#亀田興毅 が教える!ボクサー流ダイエット|ボクサーと一般の人の減量方法の違いとは





> 健康・美容チェック > ダイエット > 亀田興毅が教える!ボクサー流ダイエット|ボクサーと一般の人の減量方法の違いとは

■亀田興毅が教える!ボクサー流ダイエット|ボクサーと一般の人の減量方法の違いとは

One on One

by ElMarto(画像:Creative Commons)

亀田興毅が教える!「誰でもできるボクサー流ダイエット」

(2009/9/4、はてなブックマークニュース)

プロボクサーの亀田興毅さんが自身のブログで紹介しているダイエット法が「わかりやすい」と評判になっています。

その話題のブログを見てみました。

減量・ダイエット|亀田興毅オフィシャルブログ「今」Powered by Ameba

ブログについて書かれている減量・ダイエットについてまとめてみました。

【ボクサーの減量方法と一般の人の減量方法】

●ボクサーの減量と一般の人の減量は方法が違う。

●ボクサーの減量方法には2通りある。

  1. 脂肪がある選手は、低カロリー、高たんぱくの食事をしてゆっくり脂肪を落としていく減量法。
    これは、一般の人も参考になる方法で、リバウンドしにくいカラダになる。
  2. 脂肪がなく、体重を落とすところがない選手は、水分を落とす減量法。

 

【ダイエットに関する知識】

●1キロの脂肪を落とすには、約7200キロカロリーの消費が必要。

運動で1キロの脂肪を落とす(7200キロカロリー消費する)には、かなりの運動量が必要になる。

例:1キロ走って、体重が50キロの人で約50キロカロリー消費。

●日常の生活でもカロリーは消費する。

例:入浴30分で約70キロカロリー消費

自転車20分で約55キロカロリーの消費

●このように聞くと、やはりダイエットは難しいと考えてしまいがちですが、人間には、寝ていても消費するエネルギー(カロリー)というものがあります。

それが、基礎代謝です。

スポーツ選手や筋肉がある人は1700で普通の何もしてない人で1300ぐらいあるそうです。

つまり、基礎代謝+運動で消費したカロリー=食事でとったカロリーとなれば、現状維持できるというわけです。

【ダイエットのための食事】

●そこで、ダイエットしたい人は、低カロリー・高タンパクの食事をする。

高たんぱくの食事をする理由は、筋肉をつけて、基礎代謝量を上げるため。

そうすれば、リバウンドしにくいカラダになります。

高たんぱくの食事の例:はんぺん、鶏のささみ、マグロの赤身、大豆など

●そして、高たんぱくの食事に加えて、低カロリーでなおかつ栄養が豊富な野菜(サラダ)を食べるとよい。

●1日の摂取カロリーを控えすぎるのには、注意が必要。

1日1500キロカロリーは摂取すること。

●そして、栄養バランスに注意する。

●水分をきちんととることにも注意。

水分抜きの場合は、すぐにリバウンドしてしまう。=ボクサーの減量

●ダイエットの期間を決める。

■まとめ

ボクサーの減量と一般の人のダイエットとは違うので、注意しましょう!







ダイエットの情報はこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

簡単ダイエット|ダイエット方法ランキング・ダイエット食品・運動

【関連記事】

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください