カテゴリー別アーカイブ: Beauty

ブロッコリースプラウトのスルフォラファンで胃がんの原因のピロリ菌対策

Starter garden

by Laura Rush(画像:Creative Commons)

病気・症状 > 胃の病気 > 胃がん > ブロッコリースプラウトのスルフォラファンで胃がんの原因のピロリ菌対策




2015年10月6日放送の林修の今でしょ!講座のテーマは「体の悩みを解消する最強の秋野菜ベスト6」でした。

第1位 ブロッコリースプラウト(抗酸化力)

抗酸化作用とは、活性酸素から体を守る(活性酸素を抑える)作用のことを言います。

ブロッコリースプラウトとは、水耕栽培されたブロッコリーの新芽。

ブロッコリースプラウトには「スルフォラファン」という抗酸化力の高い成分が含まれており、スルフォラファンの抗酸化力は3日間も持続するそうです。

また、スルフォラファンは胃がんの原因となるピロリ菌を減少してくれるそうです。

ピロリ菌対策の食生活|共同通信

筑波大学消化器内科の谷中昭典講師はピロリ菌感染者50人を「ブロッコリーの新芽を食べる群」と「モヤシを食べる群」の2群に分けてそれぞれ毎日70gずつ、2ヶ月食べさせました。ブロッコリーの新芽を食べた群では摂取後、ピロリ菌の活性が約30~60%減少。

シミの原因となるメラニン色素チロシナーゼという酵素を作る物質を抑えてくれるそうです。

ブロッコリースプラウトのオススメの食べ方は、1.生で食べる、2.よく噛んで食べる。

1.生で食べる

加熱すると抗酸化力が低下する

2.よく噛んで食べる

ミロシナーゼという酵素と合わさることで、抗酸化力が高まる

→ 胃がん|胃がんの症状・原因・手術・食事 について詳しくはこちら







【胃がん関連記事】

【ブロッコリー関連記事】

【林修の今でしょ講座】体の悩みを解消する秋野菜ベスト6|10月6日

胃腸の病気

胃が痛い・胃の痛み|胃腸の病気の症状・原因・対処法・予防

胃痛(胃が痛い)|胃の痛みから考えられる病気とその原因・特徴的な症状

胃潰瘍の症状(痛み)・原因・予防・食事

胃炎(急性胃炎・慢性胃炎)の症状・原因・食事

胃がん|胃がんの症状・原因・手術・食事

急性胃腸炎(感染性胃腸炎)の症状・原因・対策

逆流性食道炎の症状・原因・治し方・食事

過敏性腸症候群(IBS)の症状・原因・チェック

大腸がんとは|大腸がんの症状・初期症状・原因・予防

5月は紫外線が多い!?曇りの日も紫外線対策グッズでUV対策をしましょう!

People on Alexanderplatz Ⅱ

by Sascha Kohlmann(画像:Creative Commons)




【目次】

5月は紫外線量が多いと聞いたことがありますが、実際はどうなのでしょうか?

■「5月は紫外線量が多い」は本当?

5月は紫外線量が多いって本当?春のUV対策

(2015/4/28、福井新聞)

一年の中で最も紫外線量が多いのは7月です。その次に多いのが5月と8月なので、この時季は紫外線量の多いシーズンと言えるでしょう。

皮膚科医の吉田貴子院長の解説によれば、1年の中で紫外線量が多いのが7月なのだそうです。

しかし、記事をよく読むと、春と夏では紫外線の皮膚に及ぼす影響が違うそうです。

紫外線には、日焼けを起こすUVB(紫外線B波)と、肌の奥深くまで到達し肌老化の原因になるUVA(紫外線A波)があります。UVBは夏に多く降り注ぎ、短期的に皮膚表面にやけどを起こすもの。見た目にも黒くなるので『日焼けしたな』と自覚できます。一方、一年を通して降り注いでいるUVAは、中長期的な影響を及ぼす紫外線。具体的には、皮膚の深いところまで到達し、シミやシワ、たるみの原因になります。

夏には日焼けを起こすUVBが降り注ぎ、見た目にも日焼けしたことがわかりますが、一年中降り注ぐUVAは見た目には日焼けしないので油断してしまいがち。

つまり、紫外線が多くなっているにもかかわらず油断しがちな5月こそしっかりと紫外線(UVA)対策をして肌老化を予防する事が重要ということですね。

■曇りの日も紫外線には注意!

