脈拍の簡単な測り方|脈はどの位置でどのようにして測ればいいの?


Baby, I got your number...

by Emergency Brake(画像:Creative Commons)

> 病気・症状 > 脈拍 > 脈拍の簡単な測り方|脈はどの位置でどのようにして測ればいいの?




■脈拍の簡単な測り方|脈はどこでとればいいの?

脈の打ち方で病気がわかる? 自分で測って体調管理

(2015/3/26、日本経済新聞プラスワン)

「人さし指と中指、薬指の3本の指で、少し強めに押すと脈が触れやすい」と話すのは、東邦大学医療センター大橋病院循環器内科教授の杉薫さんだ。

手首の橈(とう)骨動脈は、手のひら側の人さし指から引いた線が手首と交差したあたりにある。人によって多少位置が違うので、指をずらして探し当てる。「初めは1分間測って回数やリズムを確かめる。慣れたらもっと短くしてもいい」(杉さん)。手首が難しい人は、首の頸(けい)動脈で測ることもできる。

■脈拍の測り方

pulse

  1. 人差し指・中指・薬指の三本の指をそろえて、もう片方の手首の手の平側にある橈骨動脈(とうこつどうみゃく:手の平側の人差し指の延長線上にある)にあてる。
    少し強めに当てると脈を感じやすい。
    人によって血管の位置が違うので、脈が触れる場所を探すようにしてください。
  2. 一分間計測して、脈拍数やリズムを確かめる
    ※慣れてくると時間は短くても良いそうです。
    例えば10秒で10回脈が振れれば、一分間は60秒なので6倍すると、60回ということになりますよね。

脈拍の正常値の範囲|脈拍の状態を知ることで健康管理をしよう!によれば、脈拍は1分間に50(60)から100回程度ですが、運動したり、緊張したりすると速くなり、就寝時やリラックスしているときは遅くなります。

病気などがあると、脈拍の早さやリズムが乱れるので、普段の自分の脈の状態を知ることが病気の予防につながると考えられます。

→ 脈拍とは|脈拍数(心拍数)の正常値・脈の変化でわかる病気 について詳しくはこちら




→ 不整脈とは|不整脈の症状・原因・判断する基準の脈拍 について詳しくはこちら




【脈拍 関連記事】