お酒に強い遺伝子を持つ人は、そうでない人よりも約2.3倍痛風のリスクが高い!?|防衛医大


病気・症状 > 痛風 > お酒に強い遺伝子を持つ人は、そうでない人よりも約2.3倍痛風のリスクが高い!?|防衛医大




■お酒の強い人は痛風に2.3倍なりやすい!?

20160516ndmc-ipb

参考画像:お酒に弱い遺伝子を持つ人は痛風リスクが低い(2016/5/11、防衛医科大学校)|スクリーンショット

お酒に弱い遺伝子を持つ人は痛風リスクが低い

(2016/5/11、防衛医科大学校)

ALDH2 はアルコールの代謝に重要な役割を果たす酵素であり、その機能は ALDH2 遺伝子上の rs671(Glu504Lys)という一塩基多型(SNP)の個人差によって決まることが知られています。ALDH2 の機能は、rs671 に Lys アレルを持たない(Glu/Glu)人に比べて、Lysアレルを 1 つ持つ(Glu/Lys)人は約 1/16、Lys アレルを 2 つ持つ(Lys/Lys)人はほぼゼロになります。このため、Lys アレルを持つ(Glu/Lys または Lys/Lys)人はアルコールの代謝が遅くなり、お酒に弱くなります。今回の研究では、遺伝的にお酒に弱い Lys アレルを持つ人の方が、遺伝的にお酒に強い Lys アレルを持たない人よりも、痛風を発症しにくいことがわかりました。

防衛医科大学校の松尾洋孝講師、崎山真幸医官らの研究グループは、2 型アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)遺伝子が痛風の発症に関わっていることを発見しました。

酒強い人、痛風の危険2・3倍 防衛医大が遺伝子解析

(2016/5/16、共同通信)

チームは、体内でアルコールを分解する酵素ALDH2に着目。この酵素を作る遺伝子に変異があると分解酵素がうまく働かず酒に弱いとされる。日本人男性の痛風患者1048人と痛風ではない1334人で、遺伝子変異の有無を調べた結果、遺伝子に変異がない人は、変異がある人より痛風を2・27倍発症しやすいことが分かった。

防衛医大などのチームによれば、お酒に強い遺伝子(=体内でアルコールを分解する酵素ALDH2を作る遺伝子)を持つ人は、そうでない人よりも約2.3倍痛風のリスクが高いということがわかったそうです。

つまり、お酒に強い遺伝子を持つ人は痛風リスクが高く、お酒に弱い遺伝子を持つ人(Lysアレルの数が多いほどお酒に弱い)は痛風を発症しにくいということです。

お酒に強い遺伝子を持つことでなぜ痛風のリスクが高くなるのか、そのメカニズムについては書かれていませんでしたが、お酒に強い人はそれだけ飲酒量が多くなってしまい、そのため痛風になりやすいのかもしれません。

【追記(2017/6/29)】

お酒の強さに関わる 2 つの遺伝子 ADH1B と ALDH2 はどちらも独立した痛風リスクである

(2017/5/31、防衛医科大学校)

このため上記の結果は,遺伝子そのものの影響ではなく,飲酒量と痛風の関連をみている可能性が考えられました(お酒に強い遺伝子型の人が,飲酒量が多くなり痛風になる)。

そこで,お酒を飲まない人のみでも解析をしてみましたところ,ADH1B 遺伝子は痛風と有意な関連を本研究では認めませんでしたが(さらに多数例での検証が必要),ALDH2 遺伝子は痛風と有意な関連を認めました。

お酒を飲まない人でも痛風の発症にALDH2遺伝子が関与している可能性が示唆されることから、お酒に強い人はお酒を飲まなくても痛風になりやすいと考えられます。




痛風とは

痛風は、風が吹いても痛いということから由来が来ているそうですが、痛風の症状は、足の指が腫れ、針で刺したようにジンジンとした痛みが現れます。

尿酸は、プリン体が主に肝臓で分解されてできます。

この結晶を異物として排除しようと体が闘い始めるために、足の親指の付け根やかかと、くるぶしなど足の関節を中心に、激しい痛みの発作が起こります。

→ 痛風の症状・原因・発作・食事・予防 について詳しくはこちら

→ 足が痛い|足の指の痛みの原因・病気 について詳しくはこちら

■まとめ

Cheers

by Lars Plougmann(画像:Creative Commons)

お酒に強い人は、痛風になりやすいと考えて、尿酸値をチェックする、痛風の原因となる肥満には注意するなどの対策を行なっていきましょう。







【関連記事】