金沢医科大学佐々木洋教授(眼科学)によれば、うす曇りの日でも紫外線は晴れの日の80%以上であることが多いそうです。

そのため、くもりの日もしっかりとUV対策を行ないましょう!

【関連記事】

■紫外線対策グッズを選ぶポイント

酸化|紫外線(SPF・PA)・活性酸素によれば、紫外線B(UVB)防止効果の目安となるのが、SPFで、紫外線A(UVA)防止効果の目安となるのが、PA。

5月はPAの数値が高いグッズ(日焼け止めクリーム・スプレー、日傘、帽子、サングラス)を選びましょう。

サングラスを選ぶ際には、薄い色のサングラスがよいです。

  • 濃い色のサングラスの場合、瞳孔が開き、紫外線を受けやすい。
  • 薄い色のサングラスの場合、瞳孔が開かず、紫外線が入って来ても、目の奥まで届きにくい。

また、サングラスの横から侵入する紫外線への対策として、フレームが大きく眼の横側までカバーできるタイプを選ぶことをオススメします。

■日焼け止めの選び方・塗り方

SPF値は数字が大きいほど、PA値は+の数が多いほど防止効果が高く、生活場面によって使い分けるといいそうです。

日本化粧品工業連合会の目安によると、散歩や買い物などではSPF20以下でPA+、炎天下でのレジャーやスポーツではSPF40~50でPA++~+++が適当なのだそうです。

日焼け止めを塗っているという人の中には、実は、日焼け止めの量が足りない人も多いそうです。

SPF値やPA値は、皮膚1平方センチ当たり2ミリグラムの薬剤を塗った場合の目安です。

【日焼け止めの塗り方】

  1. 手の平に1円玉大の日焼け止めをとります。
  2. 額、鼻、あご、両ほおの5カ所に分けて日焼け止めを置き、そこから周囲に伸ばします。
  3. 少し乾いたら、これをもう一度繰り返します。

日焼け止めを塗るタイミングも重要です。

日焼け止めが皮膚に浸透して馴染むまでには時間が必要なため、日焼け止めは、出かける30分前に塗りましょう。

また、使用方法に書かれた量よりも少なく塗る人も多く、それでは日焼け止めの目的を果たすことができません。

しっかりと使い方・使用量を読んで使うようにしましょう。

もう一つ、以前使った日焼け止めクリームを使う場合には注意が必要です。

使っちゃダメ!去年の日焼け止めが危険な理由|モデルプレス

日焼け止めに限らず、化粧品は開封して空気に触れた瞬間から酸化などの成分劣化が始まります。

日焼け止めを使わない間に酸化などの劣化が進み、酸化した成分が肌への刺激になってしまうことがあるそうです。

【関連記事】

■抗酸化作用の高い食品で活性酸素を排除しよう

 軽いやけどを起こしている夏の日焼けに対して、春の日焼けは、シミやシワ、たるみなどの肌老化が、時がたってから起こります。これは、UVAによって発生する活性酸素の影響が大きいと考えられているので、活性酸素を定期的に排除する必要があります。そのためには、緑黄色野菜やかんきつ類といった抗酸化作用の高い食品を多く摂ったり、サプリメントを飲んだりすることが有効。

また、保湿効果の高い美容液やフェイスマスクなどを使うのも効果的です。

シワシミたるみなどの肌老化はUVAによって発生する活性酸素を排除する必要があるので、抗酸化作用の高い食品やサプリメントを摂ると良いようです。

→ 抗酸化作用の高い食品 について詳しくはこちら







【紫外線と肌 関連記事】

P.S.

