20歳以上のアメリカ人の肥満率は過去最高の30.4%|米CDC 2015年調査


NYC #23

by Thomas Leuthard(画像:Creative Commons)

> 病気・症状 > 肥満 > 20歳以上のアメリカ人の肥満率は過去最高の30.4%|米CDC 2015年調査

【目次】




■20歳以上の米国人の肥満率は過去最高の30.4%

米国人の肥満率、30%超えで過去最悪 CDC年次調査

(2016/5/26、CNN)

米疾病対策センター(CDC)がこのほどまとめた2015年の調査で、20歳以上の米国人の肥満率は過去最高の30.4%に増え、前年の29.9%からさらに悪化した。

CDCによれば、20歳以上の米国人の肥満率は過去最高の30.4%に増えたそうです。

【関連記事】

■肥満率はアフリカ系の層が最も高い

アメリカ人の肥満傾向は拡大によれば、最も肥満率が高かったのは南部ミシシッピ(Mississippi)州で成人の32%以上、10-17歳では驚くべきことに44%が肥満だったそうです。

米成人肥満率が28州で上昇、低所得層で高い割合=調査によれば、白人よりも黒人やラテン系に肥満の多い州が40州以上に上ることや、年収5万ドル以上の成人は肥満率が24%なのに対し、1万ドル以下は約35%となっていることも分かり、肥満が人種や収入と関連していることが考えられています。

【関連記事】




■40~59歳の肥満率が34.6%と最も高い

年齢別にみると、40~59歳の肥満率が34.6%と最も高く、20~39歳の層は26.5%、60歳以上では30.1%だった。

40~59歳の肥満率が34.6%と最も高かったそうです。

■糖尿病も増加

糖尿病は1997年の調査では5.1%のみだったが、2014年には9.1%となっていた。

アメリカの成人の半数が糖尿病または糖尿病予備軍で紹介された米国医師会雑誌(JAMA)に掲載された論文によると、2011~12年に、米国の成人人口の40%近くが糖尿病の前段階にある「予備軍」で、12~14%が糖尿病を患っていたそうです。

米国の子ども、超肥満が低年齢化によれば、黒人の10代女子とヒスパニック系の10代男子の12%が超肥満だったそうで、今後も糖尿病患者が増えていくことが予想されます。

→ 糖尿病の症状・初期症状 について詳しくはこちら

■まとめ

米国の医療費を圧迫する肥満問題、ライフスタイルを変える必要あり(2009年)で紹介した米疾病対策センター(Centers for Disease Control and Prevention、CDC)によれば、現在「太りすぎ」または「肥満」の国民は大人の3分の2、子どもでは約5人に1人にのぼっているそうで、肥満率の上昇は米国国民の医療費も圧迫しているそうです。

ただひとつだけ期待されるのは、アメリカの2〜5歳の子供の肥満率が低下しているということです。

2歳から5歳は両親が食事をコントロールできる年齢ですので、この時期にしっかりとした食習慣を作るというのは大事なことだと思います。

それが継続することができれば肥満率が低下するかもしれません。

→ 肥満の症状・原因 について詳しくはこちら

【関連記事】







P.S.

大腸がんが50歳未満の人々の間で増加傾向にある|米大規模調査によれば、50歳未満で大腸がんになる人の割合が増加傾向にあるだけでなく、若くして診断されたグループではステージ3やステージ4で診断される割合が高いことがわかったそうです。

糖尿病の人の大腸がんになるリスクは1.4倍、肝臓がんは1.97倍、すい臓がんは1.85倍も高いによれば、日本糖尿病学会と日本癌学会の合同委員会の報告では、糖尿病の人はそうでない人に比べて大腸がんになるリスクは1.4倍なのだそうです。

肥満率が高くなっていること、また糖尿病人口が増えていることが大腸がんの増加にも関係しているのではないでしょうか。

→ 大腸がんの症状・初期症状・原因 について詳しくはこちら