脂肪燃焼ホルモン「アディポネクチン」に運動同様の効果|東大が仕組みを解明


病気・症状 > 糖尿病 > アディポネクチン > 脂肪燃焼ホルモン「アディポネクチン」に運動同様の効果|東大が仕組みを解明




■脂肪燃焼ホルモン「アディポネクチン」に運動同様の効果

1

by Fit Approach(画像:Creative Commons)

脂肪燃焼ホルモン:運動同様の効果 東大チームが実証

(2010/4/1、毎日新聞)

脂肪燃焼や血糖値低下を促すホルモン「アディポネクチン」に、運動したときと同様の効果を体内で起こさせる機能があることが、東京大などのチームの研究で明らかになった。

1日の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

高齢や過度な肥満などで運動できない人向けの薬の開発につながる可能性がある。

東大などのチームの研究によれば、脂肪燃焼や血糖値低下を促すホルモン「アディポネクチン」には、運動しなくても運動と同様の効果を起こせる機能があるそうです。

研究チームの門脇孝・東京大教授(糖尿病学)は「糖尿病患者の細胞では、アディポネクチンが結びつくたんぱく質が減っている。このたんぱく質の働きは、運動時に体内で起きる遺伝子などの働き方と一致しており、新薬の開発が期待できる」と話す

高齢の方や運動できないほどの肥満の方の治療薬、そして新しい糖尿病治療薬として利用されるようになるかもしれません。

【追記(2016/12/7)】

アディポネクチンが筋肉内で運動と同様の効果をもたらす可能性を発見~アディポネクチンの 1 型受容体の活性化薬が、メタボリックシンドロームや糖尿病の治療薬となることが期待~

(2010/4/1、東京大学医学部附属病院)

筋肉に多く発現しているタイプであるアディポネクチンの 1 型受容体を欠損させたマウスでは、筋肉において PGC-1α及びミトコンドリアの量と機能が低下することによって代謝と運動持久力が低下し、運動不足によって肥満した状態と同様の状態となり、糖尿病やメタボリックシンドローム様の状態になることを見出しました。

そのメカニズムを詳しく検討した結果、われわれはアディポネクチンがその 1 型受容体を介して、(1)糖・脂質代謝改善に重要な AMP キナーゼと長寿遺伝子 SIRT1 を活性化し、(2)細胞内カルシウム濃度を上昇させることを発見しました。また、この 2つの経路により PGC-1α及びミトコンドリアの活性と量を両方改善させることを見出しました。

これらは運動によっても活性化される経路であるので、アディポネクチンの 1 型受容体の活性化薬が、運動模倣薬となることが示唆されました。

この結果から、アディポネクチン1型受容体を活性化する薬が、運動した時と同じような効果をもたらす薬となることが考えられます。

→ アディポネクチンとは・増やす方法 について詳しくはこちら

→ 「メタボリックシンドローム」を初めてTVで紹介した専門医が開発した長寿ホルモン「アディポネクチン」のサプリメント について詳しくはこちら







【参考記事】

糖尿病関連ワード

糖尿病の症状

糖尿病の診断基準(血糖値・HbA1c)

糖尿病を予防する方法

糖尿病の原因

糖尿病の合併症

糖尿病の食事

糖尿病の運動療法

血糖値(正常値・食後血糖値・空腹時血糖値)・血糖値を下げる食品