紫外線による肌の日焼けを気にしている人は多く、日焼け止めを塗ったり、日傘をさす人は増えていますが、紫外線による目への影響を気にしている人は少ないですよね。

オフィス街では、ビルや路面での反射によって、目はあらゆる角度から有害な紫外線を浴びている恐れのあるという結果も出ており、紫外線対策が必要になっています。

→ 紫外線と目の病気(翼状片・瞼裂斑) について詳しくはこちら

→ 白内障とは|白内障の症状・原因・治療・予防 について詳しくはこちら

→ 翼状片の症状・原因・予防 について詳しくはこちら

→ 瞼裂斑の症状・原因・予防・対策 について詳しくはこちら

【目の病気(翼状片・瞼裂斑)と紫外線ニュース】

紫外線対策をして目の病気(白内障・翼状片)を予防しましょう!

紫外線と目の病気(翼状片)|たけしの家庭の医学 7月20日

紫外線が原因の眼病「瞼裂斑」の有病率6割

目のケア:子どももサングラスを 紫外線カットし目の病気予防

紫外線、冬も危険 雪面反射で全方位から目に サングラス必携 金沢医科大調査

4月からの紫外線対策で肌と目をUVから守ろう!

Debra

by micadew(画像:Creative Commons)

> 病気・症状 > 目の病気 > 紫外線と目の病気 > 肌と目を紫外線から守るには4月からのUV対策が大事!




【目次】

■紫外線を注意すべきは4月から

【紫外線】日焼けから身を守る 白内障の原因、免疫低下も/日焼け止めは十分な量をで紹介した化粧品メーカー「資生堂」の元学術室長で、日焼けについて研究している長沼雅子・武蔵野大看護学部非常勤講師によれば、紫外線が強いのは、春分から秋分にかけての期間で、注意すべきなのは、真夏の暑い日より、気候がよく屋外で遊ぶ機会の多い4~5月と梅雨の晴れ間なのだそうです。

■紫外線と日焼け

皮膚の細胞はメラニンという黒い色素をたくさん作り、紫外線から肌を守ろうとします。

このため、日焼けは最初は赤っぽくなり、その後に黒っぽくなります。

DNAに障害を受けた皮膚細胞は1週間ほどではがれ落ち、皮がむけます。

■日焼け止めによる紫外線対策

紫外線対策には、紫外線を吸収したり散乱させる日焼け止めが効果的です。

日焼け止めには、波長の異なる2種類の紫外線によって、SPF値とPA値の二つの防止効果指標があります。

SPF値は数字が大きいほど、PA値は+の数が多いほど防止効果が高く、生活場面によって使い分けましょう。

●日焼け止めの目安(日本化粧品工業連合会)

  • 散歩や買い物などではSPF20以下でPA+
  • 炎天下でのレジャーやスポーツではSPF40~50でPA++~+++

●日焼け止めの塗り方のポイント

日焼け止めを塗っている人は多くても、塗り方を間違えていたり、量が足りない人がいます。

SPF値やPA値は、皮膚1平方センチ当たり2ミリグラムの薬剤を塗った場合の目安となっています。

  1. 手のひらに1円玉大の日焼け止めをとる
  2. 額、鼻、あご、両ほおの5カ所に分けて日焼け止めを置き、そこから周囲に伸ばす
  3. 少し乾いたら、これをもう一度繰り返す

