#川村ひかる さんは31歳のころ #若年性更年期障害 を発症していた!【若年性更年期障害の芸能人・有名人】


> 病気・症状 > 更年期障害 > 若年性更年期障害 > 川村ひかるさんは31歳のころ若年性更年期障害を発症していた

2016年2月22日放送「私の何がイケないの?SP」で川村ひかるさん(グラビアアイドルKさん)が31歳のころ若年性更年期障害を発症していたことを告白しました。




■若年性更年期障害とは

更年期障害とは、ホルモンバランスの乱れが原因の身体的・精神的不調であり、自律神経失調症の一つです。

通常は、女性の場合、主に「閉経」という大きな変化が起きる40代後半に見られることが多いようです。

しかし、近年、20代や30代ぐらいの更年期にはまだ早い年齢であるにもかかわらず、更年期症状があらわれる「若年性更年期障害」が増えてきています。

→ 若年性更年期障害について詳しくはこちら

川村ひかるさんの若年性更年期障害の症状は、めまいや頭痛、吐き気、髪が抜けるなどの症状があったそうです。

■川村ひかるさんが若年性更年期障害を発症した原因

All the way down

by Katie Tegtmeyer(画像:Creative Commons)

川村ひかるさんが若年性更年期障害を発症した原因と考えられるのは2つ。

1.子宮内膜症の治療で5年間ピルを飲んでいたが、改善の兆しが見られ、また将来の妊娠を希望して、ピルを飲むのをやめたところ、ホルモンバランスが乱れるようになったこと

2.新しい仕事やビジネスパートナーからのプレッシャーによるストレス

こうした2つの理由から若年性更年期障害を発症したと考えられます。

若年性更年期障害の治療にあたっては、薬による治療が怖かったため、自分に合う漢方薬や鍼治療を行ない、改善したそうです。

【関連記事】




■若年性更年期障害の治療にサプリメント(エクオール)治療

最近では、若年性更年期障害の治療にあたり、サプリメント治療を勧める医師もいるそうです。

そのサプリメントは、「エクオールサプリ」。

大豆イソフラボンは、更年期障害の原因といわれる「エストロゲン」と構造が似ているため、体内に入ると、エストロゲンと同じような働きをするといわれています。

ただ、最近の研究によれば、大豆イソフラボンの健康効果の恩恵を受けやすい人とそうでない人がいることが明らかになったそうです。

その違いは、エクオールを作り出すためのエクオール産生菌という腸内細菌を持っているかどうかです。

腸内細菌によって大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分をエクオールに変えることで、ダイゼインのままと比べ、よりエストロゲンに似た働きをすると言われています。



【関連記事】

→ 若年性更年期障害について詳しくはこちら

→ 更年期障害の症状・原因・チェック|40代・50代の更年期の症状 について詳しくはこちら







【更年期障害 関連記事】

【関連記事】