8割近くの女性が目元の特別なケアはしていない!自分でできる簡単マッサージのやり方!

8割近くの女性が目元の特別なケアはしていない!自分でできる簡単マッサージのやり方!


> 健康・美容チェック > 目の病気 > 目の下のクマを取る方法 原因と解消方法 > 目の下のクマやくすみが改善!赤血球の色を変えるお手軽マッサージのやり方【美と若さの新常識】




【目次】

■8割近くの女性が目元の特別なケアはしていない!

8割近くの女性が目元の特別なケアはしていないと回答。しかし、好印象getの秘訣は『目』にあることが判明!|30代~50代女性の「目元のケア」に関する意識調査

(2019/1/29、株式会社CAROL)

女性の92%が「疲れ目」により見た目の印象が変わると回答によれば、女性の92%が「疲れ目」により見た目の印象が変わると答えており、また67%の人が自身の疲れ目の表情にがっかりしたことがあるそうです。

朝と夕方の顔を比較すると5歳老けて見える?!によれば、女性の自己評価としては、平均で「+4.4歳」に対して、男性が女性を評価すると、「+5.0歳」となり、男性のほうが女性自身の評価よりも厳しく見ているようです。

女性の仕事後の見た目年齢は5歳増しの原因は目のクマ?によれば、女性の顔で疲れを感じるポイントとしては、「目の下のクマ」55.9%、「荒れた・乾燥した肌」44.1%、「はれぼったいまぶた」26.5%、「充血した目」25.5%、「荒れたくちびる」17.6%などが多く、「目の下のくま」や「目の充血」など目に対する印象が大きいようです。

つまり、見た目年齢を引き上げるためにも、目のケアが重要だと言えます。

しかし、今回の調査結果によれば、疲れが目元に現れ、また自分自身は他人の印象を目で判断しているものの、実際に目元のケアをしていないのが現状で、その理由としては、『効果的なケアの方法を知らない』『めんどくさい』『諦めている』というように、やりかたがわからないやそもそもやりたくないという理由が多いようです。

だからこそ、簡単なケアの方法を知ることが大事ですし、目元のケアで大きな差が生まれるというわけなんです。

■自分でできる簡単マッサージのやり方

8割近くの女性が目元の特別なケアはしていない!自分でできる簡単マッサージのやり方!
8割近くの女性が目元の特別なケアはしていない!自分でできる簡単マッサージのやり方!

unsplash-logoThien Dang

そこで、今回紹介するのが目の下のクマやくすみを改善する赤血球の簡単ケアです。

目の下のクマやくすみが改善!赤血球の色を変えるお手軽マッサージのやり方【美と若さの新常識】
によれば、血流が滞ると、赤血球から酸素が離れてしまい、赤血球が暗い色になってしまい、目の下のクマやくすみの原因となってしまいます。

【準備】

メイクを落とした後に、化粧水をつけ、乳液やクリームを塗ります。

【マッサージのやり方】

  1. ほおを持ち上げるように、大きく円を描く(8回)
  2. 口角と小鼻を引き上げる(各4回)
  3. 額を引き上げるように円を2回描く
  4. こめかみを押しながら深呼吸

※ポイントは、筋肉の流れに沿って、適度に力を入れること。

番組の検証によれば、血色の悪い女性がマッサージを行った後、赤血球の色を測定すると、明るい色をした赤血球の割合が増え、また顔の広い範囲に酸素が運ばれていることが分かりました。

マッサージを行なうと、血管を刺激することによって、血管がリラックスをする効果もあり、また自律神経がよくなり、毛細血管の血流が良くなることが期待されます。

簡単にできますので、40代・50代で顔色が気になる方や目の下のクマ・くすみが気になる方はマッサージをやりましょう!

→ EPAを摂ると、赤血球がしなやかになり、顔色が良くなり、目の下のクマがなくなる!【美と若さの新常識】 についてくわしくはこちら

→ 目の下のクマを取る方法 原因と解消方法  について詳しくはこちら

→ 目のクママッサージの方法 について詳しくはこちら







【関連記事】

目のくま関連ワード

目の下のクマを取る方法 原因と解消方法

目のクママッサージの方法

コンシーラーによるメイクで目の下のクマを消す方法

青クマを消す方法

茶クマを治す方法

黒クマをなくす方法

目の下のクマ(くま)の原因

目の下のたるみをなくす方法