→ 活性酸素や紫外線(UVA・UVB)の種類、紫外線防止効果(SPF・PA)の目安、正しい日焼け止めのやり方 について詳しくはこちら

■紫外線と目の病気

紫外線による肌の日焼けを気にしている人は多く、日焼け止めを塗ったり、日傘をさす人は増えていますが、紫外線による目への影響を気にしている人は少ないですよね。

オフィス街では、ビルや路面での反射によって、目はあらゆる角度から有害な紫外線を浴びている恐れのあるという結果も出ており、紫外線対策が必要になっています。

→ 紫外線と目の病気 について詳しくはこちら

翼状片

翼状片は、白目の組織の細胞が異常に増殖して黒目に食い込んでしまって起こる目の病気です。

→ 翼状片の症状・原因・予防 について詳しくはこちら

白内障

白内障は水晶体のたんぱく質が変性し、次第ににごってくる目の病気です。

→ 白内障とは|白内障の症状・原因・治療・予防 について詳しくはこちら

瞼裂斑

たんぱく質が変性し、白目の一部が変色・盛り上がる目の病気です。

→ 瞼裂斑の症状・原因・予防・対策 について詳しくはこちら

■目を守る紫外線対策

●サングラスやUV(紫外線)カットのコンタクトレンズ

仕事をしていてサングラスは不適切と考えている人もいるかもしれません。

しかし、オフィス街ではビルや路面の反射で、方向や時間帯に関係なく紫外線を浴びているようです。

自分の目を紫外線による目の病気から守るためにも、ぜひサングラスを利用しましょう。

サングラスは薄い色のサングラスがよい。

濃い色のサングラスの場合、瞳孔が開き、紫外線を受けやすい。

薄い色のサングラスの場合、瞳孔が開かず、紫外線が入って来ても、目の奥まで届きにくい。

また、サングラスは大きい方が効果的です。

●つばのある帽子も紫外線対策によい

●ビタミンCを摂る

厚生労働省によると、ビタミンCを多く摂ると白内障が40%減少したという結果が出ているそうです。

ルテインを摂る

紫外線を浴びると目の中に活性酸素が発生しますが、活性酸素を取り除くには、抗酸化作用の高いルテインを多く含む食品がオススメです。

→ ルテインの健康効果 についてはこちら

■まとめ

紫外線から肌・目を守るためにも4月からしっかりと対策を行ないましょう。







目の病気

緑内障とは|緑内障の症状・原因・眼圧・予防

飛蚊症とは|飛蚊症の原因・症状・治し方・見え方

加齢黄斑変性症とは|症状・原因・治療・サプリメント

白内障とは|白内障の症状・原因・治療・予防

ドライアイとは|ドライアイ(目が乾く)の症状・原因・治療

眼精疲労の症状(頭痛)・原因・マッサージ・ツボ

老眼とは|老眼の症状(初期症状)・予防・改善

スマホ老眼の症状・原因・予防

糖尿病網膜症の症状・治療・分類・予防

VDT症候群とは|VDT症候群の症状・原因・対策

網膜剥離とは|網膜剥離の症状・原因・見え方

近視とは|強度近視・仮性近視

結膜弛緩症とは|結膜弛緩症の症状・原因・治療

斜視(隠れ斜視)

眼瞼下垂(まぶたのたるみ)の症状・原因

まぶたの痙攣の治し方|まぶたがピクピクする原因

翼状片の症状・原因・予防

瞼裂斑の症状・原因・予防・対策

紫外線対策と目の病気(翼状片・瞼裂斑・白内障)

コンタクトレンズと目の病気・正しい使用法・ケア

目の症状

目の充血の原因・治し方|目が赤いのは目の病気のサイン?

目の疲れを取る方法(ツボ・マッサージ)|目が疲れる原因

目の痙攣の治し方・止め方|目がピクピクする原因

目の下のクマを取る方法 原因と解消方法

目がかゆい|目のかゆみの原因・対策・対処法

目が痛い|目の痛みの原因となる目の病気と解消法

目のかすみの症状・原因・対策|目がかすむ

肩こり頭痛解消法|めまい・吐き気の原因は眼精疲労?

目やにの原因となる目の病気|どんな色の目ヤニが出ている?

光がまぶしい・目がまぶしい

目がゴロゴロする|目の異物感の原因はゴミそれとも病気?

澄んだ白目に!目の充血予防に摂りたいビタミンとは!?

Mirror

by Milán Auman(画像:Creative Commons)

病気・症状 > 目の病気 > 目の充血 > 澄んだ白目に!目の充血予防に摂りたいビタミンとは!?




【目次】

■充血は澄んだ目の大敵!

