TikTokのライブ配信・マネタイズ手段の導入によって、短尺動画業界、ライブ配信業界、YouTubeの勢力図が変わっていく

【2021年予測】TikTokを活用した従業員アンバサダーで成功する企業が増える?





■アンバサダー・マーケティング

TikTokのライブ配信・マネタイズ手段の導入によって、短尺動画業界、ライブ配信業界、YouTubeの勢力図が変わっていく
TikTokのライブ配信・マネタイズ手段の導入によって、短尺動画業界、ライブ配信業界、YouTubeの勢力図が変わっていく
@grandma_cooking_recipes

##白菜と豚バラのトマトミルフィーユ鍋 ##ばあちゃんの料理教室 ##tiktok教室 ##tiktokグルメ

♬ オリジナル楽曲 – ばあちゃんの料理教室🍳💗

そのブランドを本気で使っている人にアンバサダーになってもらうこと、そして一緒に製品やサービスを作り上げる仲間になってもらうことがこれからブランドを作り上げるヒントになるんじゃないでしょうか?

■TikTokスターの活用

そして、2021年のポイントとなるのは「アンバサダー・マーケティング」×「TikTok」の活用。

多くの人がTikTokに時間を使っているということは、TikTok内にいなければブランドは知られる機会がなくなってしまう恐れがあるということ。

従業員をアンバサダーとして雇い入れ、情報発信をしてもらい、TikTokスターになれば、会いに行けるインフルエンサーとなって、そのお店が地域の圧倒的一番店になるのではないでしょうか?

【追記(2021/2/14)】

■まとめ

大事なことは「エンタメ」の掛け算。

今ある既存の仕事に「エンタメ」の要素を掛け算することによって、全く違ったビジネスに生まれ変わります。

多くの人はそんなことないという人がいるかもしれません。

○○系YouTuberや△△系インスタグラマ―、●●系TikTokerが出てくるように、エンタメの要素をかけ合わせることで新しい職業が生まれてくるのです。

あなたの仕事にどんなエンタメ要素が掛け算できるか考えてみませんか?

→ TikTokのライブ配信・マネタイズ手段の導入によって、短尺動画業界、ライブ配信業界、YouTubeの勢力図が変わっていく







P.S.

■「回答」から「回遊」へ

TikTok For Business Japanの廣谷亮(Brand Strategy Director)さんによれば、

欲しい回答を求めてインターネットを検索する時代は終わり、検索するのさえも面倒くさがる人たちが回遊しながら情報を得る場が求められている

そうです。

■多種多様なコンテンツを高速で取捨選択していく

TikTokは「大量のコンテンツを回遊して楽しむTikTokの体験はテレビをザッピングしながら見るのに近い」とあります。

「Z世代白書」|Z世代の特徴は完璧なモノではなくネガティブな面など「不完全性」のあるものを信用するによれば、Z世代はつまみ食いを楽しむ 「かじる」特徴を持つとありました。

例えば、料理の動画を見て(TikTokでかじって)、自分も料理するなど興味の幅を広げていく感じですね。

広告もコンテンツのうち

廣谷さんによれば、TikTokでは、

回遊しているユーザーに興味を持たせることができればそのまま購買に至る可能性が高いことが調査して分かった

 「興味からいきなり購買へと駆り立てられる『興味突破』の購買行動が起きている」というのだ、