大坂なおみ選手、急激な成長の陰にはどんなトレーニングをしていたの?|テニス





■大坂なおみ選手、急激な成長の陰にはどんなトレーニングをしていたの?|テニス

Naomi Osaka

by Carine06(画像:Creative Commons)

大坂なおみ選手が女子テニスのBNPパリバ・オープン決勝でカサキナ選手を破り、悲願のツアー初優勝を飾りました。

急激な成長の陰にはどのような変化があったのでしょうか?

それには新しいコーチによるオフシーズンでのトレーニングの成果が現れているようです。

大坂、サポート体制の充実で躍進 新コーチはセリーナの元練習パートナー/テニス

(2018/3/19、サンケイスポーツ)

バイン氏はセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=やビクトリア・アザレンカ(28)=ベラルーシ=らトップ選手の練習パートナーを務めた経験がある。米国人のトレーニング担当コーチも付いたことでフィジカルが向上。さらに今大会からは茂木奈津子トレーナー(40)が専属で同行するようになり、体のケアにも時間を割けるようになった。

圭に続きたい!7キロ痩せた大坂なおみキレキレ4強

(2018/3/16、日刊スポーツ)

オフシーズンの昨年末に新たに就任したベージン・コーチと、1日平均4時間、体力トレーニングを行った。約7キロも痩せ、体が締まった。昨年までは左右に振られると体幹がぶれ、イチかバチかのショットでミスの山を築いた。

オフシーズンに就任したサーシャ・バイン・コーチと体力トレーニングを行ない、7キロ体を絞ったそうで、それまで左右に振られるとミスしていたショットをミスをしなくなったそうです。

また、トレーナーが専属で同行することにより、体のケアも充実できているようです。

テレビを見ていると、カサキナ選手は大坂なおみ選手とそのチームに対して称賛を送っていましたので、テニスは一人でやるスポーツのようで、実際はチームが上手く機能していることが大事なのではないでしょうか。

錦織圭選手のコンディショニング戦略(栄養管理・ピリオダイゼーション・ケガの予防)|テニスでは、栄養管理やトレーニングへの取り組み方、ケガの予防について取り組みを変えたことが錦織圭選手の成長に大きく影響していると紹介しましたが、大坂なおみ選手も同様にいいチームを作り、いいトレーニングができたからこそ、今回のような結果を生むことができたのだと思います。




■大坂なおみ選手のトレーニング風景

Ladders on grass takes cruelty to a whole other level.

Naomi Osaka 大坂なおみさん(@naomiosakatennis)がシェアした投稿 –

First time attempting to box 🥊 I couldn’t lift my arms in between sets 😩

Naomi Osaka 大坂なおみさん(@naomiosakatennis)がシェアした投稿 –







P.S.

大坂なおみ、世界1位を撃破した瞬間にラケットを投げなかった理由

(2018/3/18、sportiva)

「勝ったら、ちょっとは泣いたりするかなと思ったけれど、実際にはそうはならなかった。試合が終わったことへの安堵のほうが大きかったから。ようやく勝った実感が湧いたときには、もうラケットを投げるには遅すぎたし」

 それに……と、真摯な口調で彼女は続けた。

「喜びすぎるのは、相手に対して失礼になると思ったの」

彼女の性格が垣間見れるインタビューですね。

【関連記事】

【関連記事】