女性の92%が「疲れ目」により見た目の印象が変わると回答によれば、女性の92%が「疲れ目」により見た目の印象が変わると答えており、また67%の人が自身の疲れ目の表情にがっかりしたことがあるそうです。

女性の仕事後の見た目年齢は5歳増しの原因は目のクマ?によれば、女性の顔で疲れを感じるポイントとしては、以下のポイントを挙げています。

女性の顔で疲労感を感じるところについては(複数回答)、「目の下のクマ」55.9%、「荒れた・乾燥した肌」44.1%、「はれぼったいまぶた」26.5%、「充血した目」25.5%、「荒れたくちびる」17.6%などが多かった。

こちらの回答によれば、「目の下のくま」や「目の充血」など目に対する印象が大きいようです。

そこで、今回は、澄んだ目を保つために必要な栄養(ビタミン)について取り上げたいと思います。

■充血予防に摂りたいビタミン2つ

肌が綺麗なだけじゃダメ!第一印象のカギ「澄んだ白目」を保つビタミンとは?

(2013/10/13、Life & Beauty Report)

(1)ビタミンB1

ビタミンB1は、筋肉の疲れをやわらげる働きがあり、目の疲れの解消にも役立ちます。また、視神経の働きを強化する働きがあり、目の健康のために欠かせないビタミンです。

ビタミンB1には、目の疲れの解消に役立ってくれるそうです。

ビタミンA・カルシウム・ビタミンB1 日本人に足りていない栄養素ベスト3(佐藤秀美)|#世界一受けたい授業で紹介した佐藤秀美(日本獣医生命科学大学客員教授)さんによれば、日本人に足りていない栄養素第3位がビタミンB1で、ビタミンB1が不足すると疲れやすくなるそうです。

(2)ビタミンB2

ビタミンB2には、身体全体の血管、特に皮膚の毛細血管を丈夫にする働きがあります。不足すると毛細血管が膨らみ、外部からの刺激を受けやすくなってしまい、目の充血の一因となります。

ビタミンB2は毛細血管を丈夫にする働きがあるそうです。

目の下の「クマ」を改善する方法

(2015/11/7、美LAB.)

ビタミンB2・B12:細胞の再生を促進し、粘膜を保護する作用があり、眼の充血を防いで目の疲れを回復。ビタミンB12が不足すると、角膜が炎症を起こしやすくなり、眼の充血を引き起こす。

豚肉・ウナギ・豆腐・さば・さんま・のり・納豆・レバーなど

ビタミンB2・B12は目の充血を防いで目の疲れを回復してくれるそうです。

■ビタミンB群を含む食べ物とは?

ビタミンB群の多い食べ物は、レバー・卵・豚肉・納豆・海苔などです。

ビタミンB1の食べ物はどれで、ビタミンB2の食品はどれという基準で食品を選ぶのは大変ですので、ビタミンB群を多く含む食べ物をこまめに摂るようにするというようにするとよいのではないでしょうか。

 

※ただ、目の充血は目の病気を知らせているサインでもありますので、気になる方はぜひ眼科で診てもらってください。

 

→ 目の充血の原因・治し方|目が赤いのは目の病気のサイン? について詳しくはこちら

 

→カシス・ルテイン・ブルーベリーサプリ選びに悩むあなたに
→カシス・ルテイン・ブルーベリーサプリ通販専門店

カシスサプリ通販専門店

今なら最大20%引きのお得な初回購入者価格・まとめ買いセール特価で購入できます!

→今ならサプリ無料お試しサンプルもあります。詳しくはこちら!




→ なぜ白目が赤く充血するのか?眼が充血する理由とは? について詳しくはこちら




【充血 関連記事】

サーフィンでの ビキニ姿がまぶしい!インスタでも人気の深キョンのスタイルキープ法・スキンケア法とは?

kyoko_fukada_surfing

参考画像:Pinterestスクリーンショット

> 肌知識 > スキンケア > サーフィンでの ビキニ姿がまぶしい!インスタでも人気の深キョンのスタイルキープ法・スキンケア法とは?




■スタイルキープ法は?

