ココアを飲むと2型糖尿病患者の善玉コレステロールが増加した!?


健康・美容チェック > コレステロール > HDLコレステロール(善玉コレステロール) > ココアを飲むと2型糖尿病患者の善玉コレステロールが増加した!?




■ココアを飲むと2型糖尿病患者の善玉コレステロールが増加した!?

Smoothly

by Thomas McNab(画像:Creative Commons)

ココアのフラボノイドが2型糖尿病患者の善玉コレステロールを増加させた

(2015/10/7、メドレー)

食後6時間の測定の中で、特に1時間後と4時間後のHDLコレステロールはココア飲料を摂取したグループで高くなっていました(HDLコレステロールは、いわゆる「善玉コレステロール」)。

2型糖尿病肥満がある成人18人を対象に行なった研究によれば、HDLコレステロールはココア飲料を摂取したグループで高くなっていたそうです。

対象人数が少ないので、はっきりとココアに含まれる成分が善玉コレステロールを増加させると言い切るには難しいかもしれません。

ただ、チョコレートの健康効果が研究で証明|血圧を下げる効果やHDLコレステロール増加による動脈硬化予防によれば、HDLコレステロール(善玉コレステロール)がチョコレートの摂取によって増加するそうですので、ポリフェノールと善玉コレステロールには何らかの関係があると考えられるのではないでしょうか。

→ HDLコレステロール(善玉コレステロール)を増やす方法 について詳しくはこちら

→ 抗酸化作用のある食品 について詳しくはこちら







【コレステロール関連記事】

【ココア関連記事】

【関連ワード】