ヒスチジンを含む食品をよく噛んで脳内ヒスタミンを増やし食欲を抑える|#ためしてガッテン(#NHK)


Cupcake

by Frédéric BISSON(画像:Creative Commons)




2011年6月8日放送のためしてガッテンでは、「医学が認めた!食欲をコントロールできる技」を取り上げました。

■医学が認めた!魔法の痩せ薬!

肥満治療のスペシャリスト 坂田利家 大分医科大学名誉教授

食欲を意思の力で押さえ込むのはもともと無理。

しかし、ある物質をうまく使うと、食欲をコントロールすることは可能なのだそうです。

■なぜ食欲が抑えられないのか?

野生の動物にエサをどれだけ与えても、必要以上に食べ過ぎることはない。

しかし、人間だけが食べ過ぎてしまう。

満腹中枢と摂食中枢とのバランスが取れていれば、食欲はコントロールできる。

※摂食中枢:食べる行為を引き起こす脳の部分

食欲が大きくなる(お腹が減ってしまう)要素としては、甘み・油脂・だし・グルメ情報・見た目・香り・ストレス・アルコール・睡眠不足。

脂質や糖質などを食べると、脳の中で「βエンドルフィン」という快楽物質が出て、摂食中枢を刺激する。

「睡眠不足はグレリンの増加を引き起こし、空腹感と食欲を上昇させる」(シカゴ大学)

前頭前野(判断や意思決定)が美味しい物に簡単に負けてしまう。

=意志の力で押さえ込むことが出来ない。

■食欲を抑える物質とは?

ヒスタミン

  • 鼻づまりやかゆみなどのアレルギー症状を引き起こす厄介な物質
  • 食欲を抑えてくれる

ただし、ヒスタミンは、脳内に行かないと食欲を抑えてくれない。

ヒスタミンを直接口から摂っても食欲は抑えられない。

なぜなら、血液脳関門を通ることが出来ないから。

■どうやって脳内だけでヒスタミンを増やす?

脳内ヒスタミンを増やす方法

◯食事の前に10分間ガムを噛んだ

噛むという刺激が咀嚼中枢を通って結節乳頭核という部分に届きます。

実はここがヒスタミンを作っているところ。

そうして、満腹中枢をヒスタミンが刺激するために、満腹感を感じるようになる。

また、ヒスタミンは、交感神経も刺激して、その信号は直接内臓脂肪まで届いて、内臓脂肪を減らしてもくれる。

つまり、噛むという行為自体が満腹感を高めてくれるということがわかった。

病気の治療には型に入れるということが大事で、30回噛むということをきっちりと守るようにする。

30回で飲み込める量を口に入れるようにする事が大事。

【関連記事】

中島滋 文教大学健康栄養学部教授

◯ヒスチジン

megan's okonomiyaki, bonito flakes

by yuri ono(画像:Creative Commons)

ヒスチジンはアミノ酸の一種でヒスタミンの原料。

ヒスチジンは脳内でヒスタミンに変化するので、ヒスチジンを多く含む食品を摂ることで、食欲をコントロールすることができるそうです。

ヒスチジンが多く含まれる食品は、本マグロ、かつお、ぶり、さばなど赤身魚や青魚に多い。

ヒスチジンが多く含まれる食品をよくかんで食べるようにする。

●ヒスチジン摂取のポイント

  1. タンパク質を十分に取る
  2. 赤身魚や背の青い魚を多く取り入れる
  3. 生やだしなどとして食べるといい







⇒ あなたにあった ダイエット 方法の選び方 はこちら

ダイエットの基礎知識 はこちら

ダイエット方法ランキングはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダイエット方法ランキング

2011年6月8日放送のためしてガッテンでは、「医学が認めた!食欲をコントロールできる技」を取り上げるそうです。

番組予告によれば、

半年で40kgものダイエットに成功した、とある男性。

成功の秘密はなんと「食欲をコントロールするワザ」の指導を受け、実践したことだった!

脳の中の「脳内ヒスタミン」が満腹中枢を刺激、少ない食事量で大きな満足感を得られるという、画期的な方法だ。

と紹介されています。

脳内ヒスタミンが満腹中枢を刺激し、食欲をコントロール(少ない食事量でも満足感を得られる)するという方法なのだそうです。

☆最新研究が明かした「食欲が抑えられない最大の原因」

野生の動物にエサをどれだけ与えても、必要以上に食べ過ぎることはない

ところが、なぜ人間だけが食べ過ぎるのか?

実は、脂質や糖質などを食べると、脳の中で「ベータエンドルフィン」という快楽物質が出て、「食べたい!」という気持ちが極めて強くなってしまうのだ。

そのパワーは極めて強烈で、意志の力でおさえるのはほぼ不可能!

食欲が抑えられない最大の原因は、脳に「ベータエンドルフィン」という快楽物質が出ることで、「食べたい」という気持ちが強くなってしまうためなのだそうです。

☆快感に打ち勝つために・・・脳内ヒスタミンの驚異の力

食べる快感に負けないためには、いかにして、脳の「満腹中枢」を刺激するかにかかっている。

最新の研究が明らかにしたのは、満腹中枢は、「脳内ヒスタミン」が多いほど強く刺激されるという驚きの事実!

大学が行った実験では、食事制限など一切ナシにもかかわらず、この方法で7割以上の人がダイエットに成功したほど!

食べる快感に負けないようにするには、満足感を与える=満腹中枢を刺激することが必要。

満腹中枢は「脳内ヒスタミン」が多いほど強く刺激されるそうです。

☆発見!ダイエットに効果てきめんの「ある食材」

脳内ヒスタミンの原料となるのは、「ヒスチジン」という物質。

実は、マグロやカツオなどに多く含まれ、普段から多く摂取している人は、1日の食事量が少ないことが確かめられた。

食欲を抑制するワザの数々を紹介!

脳内ヒスタミンの原料となるのは、「ヒスチジン」。

ヒスチジンは、まぐろやかつおなどに多く含まれているそうです。

芸能人・有名人・セレブのダイエット方法 について詳しくはコチラ。

⇒ あなたにあった ダイエット 方法の選び方 はこちら

ダイエットの基礎知識 はこちら

ダイエット方法ランキングはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダイエット方法ランキング

【追記(2011/9/28)】

2011年9月28日放送のあさイチ(NHK)で脳科学で食欲をコントロールを取り上げていました。