深田恭子に急接近! スレンダーボディと色気のヒミツ

(2016/7/31、MAQUIA ONLINE)

昨年から時々やっています。ドラマの撮影中は、おなかいっぱい食べると集中力がなくなったり、集中すると食事のことに気が回らなくなることもあってクレンズするのが私にはあってるみたい。

ジュースクレンズとは、短期間、食事の代わりに生ジュースを摂ることでダイエットをするという方法(置き換えダイエッt)です。

【関連記事】

■何か特別なエクササイズはしてる?

私、水の中はまったく苦じゃないんですけど、地上が苦手なんです(笑)。ジムでも鉄の塊を使うトレーニングとか意味がわからない(泣)。ウォーキングとか楽しんでできることを続けています。

深田恭子さんがFRAUで31歳の磨きがかかったボディーを披露(2014/2/7)や深田恭子さん、セクシー&アクティブな魅力満載の写真集『THIS IS ME』『AKUA』を2冊同時発売では水泳やサーフィンなどアクティブな一面を見せていた深田恭子さんですが、地上で行なうトレーニングは苦手なのだそうです。

そこで、楽しんでできるウォーキングを続けているそうです。

深キョンのすっぴんビキニ姿、公開♡ サーフィン中の貴重写真も!

(2016/7/31、MAQUIA ONLINE)

肩甲骨のあたりにちょうどいい筋肉がついて、理想的な体型になれるのも女性にとってはうれしいおまけ。

サーフィンを始めたことで理想的な体型に近づけているのかもしれません。

■スキンケアのこだわりは?

スキンケア、大好き。肌の調子が良くないと気分も落ち込んでしまうから。メイクしていないときも保湿クリームを持ち歩いて一日に何度も保湿するのが習慣。

肌年齢マイナス10歳!憧れの綾瀬はるかさんのような美肌になるスキンケア方法・食事方法とは?によれば、綾瀬はるかさんも保湿を重視しているそうで、保湿の方法もいつも同じようにするのではなく、その日の肌の調子を見ながら、化粧水を塗るそうです。

■ボディケアはどうしてる?

お風呂で軽く体をマッサージするくらいかなぁ。もともと入浴時間が短いうえにサーフィンを始めてからさらに早くなりました。そういうところは効率主義。

ボディケアはお風呂で軽くマッサージするくらいなのだそうです。

東京の女性はボディの肌に自信がない? 世界4都市で異なるボディケア意識で紹介したジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 コンシューマー カンパニーが、世界4都市(東京、ニューヨーク、パリ、ソウル)の20代-30代の女性計400名に「ボディケア実態調査」によれば、他の都市に比べて東京の女性は自分のボディの肌に自信があると答えている人は少ないようです。

また、パリとニューヨークではボディへの意識が高いのに対し、東京とソウルではボディよりも圧倒的にフェイスケアを重視する傾向にあることがわかりました。

ボディ用保湿剤(ローション、クリーム、オイル)を「1年中ずっと使用している」と答えた女性がニューヨークでは8割以上いて、パリとソウルでも半数以上が通年使用しているのに対し、東京では3割強と東京の女性は通年でボディケアをしている女性が最も少ない。

つまり、東京の女性の多くが自分のボディ肌に自信がないと感じながらも、ボディケア意識が低い傾向にあります。

【関連記事】

■理想の体型

This is 深田恭子 小悪魔キュートな色っぽボディ

(2016/7/23、MAQUIA ONLINE)

理想の体型は、すごく細くて筋肉質な人。その体型を維持できて、毎日ストイックに10km走ったりきちんと自己管理ができる人に憧れます。自信があるパーツ?……ないんです本当に。コンプレックスだらけです。えっ? どこかなんて言いませんよ!だって、言ったらみんな注目しちゃうでしょ?

深田恭子さんもコンプレックスだらけなのだそうです。

【関連記事】

■まとめ

深田恭子さんは美容よりも健康を大事にしているそうです。

むくみや自分の体の変化に気づいたら、前日の水分量や食べたものから推測して「昨日は水分を多く摂りすぎたからかな」とか理由を考えるのがすごく好きなんです。

自分の体の変化にいち早く気づくことが一番の健康法であり、美容法なのかもしれません。







【関連記事】