白衣高血圧(白衣現象)とは|病院で緊張して血圧が上がる


病気・症状 > 高血圧 > 白衣高血圧(白衣現象)とは|病院で緊張して血圧が上がる

【目次】




■白衣高血圧とは

EMT/Nursing Pediatric Emergency Simulation - April 2013 34

by COD Newsroom(画像:Creative Commons)

「家で測ると正常なのに、病院で血圧を測定すると、血圧が高い」という人いませんか?

これを「白衣高血圧(診察室でのストレスによる血圧上昇を白衣現象と呼ぶ)」といいます。

白衣高血圧とは、通常は血圧が正常なのに、病院で血圧を測定すると血圧の値が高くなってしまうことです。




■なぜ病院で血圧を測定すると値が高くなってしまうのか?

なぜ、病院で血圧を測定すると、値が高くなってしまうのでしょうか?

それは、病院(病院の雰囲気が苦手)、医師・看護士の白衣を見ることによって、緊張してしまい、血圧が上がるからなのだそうです。

高血圧治療ガイドライン2014 電子版 – 日本高血圧学会(PDF)

白衣高血圧は診察室血圧で140/90mmHg以上の高血圧と診断された患者の15%-30%がこれに相当し,その頻度は高齢者で増加する

白衣高血圧は、診察室血圧で高血圧と診断された患者の15%~30%に当たるそうです。

白衣高血圧である場合には健康に問題はないと考えられますが、ただ、緊張・ストレスによって、血圧が上がりやすい性質があるため、将来的なリスクがある可能性もあります。

白衣高血圧で問題なのは、病院で高い値が出たことによって、本来ならば必要のない薬をもらうこと。

現在では、家庭血圧(病院ではなく家庭で血圧を測ること)のほうが正しい血圧の数値がわかるため、家庭血圧が重要だと考えられているようです。

→ 高血圧とは|高血圧の症状・食事・予防・原因・対策 について詳しくはこちら

→ 血圧を下げる方法(食べ物・サプリメント・運動) について詳しくはこちら







【高血圧関連記事】