷え性の特徴は、仲は冷えているけど、外が温かいので、火照ったり、汗をかいたりする。

●内臓型冷え性が進むと、脳が冷える。

脳の機能も全般的に落ちるので、例えば、体がだるい、思考がまとまらないといった症状が出てくる。

耳型体温計で計測すると脳の温度がわかるそうです。(鼓膜の温度が脳温とほぼ同じ)

●内臓型冷え性を防ぐには、体の芯を温めることが一番。

・汗をかかない程度に厚着を心がける。

・お風呂にじっくり浸かる。

・ウォーキング(第2の心臓とも呼ばれるふくらはぎが動き、そのポンプ作用で血流が良くなる。また筋肉を使うことで体温が上がる。)

●冷え性に効果的なウォーキング

背筋を伸ばして、腕は曲げずに伸ばした状態でよく手を振って、大股で歩く。

※肩の位置で水平になるくらいにまで振る。血液を巡らせるのと肩の関節をよく動かすため。腕を曲げると肩がよく動かない。肩甲骨も動くため、肩こりにもいい。

※大股で歩くと、ふくらはぎの筋肉をよく使う。

※10から15分でも良い。

※止まった状態で、腕をぐるぐる回すのもよい。

●内臓型冷え性を防ぐ食生活

基本的に温かい食べ物が良い。

より効果的な食べ物としては、とろみのある料理。

片栗粉などを使うと、熱の保温力が高まる。食べたときに温かいままであり、熱を保有したままいの中に入っていき、お腹に入っても温かいので、効率的に体を温めることができる。







【関連ワード】

内臓型冷え性といえば、以前このブログでも取り上げました。

【関連ページ】

以前取り上げたのは、冬でしたが、今回は、夏。

「夏に冷え性?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、番組予告(Yahoo!テレビ)をみると、

「現代病“内臓型冷え性”の恐怖!」夏こそ危険!知らないうちに内臓は冷えている!体の不調は内臓の冷えが原因!?防ぐにはアレが効果的

と紹介されています。

夏こそ危険というのは、夏に関連したことで内臓が冷えて、内臓型冷え性になっているということみたいです。

【関連記事】

内臓型冷え症の場合は、気温が低くなっても、交感神経の働きが弱いために、手足の血管を収縮させないため、血液を体の中心である内臓に集まることがないそうです。

そのため、体の中心である内臓が冷えて、機能が低下し、膀胱炎や機能性胃腸障害などを起こしやすくなってしまいます。

また、内臓型冷え症の場合、末端の手足は暖かいため、症状が気づきにくいといった欠点があります。

今回番組で紹介した内臓型冷え症のケースで、冷えを悪化させた理由は次のような理由がありました。

●交感神経が弱い体質

●夏に冷房を浴び続けてしまった

    ●過度の疲労で体のバランスが崩れた

ここで出てくるキーワードは、「交感神経」「冷房」「過度の疲労」です。

このことに関連したことといえば、冷房病を想像します。

冷房病|冷房病の症状・原因・対策

■冷房病とは

冷房病とは、冷房の強い環境により、自律神経の機能が乱れる病気です。

冷房病の症状は、倦怠感・肩こり・頭痛・風邪といった症状があります。

冷房病の原因は、夏の温度差による自律神経の乱れが原因です。

夏は、皮膚の下の血管を拡張し、熱を逃がしやすい体になります。

冬は、皮膚の下の血管を収縮し、熱を逃がしにくい体になります。

このように、体は季節に応じて変化しています。

しかし、夏型の体で長時間冷房環境にいると、自律神経が血管を収縮させ、冬型の体に変えようとしてしまいます。

そして、夏場その状態で外に出ると、夏型の体に戻そうとしてしまいます。

つまり、自律神経が季節を混乱し、体温調節機能が乱れてしまうのです。

冷房病は、室内と室外の温度差によって、自律神経(交感神経・副交感神経)が乱れ、体温調節機能が乱れてしまうことによって起きてしまいます。

※だからといって、冷房が全て悪いということではないと思います。冷房は、熱中症対策にとっても大事です。今回のポイントは、過度の冷房環境に居続けるということですので、適切な温度管理をすることが大事だと言えそうです。

もうひとつは、「過度の疲労」ですが、夏バテという言葉があるように、夏は疲れやすいと言えるのではないでしょうか。

【関連記事】

夏バテ予防と疲労の原因物質FF|たけしの家庭の医学 7月27日

■FFを増加させる間違った生活習慣とは・危険な夏の過ごし方とは

私達の身体は、交感神経と副交感神経からなる自律神経が働くことで、体温の調節を行っています。

【夏の気温差(5度以上の温度差)】

外の気温とクーラーで冷やされた室内など5℃以上の急激な寒暖差にさらされると、自律神経の切り替えが激しくなり、大きな負担がかかり、FFが発生することに。

【冷たい飲み物】

冷たい飲み物で身体の一部を冷やすと、自律神経に負担がかかる。

【42℃のお風呂】

42度の熱すぎるお風呂は、自律神経に負担がかかる。

【睡眠(夜暑さで目を覚ます)】

暑さで目を覚ますと、そのたびに自律神経が活動し、自律神経が休まらない。

●FFは夏に増加しやすいので注意が必要。

紫外線が目に入るとFFが増えるそうです。

夏バテと疲労の原因物質FFを取り上げた番組でも、「夏の気温差」について取り上げています。

その他にも、「冷たい飲み物」や「寝苦しさ」、「紫外線」によって、自律神経が休まらず、また疲労しやすいと紹介されています。

それでは、どのように対策をしたら良いのでしょうか。

世界一受けたい授業では、「アレ」が効果的と予告で取り上げています。

果たして「アレ」とは何なのか気になりますね。

もし、「アレ」が食べ物だとすると、実は、今回関連記事として紹介した2つの記事には共通した食材があるんです。

それは、「鶏胸肉」。

【関連記事】

●冷え性の改善・予防に役立つ食事方法

冷え症の改善・予防には、熱になりやすい栄養素であるたんぱく質を摂ることが重要。
たんぱく質を多く含むのは、肉や魚、大豆など。
たんぱく質は食べただけで体を温めてくれるそうで、四肢末端型冷え症の予防・改善には不可欠だそうです。
しかし、たんぱく質を多く摂ろうとすると、カロリーや脂質が気になるものです。
そこで、番組で紹介したのが、高タンパク低カロリー食材を使用した食事です。

1. 鶏胸肉
2. 鮭
3. 豚ひき肉(赤身)

夏バテ予防と疲労の原因物質FF|たけしの家庭の医学 7月27日

■疲労回復効果のある物質「イミダペプチド」

イミダペプチドは、鶏の胸肉に含まれている。

イミダペプチド200mg=鶏の胸肉約100gを1週間摂り続けると、疲労回復につながるそうです。

文部科学省などの研究によると、イミダペプチドを一週間摂ることで75%以上の方の疲労が回復するという結果が出ています。

さらに、今年6月の大阪市立大学医学部の研究によると、イミダペプチド+ビタミンCでさらに疲労回復が早まるそうです。ビタミンCを摂れば摂るほど疲労回復が早まるそうです。

2つの記事の理由は違うのですが、両方とも「鶏胸肉」を取り上げています。

なぜ鶏の胸肉がよいかというと、

1 熱になりやすい栄養素がたんぱく質であるから

2 疲労回復効果のある物質であるイミダペプチドを多く含んでいるから

という2つの理由があるからのようです。

内臓型冷え性にならないような生活習慣に変えていきたいですね。

【関連記事】

冷え性関連ワード

冷え性改善方法|冷え症の症状・原因・末端冷え性(手足の冷え)

男性の冷え性

足の冷え|原因・対策・改善・ツボ

冷え性解消方法

冷えのぼせの症状・原因・改善・対策